ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

平成27年度全日本剣道選手権大会結果

例年のように、文化の日の11月3日は剣道日本一を決める
全日本選手権

今年は昨年優勝の竹ノ内祐也選手(筑波大4年・福岡大学大濠高)に加え、同じ福岡県から
梅ヶ谷翔選手(中央大2年・福岡大学大濠高)が参戦することになり、学生の強者にも
注目したくなる大会になりました

この他
私の予想では
東京都 正代正博選手(警視庁・国士舘大)
北海道 安藤翔選手(北海道警・国士舘大)
鳥取県 真田裕行選手(鹿屋体育大・九州学院高)
岩手県 菅野隆介選手(盛岡四高教員・国士舘大)
熊本県 西村英久選手(熊本県警・筑波大)
あたりが面白いかと考えてました

その他
千葉県 佐藤弘隆選手(千葉県警・筑波大)
もちょっと注目しており

世の中的な本命は
神奈川県 勝見洋介選手(神奈川県警・鹿屋体育大)
かな〜なんて思いつつ夕方テレビを見てみると

大分県 竹下洋平選手(大分県警・明治大)が上がっており、昨年の警察選手権の準優勝の実力を発揮していたところでした

よく見てみるとベスト8はほとんど20歳代の若手がずらり

世代交代が進んだ印象を強く感じました
そんな中、梅ヶ谷選手が準決勝に勝ち上がっており、期待しましたが、熊本の西村選手に痛恨の反則負け
露骨に押し出したようにみえて、個人的にはあまりいい試合ではなかったです

逆の山
準決勝は勝見選手と竹下選手
これはなかなか見ごたえのある攻め合いで
最後は攻めて我慢して打った面が一本になり決勝へ

決勝は
神奈川県代表 勝見選手 対 熊本県代表 西村選手
ともに今年の世界大会のメンバーで実力者同士の対戦でした
準々決勝、準決勝と前に出る技の決まった勝見選手が勝かと思いきや
完全に捨てきった面を打った西村選手が完勝といえる勝ち方で
優勝しました

あの面はなかなか打てないな〜なんて思いました

優勝 熊本県 西村英久選手(熊本県警・筑波大)
おめでとうございます!!

やはり、試合は気持ちなんだと思いつつ、今年の全日本が終わりました
熊本に天皇杯が渡ったのは1976年以来だそうです

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します
a0265838_19202468.jpg
稽古に使っている面です
4mmミシン刺しで適度な柔らかさがあって
使い易いです
気持ち、布団が長いかも・・・

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kendo-ojisan | 2015-11-03 19:22 | 雑記 | Comments(0)