ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

日曜日、午前中の稽古に行ってきました
土曜日は家庭の都合で稽古に行けなかったので、日曜日に稽古です

7段の先生・・・お二人
5段の先生・・・お一人
3段の方・・・お一人
高校生・・・お一人

合計5本の稽古を頂戴しました
7段の先生方は攻め、技の切れ、思い切りのよさどれをとっても
素晴らしい剣道をされる先生方です
このお二人にお願いすると、自分の粗がよく理解できます
ともにかなり打たれる場面もありましたが
やはり、我慢しきれず打って出ると見事に引き出された格好になり
出端を打たれたり応じられたり、なんとも悔しい部分ではありますが
実力の差は如何ともしがたいところです
そんな中、手元を上げずに粘って攻め返しての面や
自分からの攻めで相手の出端を小手など何本かは自分の流れで打てており
以前のようにやられっぱなしにはならなくなってきました

5段の先生は大柄な方
なかなか面に届かない、リーチの差を如何に埋めるか・・・
こうなると攻めて攻めて苦しくなって出てくるところを打つしかないのですが
間を詰めすぎると、手だけでも打たれてしまうのでなかなか思うようには
打てません
小手、胴など技を散らしながら技の出を見えづらくして
出頭に乗るイメージで稽古しました
何本か面を取れたと思いますが、身長差20cmをうまく対応しないと
打たれますね・・・

3段の方
初めてお願いしました
技のスピードがあり、元気な剣道をされます
こういった方と稽古するとき、じっくり自分の流れに乗せられるよう
攻めつつも合わせて打つことはしばらくせずに、出方と竹刀の軌道、振りかぶりの癖を
見極めていきます
いくつか気づく点があり、逆襲開始
攻めていくとちょっと下がるようになって、そこから小手-面、面、出小手という形が一つのパターンに
なっているようでした
なので、下がるところを一気に打つ、出頭をさらに打つ
これをすることで、少しずつ相手の背中が狭くなるよう追い込み
さらに出頭を狙うという形ができてきました
苦しくなって出てくるところ面、さらに右手に力が入り始めてきたのわかったので
面と攻めて出小手とよい意味で厳しいところを打つことができました
自分より若い方、早い方を相手にする際、自分の型にはめ込む攻めを組み立てて
相手の背中側が狭くなり、自分の背中側が広い状況を作る
こうなると心に少しの余裕が出て、攻めの引き出しも出しやすくなる気がしました

高校生
時々、かかってくる高校生
ついつい、打ち気が強くなりすぎて攻めがおろそかになってしまうことが多い・・・
攻めを意識すると、手だけで攻めているような動きをしてから、打ち急ぐため
出端をこちらが拾いやすくなる・・・
手打ちになると腰が残るので、姿勢が前のめりになる・・・
かつての自分がそうであったように、彼も苦労しています
・臍から当たる意識を持たせること
・右手をニュートラルにすること
・竹刀で中心をとったつもりでも体で中心を取っていないといなされること
こういったポイントを教えつつ、徐々に臍が前を向いてくると
私より身長があるのでいい打ちが出せるようになってきました
早さはそれなりにあるので、形だけは打ったようにできるのですが
実際には本当に打てていない・・・
これに気づくには結構、苦しまなくてはならないかもしれません

kendo-ojisanもかなり何年も苦しみましたので・・・

頑張れ、若者よ!!
a0265838_10433185.jpg
次女の弟、2歳のミッキーも面をかぶるというので
かぶせてみたら、足しか出なくなりました・・・
a0265838_10460561.jpg

買い物で出かけた先で見かけた桜
まだ、満開ではなかったですが、まあまあ、きれいですね
子供の入学式までは花が咲いていてもらいたいです


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
# by kendo-ojisan | 2017-04-03 10:49 | 剣道の稽古 | Comments(0)

3月の稽古総括

2月後半から3月の稽古を総括してみたいと思います
昇段により、心に少し余裕ができたせいか、思い切りがよくなっているように
思います
稽古をしていても余計なことは極力考えず、打たれてよしとする稽古を
するように心がけています
これはある意味、当たり前なのですが、あまり変なよけ方をしなくなってます
打たれるべきときは素直に打たれたほうが、学びが多いように感じられるようになりました
打たれっぱなしは嫌なので、積極的に打つので打てる機会も増えた気がします
打たれて、打って、打たれて、打って・・・
実際に当たるかどうかは別で打ちきるような感じで打てると思ったところでは
極力前にでるようにしています

その結果、以前、なかなか打てなかった6段の先生や
最近伸びつつある4段の方に対しても、一本勝負となるまでは
打たれることも増えつつ
打つ、打って有効打突になる回数も増えてきているように思えます

勝負するときも変に力まずに我慢しながら
勝負所では躊躇なく打てているような感じです

先日もある方との稽古で4本連続で有効打突となって
お相手もまいりましたと言っておられました
出小手、相面、抜き銅、出小手
先をかけて、攻めが効くことが増えているのかもしれません

水曜日に稽古した7段の先生にも、「今日は攻めがきつかったな〜」っと言われました
攻めて打つ、攻め勝って打つ
理想に近づけるよう精進しながら、無理なく稽古を続けていくことにします
こうなると、試合に出るのも楽しみです

瞬間を楽しめるよう、頑張ろうと思います

a0265838_10261459.jpg
稽古用の面
二分手刺でクッションがよく、打たれてもいたくないです
子供との稽古でもよく打たせています

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
# by kendo-ojisan | 2017-03-31 10:29 | 雑記

昇段審査が終わり、まだ、手元に免状は来ておりませんが、五段の重みを感じながら
5年後の6段審査に向けて稽古は即日再開しておりました
仕事が非常に忙しくなりました関係で、ブログ更新が滞りましたこと
お詫びいたします

さて、2月下旬から一か月10回の稽古ができました
これはとにかく稽古の日、特に平日の仕事の計画をうまくこなして
効率よく進めることで早く帰宅できる努力をしました
せっかく、昇段したので気持ちを継続させるため、週に2回の稽古を
できるだけ行うようにしております

四段から五段に至る過程で、自分の間合いで崩して打つ
捨てきる稽古を中心にしてきました
しかし、試合などで勝てないこともあり、さらに攻めの充実が
必要と感じながらも、審査に対する準備もあって思うような稽古ができない
時期もありました

昇段後、まず取り組んでいるのが遠い間合いから攻め始めること

触刃で竹刀が交わるときににはすでに打てる気持ちでいることと
交刃からの攻め、圧力のかけ方を工夫して安易に一足一刀および自分の打ち間に
入りすぎないこと
そして、相手の動きをみつつ、自分の間合いになったら、捨てきって打つこと
打たれて勉強の気持ちは変わらないので一本勝負をするまでは
とにかく攻撃攻撃という感じの剣道をするように心がけています
a0265838_10183192.jpg
整列したカモメさんたちです
おそらく餌を投げてもらえるのを待っているのでしょう
みな真剣です

稽古の評価については次回の記事で!


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します
4年の忍耐後でしたので自分へのプレゼントも用意しちゃいましました

[PR]
# by kendo-ojisan | 2017-03-30 10:21 | 剣道の稽古 | Comments(2)

五段審査・・・

昨日、五段審査が行われました

結果は・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実技合格
形合格
学科合格
晴れて
五段に昇段できました
4年間の修行の成果が得られました
今後も精進し、5年後の6段審査
いよいよ全国審査に備えたいと思います
ブログをお読みの皆様にもご報告申し上げます
応援いただいた方々には
厚く御礼申し上げます
kendo-ojisan
a0265838_15571925.jpg

最も酷使した小手
頑張って手と腕を守ってもらいました
メンテナンスに出して、修繕です
防具にも感謝です

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
# by kendo-ojisan | 2017-02-19 15:59 | 雑記 | Comments(2)

いよいよ明日、4年間稽古した結果をご評価いただく
5段審査を受審します
学科の回答も書き終え、あとは当日を待つばかりですが
最近4回の稽古での気づきをまとめておきます
まずは剣道自体に関して
・打ち間への入りは慎重かつ大胆に行う必要がある
・面打ちだけにこだわらず、攻めて空いた隙を突く剣道をする
・攻めで引き出すことにも気を使う
今回の審査では上記3点について意識していこうと思います
もちろん、声を出す、我慢すべきところは我慢する、打ちきるという点は
4段でも5段でも同じなので、これに加えて上記3点ということになります

おそらく、打てて7,8本くらいではないかと思うので、打ちすぎないよう攻めを効かせ
お相手と合気での一本を打ち合えるといいのかな〜っと思って、楽しみになってます

日本剣道形に関して
・太刀7本、小太刀3本を確実に行う
・理合を十分意識した形が打てるようにする
正直、形はあまり得意ではないのですが、多くの先生方に
ご教示いただいて、前回よりはまともに形が打てるようにはなっています
しかし、段位にふさわしいか?・・・ちょっと弱いかもしれません・・・

学科に関して
3題の論述問題
・自分の言葉を使い、自分なりに剣道観も交えて書きました
・実社会において、役立つ部分なども書き込んでみました

4年間、日々の稽古、筋力トレーニング、一人稽古なども含め
剣道をまったく考えない日はないくらい努めてはきたので
結果よりも、自分らしく剣道ができること、やりきれることに
重点を置いて明日の審査を待ちます
a0265838_15415290.jpg
明日の防具はこれでいきます
4段のときもこれで受けたので今回も
以前より、色落ちしてはいますが、非常に状態はよく
安定した防具です
まさに身体に馴染んでおります



剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
# by kendo-ojisan | 2017-02-17 15:44 | 剣道の稽古 | Comments(2)