人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

クリスマス・イヴも稽古(本年第66回目)

昨夜もいつもの通り稽古に行ってきました
ちょっとした問題が途中で発生してしまい
3本のお稽古でしたが、気合の入った稽古を
したせいか、非常に疲れました
意識したのは打ち間と技前、そして先週ご指導いただいた
肩の力を抜いて構えること
なかなかできるようでできていないことばかりです
7段の先生3人に懸り、どの先生方にも
何本かいい技が出せたように思います
気のつながりを大事にすること
気を抜かないこと
打つことばかり考えていると、ついつい、力ばかり入ってしまうので
いかに力みを抑えた剣道をするかが非常に重要

そんな中、打ち気が強くならないよう、打つ場所を決めずに
攻めて動いたところを打つということを試してみました
かといって、相手に攻めを示す必要はあるので面なら面、小手なら小手、突きなら突きを
狙う攻めは大事にしてやってみました

攻めて、攻め返されて、さらに攻め返す
こういった作業が普段より長く感じられましたが
打っても打たれても、場面として納得ができるものが
多かったように思います
もちろん打たれる場面が多いのですが・・・

なぜ打たれたか、なぜ打てたか
これを十分に理解しながら、稽古ができたように思います
技の決まる瞬間は打った部分が大きく近くに見えるし、
打たれた時は相手が近くにいても遠くに感じる・・・

何かこの辺の感覚に剣道の深み、奥行きを感じるんです
とにかく、今年、もう一回稽古をしたいのですが
もしかすると、稽古納めになってしまうかもしれないので
早く年明けの稽古始めを迎えたい気分です

年末年始はランニングと素振りをやろうと思ってますが・・・できるかどうか不安です・・・

a0265838_16251388.jpg
a0265838_16273849.jpg
毘沙門蜀光の黒胴に垂 
五段審査にはこれでいきます
二分手刺のセット
一番しっくりくる防具です

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します
by kendo-ojisan | 2016-12-25 16:29 | 剣道の稽古