人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

2013年 03月 15日 ( 1 )

学生時代に使っていた3mm刺しの面金が
折れているのに気づき、急遽、稽古用の面を
購入しました

a0265838_21512775.jpg

まず、手にしてみた感想は軽いということ
面金はIBBジュラルミンというタイプで手刺しの
チタンとはまた違うようですが、面をかぶったときの
感覚も軽い印象が強いです

突き垂は×曙光にしました
a0265838_21595670.jpg

合わせて使う胴が上段刺し、下段花菱という胸の胴が主体に
なるため、他のも合わせることも考えて、なんでもOKの
×印にしました

天の部分
a0265838_2215670.jpg

ちょっと変わった革の飾りで面白いです

羽部分は
a0265838_222512.jpg

斜め刺しなので型も付けやすく、やわらかで動きやすいです

まっすぐ縫いこんであった昔の造りと違って
このあたりが”進化”を感じます
面布団の長さが短くなったことも影響するのでしょうけど
動きやすさは昔の面に比べて抜群に良くなっています

次回は面の内側・・・内輪の部分の特徴を書こうと思います

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
by kendo-ojisan | 2013-03-15 00:28 | 剣道具のこと