ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

3月の稽古総括

2月後半から3月の稽古を総括してみたいと思います
昇段により、心に少し余裕ができたせいか、思い切りがよくなっているように
思います
稽古をしていても余計なことは極力考えず、打たれてよしとする稽古を
するように心がけています
これはある意味、当たり前なのですが、あまり変なよけ方をしなくなってます
打たれるべきときは素直に打たれたほうが、学びが多いように感じられるようになりました
打たれっぱなしは嫌なので、積極的に打つので打てる機会も増えた気がします
打たれて、打って、打たれて、打って・・・
実際に当たるかどうかは別で打ちきるような感じで打てると思ったところでは
極力前にでるようにしています

その結果、以前、なかなか打てなかった6段の先生や
最近伸びつつある4段の方に対しても、一本勝負となるまでは
打たれることも増えつつ
打つ、打って有効打突になる回数も増えてきているように思えます

勝負するときも変に力まずに我慢しながら
勝負所では躊躇なく打てているような感じです

先日もある方との稽古で4本連続で有効打突となって
お相手もまいりましたと言っておられました
出小手、相面、抜き銅、出小手
先をかけて、攻めが効くことが増えているのかもしれません

水曜日に稽古した7段の先生にも、「今日は攻めがきつかったな~」っと言われました
攻めて打つ、攻め勝って打つ
理想に近づけるよう精進しながら、無理なく稽古を続けていくことにします
こうなると、試合に出るのも楽しみです

瞬間を楽しめるよう、頑張ろうと思います

a0265838_10261459.jpg
稽古用の面
二分手刺でクッションがよく、打たれてもいたくないです
子供との稽古でもよく打たせています

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2017-03-31 10:29 | 雑記