ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

水曜晩の稽古(本年第42回目)

台風は現在も北上中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私の住む地域はそれほど被害もなく、なんとなく雨も止んでます
怪我をされた方、また、お亡くなりになった方もおられ
大変心を痛めております

さて、水曜日の晩は先週行けなかったので稽古に
行きました
天候の影響もあって、人数は20人ほどで少な目でしたが
密度の濃い稽古ができました

8段の先生・・・お一人
7段の先生・・・お四方

合計5本のお稽古を頂戴しました

8段の先生
ガンガン強い攻めと強い打ちで攻めつける先生
まずは前に出る・・・返し胴を打たれる・・・
追い立てられる・・・捌く
前に出る・・・打たれる
どんどん追い立てられる・・・
攻めがきつい・・・
知らず知らずのうちに少しずつ下がっていて
押し返す
気づくと背中が狭い・・・
こんなやりとりの稽古が続きました
最後に一本、思い切って打った面はいいところでしたが
今回は攻めまくられました

稽古後、やはり下がり気味の状況を我慢して打ちに持っていくようご指導いただきました
必死に稽古しているんですが、”下がらされている”わけで、先生もそうするのが元立ちの
仕事だともおっしゃってました

7段の先生・・・1番目
中心を強くとって攻めて大きな技の来る先生
攻め合いでのやりとりは固い剣先を押し返して
こちらが中心をとったときに一気に打ちだす
そんな感じでした
交刃の間合いでの打ち合いではこちらの
若さと速さで分がありますが
交刃より深い間合いでは様々な応じられたり
摺りあげられたりしました
いい面が2本くらいありましたが
やはり攻めから打ちの流れは難しいところがあります

面を打ってくるパターンの攻めはいつも同じだとご指摘
いただきました

攻め方の工夫・・・難題です

7段の先生・・・2番目
やや遠目の間合いから大きな技がくる先生
腕が長いのか、思わぬところで打たれます
攻めて剣先を効かせて、一気に面打ち!
ちょっと浅かった初太刀でした
その後前半は私の打ちがいい感じでしたが
攻め返されて、担ぎ面を一発もらってから流れがかわり
しばらくは打たれました
特に呼び込まれる感じの打たれ方が気になりました
後半、2段技を出して流れをつかみ、最後は攻め込んで
体勢を崩したところで面を打ち、終了

7段の先生・・・3番目
やや斜に構えた構えから体で入ってくる先生
時間がなかったので打ち込み中心でしたが
面打ちの際に力が上のほうに逃げてしまって
勢いが落ちるとご指摘いただきました
実は以前からそういったご指導を受けることが多く
いろいろ試しているもののなかなかうまくできません
最近は左足のかかとを高くしないで構えて
前方に体を出す意識での稽古を心掛けているのですが
不慣れなせいか、全体の打ちにはまだ効果がでていません
これはやはり大きな課題になりそうです・・・

7段の先生・・・4番目
若手7段、伸びのある面打ちが特徴的な先生
この伸びのある面にはいつも悩まされます
足腰の良さと体の運びがうまくできているのだと
思います
さらに、目がよいので、こちらの仕掛けに対応が早く
打ちきれません
かなり面をもらいました・・・
追い込んで打っても抜かれて小手とか
面とか・・・あらら・・・という感じでした

稽古後、面打ちの機会はいいところだと思われるが
打突の終点が打ったその場になっていて伸びがでない
打突して伸びきった先に終点を見出せば、体も前にでて
いい感じになるのではないか?とご指導いただきました

これは感じ入るところがあります・・・

さて、今回は面打ちのご指導をたくさん頂戴して
勉強になりました
次回の稽古から徐々に課題に取り組みたいと思います

脚はきつくなりますけどね・・・



剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_08422588.jpg
竹刀の柄頭・・・やはり余っているとよろしくないという
ご指導もあり、できるだけ端っこをきちんと握るように
心掛けてます
指が短いのでちょっとおさまりが悪いのが気になっているんですが・・・

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kendo-ojisan | 2014-07-11 08:44 | 剣道の稽古 | Comments(0)