人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

2012年 06月 16日 ( 1 )

竹刀の構えに関する悩み

最近、足腰に気がいっていたので、今日は悩みを含め
竹刀の構え方について書きたいと思います

私は身長が低いほうなのでできるだけ
中心を割られないよう、竹刀を体の正中に置き
剣先は上がらないよう、気持ち相手の喉より低めにつけるような
構えで稽古しています

しかし、最近、出ばなではないときでも小手を打たれることが
多くなってきました

相小手面で応じることはできるのですが
やたらと小手を打たれると、構えに問題があるのではないかと
考えてしまいます

著名な選手の方々の構えをみると、かなりいろいろと
バリエーションがあり、なかなかどういうのがいいのか
悩むところです

ある先生からは、左こぶしは正中に置き、剣先をやや右に開き気味にして
右小手を隠すように構えてもいいのでは?っと
アドバイスをいただきました

確かに、学生時代、試合中心で剣道をしていたころは
やや右開き気味の構えをしていた時期もあったので
これはこれでいいのかなっと思います
ただ、中心が取れているのかがもう一つつかみにくくなって
しまうので、バランスを崩してしまいそうな気もしてます

手の位置よりも体の構えと出足があればよいという
ご指摘もいただきそうですが、とりあえず悩んでます

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
by kendo-ojisan | 2012-06-16 08:37 | 剣道の稽古