人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

平日の稽古(本年第2回目)

昨夜、仕事を何とか終わらせて、稽古に行きました
平日の稽古はこれが今年初になります

8段の先生
7段の先生
6段の先生
4段の先生
中学生

合計5本のお稽古を頂戴しました

8段の先生
攻撃的な剣風で攻めがきつく立っているのがつらくなる先生
今年、初めてお稽古をお願いしました
強い気勢で押されるので、耐えながらも前に出る稽古を
できるようにしました
攻め返しをしたり、先をかけたり、崩し方もいろいろと
やってみましたが、弾かれるような稽古でした
そんな中、小手-面と渡って、いいところに面が打てました
先の面が打ちきれずでしたが、下がらないように頑張りました
最後はいつものように打ち込みをやって息も絶え絶えになりながら
終了・・・

稽古後、よい部分が出始めているので、今の稽古の気持ちでやっていくと
よいとのこと
ただし、技術的な部分で打ち終わったときに、前に伸びるようにすると
よくなると!

基本はまっすぐ抜けていくことですが、いざとなると簡単ではありません
足腰の強化を行いながら、課題克服に挑むつもりです

7段の先生
私の厳しいお師匠様
夕べの稽古も厳しかった~・・・
前に出て攻めて、少しでも動く気配があったら
即 打突 できるだけ先にかけていくこと
いつも気持ちが先行しすぎて力んでしまいうまく打てません
今回も同様か・・・
とにかく前に出ていく剣道をしましたが、打ち気が強すぎて
空回りした印象でした
こちらでも最後に打ち込み稽古を行い、終了

稽古後、攻めて動きを見て打つのではなく、打つ部位を決めてどう打つかの
攻めの組み立てをもっと考えて稽古したほうがよいとご指導いただきました

これって、一番難しい課題かも・・・
身体がまず反射的にうごかないといけません・・・
どうにか自分から相手を動かして打つ攻めを身に着けたいと思います

6段の先生
技の百貨店といわんばかりの器用な先生
攻めが強く、立ち往生しそうに打たれます
しかし、今回はちょっと頑張れました
というのも、年末からこの先生の技を研究して
入りの部分で我慢することと溜めのある打ちを出そうと
思っていたからです
今回、出小手を一本いいところで打てました
かなり打たれるギリギリまで攻め込んで
相手の竹刀の動きに惑わされるところを我慢して
手元が上がってくる刹那の一本でした
その後は結局、面を打ち込まれましたが新年早々
研究の成果が一つ得られました

4段の先生
私の少しあとに昇段した先生
久しぶりに稽古しました
初太刀は相面でいい感じの出だしでした
その後、先輩4段としては負けるわけにはいきません
その後は攻め込んで、彼の背中にはいつも壁があるように
追い込んでいき、出頭を打つような剣道をしました
面、小手、胴といずれもまずまずの打突でした
何本か中間で面を打たれましたが、苦し紛れの為か
あまり打たれた感じがしません
最後は出小手に切ってとりました

昇段前に比べ、彼の出足が良くなっていてちょっと
驚きました

中学生
毎度おなじみの中学生
夕べも懸かってきてくれました
年の初めですので、容赦なく打ちました
出頭の面、小手、胴とがんがん攻めていきました
彼は大人の稽古に混じって、一生懸命稽古しているので
面打ちもよくなってきているし、鋭さもでてきました
また、構えも落ち着きはじめ、剣道が安定してきています
これからもどんどん稽古して、強くなってもらいたいものです

ということで、昨夜の稽古もびっしりできました
 
剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_12251996.jpg
やはり左右の小手を比べると、よく打たれる右のほうが色褪せが早いです
こちらもよい感じの色合いになってきました

by kendo-ojisan | 2014-01-09 12:26 | 剣道の稽古