人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

稽古再開8か月・・・

今年の正月から稽古を再開して、8か月が経過しました
ようやく体が慣れてきた気がします

関係ないんですが、写真がないとさみしいので胴胸でも・・・
a0265838_21534111.jpg

「総紺刺し 鬼雲飾り」
20年くらい前から出始めた飾りのような気がしてます
シックな感じです
最近は刺し胸が主体ですよね
私が若いころは、亀甲から、花菱や二重亀甲が
多かった気がします

さて、稽古再開後の月ごとのまとめをしておこうと思います

長いので、読む方はのんびり読んでくださいませ

1月は一本一本打つたびに問題があり、すぐに次の稽古をしたいと
思ってはみたものの、古傷のアキレス腱が真っ赤に腫れ上がり・・・
1週間で痛みが引くことはなく、2週に一回稽古するのがやっとでした

2月は仕事が忙しかった影響もあって、10日に一度のペース
面、小手-面を中心に多少、手数を出すよう心がけましたが
直ぐに手足がバラバラになってしまい、無理はいけないことを
悟りました・・・

3月は素振りの頻度を少し増やして、肩、上腕、前腕と大きく振ることを
意識して一人稽古をしました
足に関しては”出足”を意識して鋭く踏み込むために必要な筋力トレーニングを
行いながら、ブレをなくす努力をしてみました

4月は腕力の強化が進み、竹刀の振りは徐々に改善していった気がします
足はやはり、時間がかかります
筋力upの効果が見えないまま、週一ペースの稽古と痛みの管理を
バランスよくこなしていくようにしました

5月は時折、イメージに見合う打ちが2~30本に一本くらいのペースで
打てるようになってきました
ただし、これはあくまで自分の印象で、打たれる回数が多いことに
変化はありませんでした

6月、このころからアキレス腱の痛みが少なくなってきました
5月までは稽古のあと、かなりきつい痛みがありましたが、
6月からはちょっと痛い程度で数日のうちに忘れてしまうように
なりました

7月に入り、足さばきが少し楽に感じられるようになってきました
重心のブレが少なくなり、打つタイミングの計り方が昔のイメージに
近くなってきました
応じ技も徐々に使えるようになってきて、心の余裕も出てきた
感じなりました

そして、今月
8月は勝負のポイントで、打っても打たれても納得のいく稽古が
増えました
いよいよ体が慣れてきて、下肢の筋力も1月に比べて格段強くなってきた
気がします

しか~し!!

ここ2週間は肩が痛くなり、辛い時期になってます
先輩、先生方に聞くと

四十肩

らしいです・・・

腕を肩の高さまではス~っと上げられるんですが
それより上にすると痛みが走ります・・・

やはり、歳の影響のようです・・・

動かさないと痛みが増すばかりなので、我慢できる範囲で
大きく肩を動かすようにしてみてます・・・

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
by kendo-ojisan | 2012-08-26 21:59 | 剣道の稽古