人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

カテゴリ:剣道と怪我、病気( 25 )

最近の悩み・・・

毎朝、右の肩が痛くて目が覚めます
俗にいう「四十肩」というやつです・・・

夜間も寝返りや腕の動きで痛みがあるので目が覚めやすく、寝不足気味

40歳を超えてから、徐々にいろいろな健康上の不具合が
出てくるようになりました

若いころ遠視気味だったせいか、老眼らしき症状も出てきました

いや~歳には勝てませんね~

同世代のみなさんは大丈夫なのでしょうか?

ちなみに、竹刀を振りかぶるまでの肩の動きでは
特に痛くないので剣道はできてます

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

a0265838_83455100.jpg

富士山のような後姿・・・
by kendo-ojisan | 2013-09-04 08:34 | 剣道と怪我、病気

梅雨の低気圧と腰・・・

梅雨前線活発化!!
この時期に台風って・・・昔は8月くらいまで
台風上陸ってなかったように思うんですが、温暖化の影響
なんでしょう
最近は6月に上陸するニュースが増えた気がします

この時期、毎年、梅雨前線の発達とともに私の腰痛や神経痛が悪化します

昨年の秋に治療してから、痛い感じはほとんど経験しなくなったのですが
この梅雨はきました・・・

・右腰の重い感じ、違和感
・右臀部から足まで鈍い痛み
・右脚全体の痺れの悪化

生活するだけなら大きな支障はないですが、稽古になるとそうもいきません
ただ、ここで休んでしまうと、夏場の稽古がつらくなるのは目に見えているので
できるだけ、無理ない範囲での稽古をするようにしています

背中を後ろにグ~っと反る運動は痛くない範囲でやっておくと
少し、椎間板が前に押し返されるらしいので、痛くない範囲でエビ反り運動をします

左のアキレス腱の古傷も痛みが出るので、ストレッチと入浴時のマッサージ
就寝前に湿布をするなど、体の手入れをきちんとしながら、稽古に臨みます
(学生のころ検査したときには部分断裂していると診断されました・・・)


稽古していて最近、感じるのは、稽古の後半になると右脚の踏切が
ちょっと悪くなり、左足に重心を移す作業をしてしまうことで出足が遅れ
打たれる場面が増えました

梅雨時にこういったことが起こる可能性が高かったので
春先からやや左足に重心を移した形で構えるようにし、打つようにしていたんですが
痛みの出てきたアキレス腱を知らず知らずのうちにかばってしまい
重心のブレが大きくなってしまいました

今日は晴れたので腰の調子も安定してます

低気圧が来る時ほど、腰もアキレス腱も症状が出るので
要注意な梅雨です・・・

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

ということで病気の絵を探してみました
a0265838_16533783.jpg
a0265838_1653502.jpg

本当は休むのがいいみたいですね・・・休みたくない。。。
by kendo-ojisan | 2013-06-22 16:54 | 剣道と怪我、病気

昨日の続きです
退院した日、自宅に帰り、二階のリビングに上がろうと、ゆっくり階段を上ると・・・
患部であった右脚の力が入りにくい・・・そんな感じがしました
平面の歩行ではあまりに気にならなかったんですが、片足に荷重のかかる階段昇降では
筋力の低下か感覚の低下かわかりませんが、力が入りにくいという自覚症状が追加されました

痺れは、深夜に強くなり、目が覚めます

もちろん、内服薬は飲んでいたんですが、痛みはなくなっても
ヘルニアの余波はまだまだ、続いている感じでした

翌週から仕事に復帰しましたが、基本的には残業もせず、とりあえず
通常業務を行う8時間といった感じで2週間が経過しました

主治医の先生と相談して、ある程度歩くことと階段昇降のトレーニングは許可をいただき
概ね2~5km程度のwalkingと5~10分間の階段昇降のトレーニングを始めました

walkingは通勤の往復で概ね3kmくらいでしたので
帰宅前に職場近くの公園の入り口にある階段(手摺付き・・・転びそうになった時の用心のため)で
階段昇降を行いました
最初5分間から徐々に時間を延ばし、10分間の階段昇降ができるようになるまで
約10日・・・一日おきくらいにやったでしょうか・・・

2度目の診察で歩行状態や筋力のチェックをしていただき
背筋強化のための運動はある程度可と許可を頂きました

このころには階段は普通に上れるようになりました

竹刀を振ることの許可も出ましたので少しずつ、素振りを始めました

この間、道場には定期的に顔を出して、見取り稽古は継続しました

長く道場に行かないでいると、気持ちが萎えて、稽古に復帰しづらくなる気がしたんです

何せ、昨年16年ぶりに稽古を再開した私としては、何としても細々ながらも
剣道を続けるたいという気持ちが強かったからです

そして、翌週からは踏込みなしで素振りや基本打ちなどを
先生方のご協力で少しずつやるようになりました

12月下旬、基本打ち程度の負荷は可とされ、一度だけ稽古したのですが
”漕ぎ足”になってしまい、基本打ちすらまともにできず・・・結構、ショックでした

年末は仕事納めからも残務をやりつつ、毎日素振りと股割素振りで大腿部の
筋力upを行うようにしました

年明け、初稽古

年末の稽古から約2週間、上記のトレーニング中心でしたので
無理せず、稽古を再開していきました

右脚のしびれや違和感は少しよくなったような気がしていましたが
多少、筋力が安定したせいか、連打は無理でも一本打ちは何とか
打つことができるようになりました

1月中旬からは本格的に稽古をしていましたが、なんとなくしっくりこない感じでの稽古が続きました
2月に昇段審査を控えておりましたので、あまり形を崩さない稽古、当てるのではなく
打つ稽古を心がけて、丁寧に一本一本を意識した稽古を行いました

結果、2月の審査で4段に合格、23年ぶりの昇段でした

現在も週に1~2回の稽古を続けています

痺れは春先に1/3くらいまで減少した感じでしたが、この梅雨時になり
また症状が強くなってます

最悪の時期の1/2程度でちょっと悪くなった感じです

実際に春先までは腰のコルセットを巻いて稽古していましたが
現在は通常通り
剣道は垂がコルセット替わりになる気がします

上下動がそれほど多くない競技ですので、捻る動作で無理しなければ
riskは下がる気もしてます
つまり、腰の入った打ちを出すことが一番安全な気がする、今日この頃です

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

a0265838_1810863.jpg

ネットにあったヘルニアの図です
私もこんな感じだったと推察されます
by kendo-ojisan | 2013-06-15 18:10 | 剣道と怪我、病気

昨夜、更新しようかと思っていたのですが、子供を寝かしつけたついでに
自分もグッスリ寝てしまいました・・・

さて、私の椎間板ヘルニアの手術から現在に至る状況を書きます

昨年秋
2012年10月初め
次女があおむけに寝ている私に飛び乗った翌朝
なんだか腰に違和感があり、お尻のあたりに鈍い痛みが出始めました

この時は、手持ちの痛み止めと湿布で様子を見ていましたが
日がたつにつれて、痛みが増強していきました

稽古の時は坐薬を入れて痛みを取ってからやるという感じでした

少なくとも10月中旬まではそのようなことをしてましたが、10月下旬に入ると
起床時に痛みですぐに起き上がることができず、着替え
特に靴下を履くときときに前屈みになると臀部に激痛が走るため
家内に手伝ってもらって履くようになってしまいました

4段の審査が近くなっていたこともあり、2週間ほど稽古を休み
11月初旬には一度稽古をしましたが、かなり厳しい痛みになって
きました

審査のあった週の月曜日、起床するといつもの痛みよりきつい痛みが走り
翌日からの出張を急遽取りやめるほどになりました
仕事も休み、翌日はまで安静にしていましたが、痛み止めを使っても
どうにもならない痛みが出てきました

さすがに立つこともままならなくなったので、入院覚悟で病院へ・・・

主治医の先生に急遽、診察をお願いし”ルートブロック”という処置をしていただきました
その日は多少、痛みが楽にはなりましたが、歩行できずにそのまま入院・・・
トイレに歩くことができずに苦労しました(初めて尿瓶を使いましたがなかなか出ない・・・泣)

翌日、痛みがあまり変わらないため”硬膜外洗浄”という治療をしていただきました
脊髄の外側にある硬膜という硬い膜の周辺に痛みの原因となる物質がたまっているそうで
それを局所麻酔薬とステロイド剤を注射して薄めると痛みが改善するそうなんです

この治療でかなり痛みが取れてきました
トイレまでは歩くこともできるようになりましたが、歩くときは歩行器を使うという状態でした

検査を挿み、翌週になって手術という選択をしました

この手術は経皮的椎間板摘出術というもので、X線で腰の骨の位置を見ながら
皮膚を局所麻酔で麻酔して、細い金属の道具を差し込み、先端形がハサミというか
なんというか、摘める道具でせり出しているあたりの椎間板を削り取っていくという
感じの手術でした

私は横向きに寝ているだけでしたが、最初の麻酔の針が痛かっただけで
都合30分ほどで手術が終わりました

2~3時間安静にして、トイレだけは歩行してよいとのことでした

術後は痛みがほとんどなく、痺れだけが残る状態でした

手術の翌日には退院の運びとなり、1週間ほど入院したことになりました

長くなったので今日はここまでにします


人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

a0265838_22155390.jpg

by kendo-ojisan | 2013-06-14 22:16 | 剣道と怪我、病気

いよいよ梅雨になってきました
毎年、この時期は苦手です
梅雨のジトジトも苦手なんですが、この時期は
うずくんです・・・

私の弱点である、腰痛が出やすいシーズンの一つなんです

a0265838_084681.jpg

「背骨」でyahoo検索してゲットした図です
背骨とそこから出てくる神経の絵がありました

そもそも、私は腰椎の5番目と仙椎との間の椎間板が圧迫されて
髄核という椎間板の中心部分が飛び出して神経を圧迫して痛みが出ていました
一昨年がそのもっともひどい症状の出たときで、昨年入院したときは残りの
椎間板がさらに飛び出して神経を挟み込んだ結果、激しい痛みが出て
歩行どころか、立つことすらできない状態になりました

治療によって、剣道ができるようになるまで回復しましたが、しびれは未だに消えません・・・

a0265838_0135186.jpg

椎間板の構造がわかりやすい絵も見つけました
この中心部にある髄核部分が飛び出し、神経の根っこの部分を痛めつけたわけです

さて、天気との関係なんですが
低気圧が近づいてくると、以前は腰痛が出やすくなって、痛み止めの
内服する回数が増えました
しびれになってからは、しびれの程度が強くなることが最近、わかるように
なりました
雨が降る前から何となく調子が悪くなります
朝、雨が降らなくても、こんなときは傘を持っていかないと帰宅することには
雨が降っていることが多いんです・・・

自分の体が教えてくれる天気予報・・・結構当たります!

自慢にもなりませんが、腰痛持ちの方には辛い季節
早く梅雨明けするように祈るしかありません

そうは言っても稽古はしたくなるんですよね・・・
無理せずやっていこうと思います

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
by kendo-ojisan | 2013-05-29 00:21 | 剣道と怪我、病気

おかげさまで
水曜日の午後、退院できました
ご心配いただいた方、コメントをいただいた方
本当にありがとうございました

自宅に帰ってきてみると、やはり、いいものだな~っと感じます

今日から、しゃわーもOKになり、徐々に日常生活に戻って
本格的に体の調整を行うことになります

主治医先生からは、歩行などに制限はないこと
しばらく調子を見ながら、体幹トレーニングをやっていくとよいこと

剣道は腰の回転が少ない競技なので継続してよいとのことでした・・・(これが一番安心しました)

元来、剣道は背筋力が強くなる競技なので、こういった腰痛には悪くないものだと
思われます

しかし、今回は痛かった・・・

さらに再発しないよう、ダイエットに筋トレは必須事項になりそうです

素振りは無理ない範囲でOKなので今日から少しずつやっていきたいと思います

もし、腰あたりが変な感じなら・・・

こんなものを用意したので、またそのうちご紹介します
a0265838_3593616.jpg


人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
by kendo-ojisan | 2012-11-23 04:00 | 剣道と怪我、病気

さすがに、1週間も入院していると飽きてきます・・・
痛みは最初の3~4日でほぼ改善していたので、歩行時に
やや不安はあるものの、まったりしすぎて持て余し気味です

さて、昨日の夕方、今日の手術に関する説明をいただきました
手術名「経皮的椎間板摘出術」というそうです

1.背中を横に向けて寝る(症状のある側を上にして寝る)

2.約3mm程度の道具を背骨、椎間板まで挿し込むため、その経路に局所麻酔する

3.麻酔後、痛みのないこと確認しつつ、椎間板のところまでX線の画像をみながら道具を進め

4.椎間板に到達して、出っ張っている椎間板や周囲で邪魔をしている椎間板を細かく摘まんで摘出する

5.椎間板を一定量取ったら、手術終了 止血している状況を確認して終わり

傷は3mm程度だそうです・・・

結果は夕方にはわかると思います

今まで、入院している病院では20数年この治療を行って、その数、数百人以上だそうで
合併症はなかったそうです

それを聞いて安心しました

トイレまではその日のうちに歩けるそうなのでそれも安心です

試合や審査の前みたいな緊張感がでてきました^^;

まな板の上のなんとやら・・・煮るなり、焼くなり好きにしろい!!
こうなったら逃げも隠れもしないわい!!

ってことで気合入れてます!!

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します

手術終了・・・成功です!!
by kendo-ojisan | 2012-11-20 06:36 | 剣道と怪我、病気

入院3日目の検査終了後から、痛み自体はかなり軽減しています
ただし、ブログの更新も夜中なのはなぜか?

これは単に暇というだけではなくて、この時間になると必ず目覚めてしまう
理由があります

痛みではなく右下肢全体の痺れが強くなって目が覚めます・・・

なんだか、自分の足ではないような感覚です・・・

夜間は生理的にも神経自体が多少、浮腫むので痛みやしびれが強くなることがあると
説明されていたので、なるほどな~っという感じです

ただ、その状態だと落ち着かないのでどうしているか?

看護師さんに断って、病院内を少し歩いています

この軽い運動によって血流がよくなるせいか、痺れが取れてきます

人によってはかえって痛くなったり、痺れが強くなったりする方もおられるそうですが
私の場合は動いたほうが調子がよいので、ゆっくりと歩行して身体が温まると
痺れが改善して、横になって眠れます

今後の治療に関して、今日の日中には詳しい説明があるのですが
前振り情報ではどうも、小さな手術をするようです・・・

手術・・・未体験ゾ~ン・・・


人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します

さて、痺れもあるので、ちょっと歩いてきます^^;
a0265838_128193.jpg

この胴胸はもう組まれているそうです
年末ころには防具も完成予定
(御代はこれから残りをお支払予定・・・入院費もあり、大丈夫か心配・・・)

早く元気になって、稽古したいです
by kendo-ojisan | 2012-11-19 01:30 | 剣道と怪我、病気

コメントいただいた皆様、ご心配ありがとうございます
励ましのコメント、お見舞いのコメントをいただき感謝しております

今回の入院日記を書くことで、同じような症状で困っている方に
多少なりとも、参考になるとよいかと思いまして
治療の実況中継をしているイメージで記事を書いております

治療の反応は個人個人違うそうなので、すべての人が同じ経過にはならないことを
はじめにお断りしておきます
あくまで、私kendo-ojisanの経験談として読んでいただけると幸いです

入院初日は前記事のごとくで一晩、眠れず痛みも7割くらいあり
身動きができない状況でした

入院2日目の午前中に一つ治療が行われました
「硬膜外洗浄」というものでした

私は検査台の上にうつ伏せで横になっているだけでしたが
腰に針を刺して、局所麻酔をして、別の太い針を刺しなおして
そこから細い管を「脊髄の外側の膜との空間・・・硬膜外腔」に入れて
生理食塩水で洗うという方法だそうです・・・よくわかりません

痛みは炎症が原因だそうで、その反応物質を減らし、周囲の”癒着”というものを
外すと痛みが軽減するとのことでした

やっていただきますと・・・

最初の激痛とまではいきませんが、神経に沿った痛みが「ぐ~っと」出てきて
「ううっ痛い!!」と思わず口に出てしまいました・・・

その後、麻酔薬と炎症止めが追加されて痛みは軽減
2日目の午後には2~3割程度の痛みになり、何とかトイレに
座ることができるようになりました

3日目の朝 痛みがかなり軽減されてました
1~2割程度

すご~い よくなってます^^

金曜日の朝はかなり楽になりました
3日目は検査
椎間板そのものに針を刺して「造影検査」が行われました

これをあとで見せていただきましたが、腰に針が刺さっているレントゲン写真で・・・怖い・・・突き刺さってる・・・

初めて見るにはちょっとドキッとしました
医学の進歩はすごいですね

検査では痛みもありましたが、その後は特に問題なく、少し歩いても大丈夫なくらいになりました

痛みが軽減すると・・・これはまた次回に・・・
記事が最近、夜中になる理由も次回に書きますね

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
by kendo-ojisan | 2012-11-18 03:57 | 剣道と怪我、病気

水曜に緊急で入院しました
腰椎椎間板ヘルニアの再発です・・・
この日は本当に歩くことができなくなってしまうほど
腰部から臀部、大腿部、下腿部に耐えるには辛すぎる痛みが
ありました

自宅二階から意を決して、階段を下りる・・・
それも頭部をしたに向けて・・・
足を下にすると痛すぎて動けなかったんです

胸の下に座布団を置いて、階段の角を滑るように
階段を下りました・・・意外とうまく降りられました

子供のころ、悪さをしていた甲斐があった気がします(笑
忍者ごっこみたいでした

その後も何とか匍匐前進を繰り返し、自動車のリアハッチから車に
乗り、病院へ

すぐに、検査が始まり、今回最初の治療は
「神経根ブロック」というのをしてもらいました
たぶん、神経に注射したようで、最初は痛みがあって
その後、やんわりと痛みが消えていきます・・・

ただ、さすがに全部の痛みが取れるわけではなく
うつ伏せに近い状態が一番楽だったので、ベッドの上でも
そんな状態で一夜が過ぎました・・・

夜中に痛みが強くなり、痛みどめを2回・・・

朝方になってようやくうとうとする程度の睡眠・・・痛くて、怖くて、緊張して眠れません・・・

最初の夜はこんな感じで過ぎていきました・・・


人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します

初日、最も大変だったこと・・・
by kendo-ojisan | 2012-11-16 22:37 | 剣道と怪我、病気