ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

土曜日の稽古(本年第6回目)

土曜日はいつものごとく稽古に行ってきましたが
家族が風邪をひいており、第二道場はお休みでした

7段の先生・・・御4名
4段の先生・・・お一人
初段の方・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

長身の先生がお二人いて、どちらにも面で勝負に行くと
リーチの差で打ちきれないことがあり、今回は
あえて得意な間合いに入らず、打たれることで勉強することにしました
機会を早くとらえても、腕と背丈でチョンっと合わされてしまう場面と
こちらが浅目でも面に届くも、打ちきれない場面の大きく二つの
パターンに分かれるように思いました

先の気を感じ、動く瞬間にこちらが打ちだして、相手が動き出したときには
打ち終わっているような形でないとなかなか打ちきれません・・・
これはすごく難しいので、悩むところが多いです
敢えて打たれる場面でのやりとりというのも勉強になります
胴や出小手で勝負はすればできるのですが、敢えてこれをやることで
面打ち、特に先で動きを見てではなくて感じて打つ感覚、打ち気を感じたら
体が動く反射みたいな動き出し
これが野生の感覚として普段から培われていると打てるような気はしています

しかし、これを完全に意識下で実践するのはホントに難しそうです・・・

昨年秋に7段になった先生との稽古では
気負けしないようにやりました
身長はそれほど変わらないので、相打ちでも十分勝負になります
ただ、攻めで乗られたところを乗り返すと、竹刀を回されて打たれました
試合では自分もやるのですが、稽古では封じている面打ち
しかし、勝負の部分でもあるので、打たれて感謝としました
そこで、動き出しを狙い撃つ・・・
出小手、出端面を中心に前に攻めて攻めて・・・
徐々にこちらの攻めのペースになってきました
同時に動いても徐々にこちらが早く打っている感じになってきました
最後に勝負をかけて、面打ちの間合いで小手から面、いわゆる小手面ではなくて
小手ー面と一本ずつ打つような感じで打つと面を見事に捉えることができました

7段の若手の先生
攻めから攻撃のパターンが試合前のせいか、非常に難しく稽古して
いただきました
一瞬の居着きを誘う動きになんとなくつられて見てしまい
前半はボコボコ打たれました
後半徐々に攻め切って打つよう心掛けていくと
徐々に半減でき、相小手ー面、抜き銅など有効打が奪えました
しかし、攻めのパターンは大きくみると3つくらいなのですが
動きの中で、惑わされます
こういった居着きをなくすためにも動じない気持ちといつでも打てる
態勢を作り、打てるように足の構えと心の構えをつくらないといけないようです

4段の先生
試合前なので打ち気満々
そんなところを冷静に対応していきました
初太刀、攻めて動いたところを出小手に斬る
しばらく早打ちできたので見た目はこちらが手を出して
いないように見えたかもしれませんが、攻めて相手が
勝手気ままに打ってきたので、逆にこちらは捌きながら
攻めて押し込んでいく・・・
すると左手の位置が不安定になっていることに気づきましたので
拳の不安定さについては本人にもお伝えしておきました
さいごに一本勝負をしましたが、一気に攻めて面を奪いました
気持ちがはやる状態で手数だけ出しても、こちらが崩れなければ
機会を得ることができることを理解でき、これが最も勉強に
なりました
しかし、最近この先生は頻繁に稽古しているようで、元気な剣道になってきてます
先々、やられないよう注意したいと思います

初段の方
長身の女性でした
打ちはまっすぐでしたが、右手の力みと右手で竹刀を引き上げるような
振りかぶりが目立ってました
この辺りはみんな通る道ですので、左手の作用の出し方を
お話して、少し矯正方法をお知らせしました
左手が効いてくると、こちらが打てなくなりそうな感じでした

ということで、6本のお稽古を頂戴し、今回も勉強になりました

5段審査までちょうどあと1年
しっかり準備を進めたいと思います


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します
a0265838_14332329.jpg
スカイツリーです
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kendo-ojisan | 2016-02-15 14:34 | 剣道の稽古 | Comments(0)