ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

捨てる気持ちは難しい・・・(本年第61、62回目)

先週、今週といつものように稽古に行ってきました
このところ仕事が忙しく、なかなかブログを書く時間がなかったのですが
少しだけ落ち着いてきました

61回目の稽古が5本
62回目の稽古が5本

内容的には高段位の先生方に懸る稽古は6割
5段以下の方々との稽古が4割

この割合も普段と変わりありませんが、気持ちの作りが全然違っていることに
気づかされました

それは
捨てきる稽古が出来ているのは5段以下の方々との稽古で
捨てきれない稽古が高段位の先生方との稽古になっていると
ご指摘いただいたんです

逆のほうが本来的であろうと・・・

高段位の先生に懸るときにこそ捨てて打つ稽古をしたほうがよいと・・・
つまり、上の先生方には攻めて打たされていて、ここから捨てて打てるようにならないと
この先難しくなると・・・
この差があるのは私の気持ち一つ
どうしても先生方の剣先の強さ、気の圧力を感じるとついつい出遅れたり
居着いたりと”弱さ”が出てしまい
同段位くらいの方々との稽古だと逆にこちらが攻めていけてるので
先をかけて打って出られますし、実際に攻めて打つ形にもっていける頻度が
高くなります

打った打たれたの結果より、出ていけるような心の作りがまだまだ甘いということが
はっきりしました

気持ちを剣先に込めて、それが相手に響くようなイメージで剣道ができ
誰に対してもそれが出せるように心の作りも勉強するようにしたいと思います

a0265838_18500960.jpg
試合用にしている面です
使い易くて軽くてよい感じです
以前のものより布団の厚みがあり、打たれても痛くないので
最近は稽古でもしばしば使用してます
手刺もいいけど、ミシンもなかなか・・・
用途に合わせて使い分けてそれぞれを長持ちさせたいと思います


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
Commented by room326 at 2015-12-23 05:03
やっぱり気持ちが大事なんですね。
余計な考えを捨てきると言うのか…
僕にはまだまだ難しい課題ですけど
この先、課題を克服しないといけないのでしょうね。
Commented by kendo-ojisan at 2015-12-25 14:52
>room326さん こんにちは
邪念を捨てるというのか、煩悩を捨てるというのか
気持ちを吹っ切って打ち込まないと、捨てた打ちには
ならないように思います
四戒を克服することなんだと思いますが
心の修行は身体の修行よりも難しいのかもしれません・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kendo-ojisan | 2015-12-20 18:53 | 剣道の稽古 | Comments(2)