ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

基本の見直し 面打ち

4月下旬から続く風邪で、最近は満足な稽古ができていません
50近くなると、どうにも回復が悪い・・・

そんな時、先日の日曜日は
朝だけ、基本打ちの稽古に行ってきました
今回は面打ちにスポットを当ててみようと思います

面打ちは正面打ち、左右面打ち、応じて面打ち
さらに機会として、出端面、飛び込み面など様々な打ち方があるわけですが
基本の基本は一足一刀の間合で正面を打つことになろうかと思います

打つ時に心がけていること
1.左足を継がない
2.まっすぐ大きく振りかぶる
3.打ったあと、竹刀を過剰に上げないで抜ける
小学3年のころはあまり考えず、打つだけでしたが
さすがに、五段にもなると、ただ打つのはもったいないので
打つ前の間合いを遠めにして、攻めて中心を取り、攻めて打つ
という流れも意識して打つようにしています

このとき、攻め足が右主導にならないように
注意してますが、重心の移動を伴うので、左足の引き付けが少しでも遅れると
やや前のめりで打ってしまうことになり、左足の効果が不十分になる・・・

数本の打ち込みで、集中して左の攻め足の意識をもって打つこと
確実に有効打突部位を捉えたら、まっすぐ抜けて、残心を取る
これが思いのほか難しく感じています

学生の頃はもう少し軽やかに打てていたように思うのですが
最近はどうも筋力低下があるのか、体重は学生時代をそれほど変わらなくなったのに
思うような打ち方になりません・・・

これも修行と思い、しばらくは頑張ってみたいと思います
手の内の作用というものも非常に重要な要素なのですが、まずは足から意識していこうと
思っています

皆様は面打ちをどのようにお稽古してらっしゃるか
コメントいただけると嬉しいです



a0265838_14531519.jpg
剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
Commented by 吉田純造 at 2018-05-29 22:29 x
私も同じですよ
大きく足を継がず打ちたいです
60を過ぎたので 相手を打ち負かすことは難しいですが
理想の面打ちをしたいなあ

ずばっと❗

頑張りましょう

Commented by kendo-ojisan at 2018-06-05 16:42
吉田様
コメントありがとうございます
返信が遅くなりましたこと、お詫びします
足を継がずに ということに気を取られると
上半身に力みが出てしまい
上体で打ち込むようなこともあり
肩や腕の力みを取るように構えると
今度は足の構えが、いまひとつ・・・
面打ちだけでなくすべての技がそうなのでしょうけど
理想に近づくには、現状の筋力などと相談しながら
無理と無駄のない打ちを求めていくしかないのですかね~
一生修行ですね
頑張ります
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kendo-ojisan | 2018-05-23 14:58 | 剣道の稽古 | Comments(2)