ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

稽古再開8か月・・・

今年の正月から稽古を再開して、8か月が経過しました
ようやく体が慣れてきた気がします

関係ないんですが、写真がないとさみしいので胴胸でも・・・
a0265838_21534111.jpg

「総紺刺し 鬼雲飾り」
20年くらい前から出始めた飾りのような気がしてます
シックな感じです
最近は刺し胸が主体ですよね
私が若いころは、亀甲から、花菱や二重亀甲が
多かった気がします

さて、稽古再開後の月ごとのまとめをしておこうと思います

長いので、読む方はのんびり読んでくださいませ

1月は一本一本打つたびに問題があり、すぐに次の稽古をしたいと
思ってはみたものの、古傷のアキレス腱が真っ赤に腫れ上がり・・・
1週間で痛みが引くことはなく、2週に一回稽古するのがやっとでした

2月は仕事が忙しかった影響もあって、10日に一度のペース
面、小手-面を中心に多少、手数を出すよう心がけましたが
直ぐに手足がバラバラになってしまい、無理はいけないことを
悟りました・・・

3月は素振りの頻度を少し増やして、肩、上腕、前腕と大きく振ることを
意識して一人稽古をしました
足に関しては”出足”を意識して鋭く踏み込むために必要な筋力トレーニングを
行いながら、ブレをなくす努力をしてみました

4月は腕力の強化が進み、竹刀の振りは徐々に改善していった気がします
足はやはり、時間がかかります
筋力upの効果が見えないまま、週一ペースの稽古と痛みの管理を
バランスよくこなしていくようにしました

5月は時折、イメージに見合う打ちが2~30本に一本くらいのペースで
打てるようになってきました
ただし、これはあくまで自分の印象で、打たれる回数が多いことに
変化はありませんでした

6月、このころからアキレス腱の痛みが少なくなってきました
5月までは稽古のあと、かなりきつい痛みがありましたが、
6月からはちょっと痛い程度で数日のうちに忘れてしまうように
なりました

7月に入り、足さばきが少し楽に感じられるようになってきました
重心のブレが少なくなり、打つタイミングの計り方が昔のイメージに
近くなってきました
応じ技も徐々に使えるようになってきて、心の余裕も出てきた
感じなりました

そして、今月
8月は勝負のポイントで、打っても打たれても納得のいく稽古が
増えました
いよいよ体が慣れてきて、下肢の筋力も1月に比べて格段強くなってきた
気がします

しか~し!!

ここ2週間は肩が痛くなり、辛い時期になってます
先輩、先生方に聞くと

四十肩

らしいです・・・

腕を肩の高さまではス~っと上げられるんですが
それより上にすると痛みが走ります・・・

やはり、歳の影響のようです・・・

動かさないと痛みが増すばかりなので、我慢できる範囲で
大きく肩を動かすようにしてみてます・・・

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-26 21:59 | 剣道の稽古 | Comments(4)

色落ち・・・

先日、新調した袴をお酢と塩に漬け込んで
色落ちを抑える作業を記事にしました

比較のため、学生時代から稽古に使っている
袴と稽古着の色を比べてみます

a0265838_9564283.jpg

袴です
濃いのは新品で酢漬け済み
薄いのは稽古用

さすがに20年くらい使っているので色あせてます

写真の方が色が薄く見えます・・・

a0265838_958838.jpg

稽古着です
これは高校のころから使っているものです
濃いのは数か月前に購入して数回使用したもの
袴同様に酢漬けにしてあります
4~5回は洗ったのですが、上の袴同様
それほど色落ちしてません

酢と塩で藍の色落ちがどのように遅くなるのか
楽しみです

徐々に薄くなっていく藍の色合いもきれいなので
それもいいかと思います

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-24 10:03 | 剣道具のこと | Comments(2)

現在、夏休み・・・
仕事は休んで家族と旅行中です
毎日水練にいそしんでおります・・・

普段、剣道で使わない筋肉を使っているせいか
肩、首、背中などに張りが出てます・・・

さて、我が家の2歳児はバシバシ水に入っていくので
ちょっと危ない感じです。
子供用の浅いプールで飽きるまで遊ばせますが
基本、親にとってはやることもなく退屈な時間であります
ただ、立ち上がるとちょうど膝くらいの深さなので

遊ばせながら足さばきの練習をしてみました

実はこれ、結構いい感じです
水があることで、すり足にしても、踏込みにしても
無理のない動きでないと足が前に出ません

さらに足だけで上体がついてこなければ
バランスを崩して、こけます
腰から前にでたり、下がったりするのを
意識しながら動くいい練習になります

足腰の基本練習にはもってこいの水中稽古

もう数日、これを楽しんでから、週末の稽古を
迎えたいと思います

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-21 10:02 | 剣道の稽古 | Comments(2)

日本剣道形・・・

先日の稽古のあと、日本剣道形をすご~~~~~く久しぶりに
一回練習してみたのですが・・・

まったく素人・・・初めてレベル・・・
まずい・・・

道場の先生方のご指導で一度教本のようなものを
読んでおいたほうがよろしいとご教示いただいたので

これを買ってみました

a0265838_1501248.jpg

職場の近くの武道具屋さんでみつけました

なんと、お値段は1冊200円!!

写真などはありませんが解説は詳しいので勉強になります

これにネットでみられる動画を参考に勉強しようと思います

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-18 15:03 | 剣道の稽古 | Comments(2)

袴の酢漬け・・・

一昼夜酢と塩に漬け込んだ袴
翌日の状況です

a0265838_225917100.jpg

前日とそう変わりはありません

このあとやることは、酢水を捨てて、袴を濯ぐ作業です

酢水を捨てるとき
a0265838_2303628.jpg
a0265838_2304077.jpg

黄色っぽい水で、藍が溶けだした感じはあまりありません

うまくいってる?!

濯ぎはじめ
a0265838_232863.jpg

多少、水は青く見えますが、手で袴を押し洗いしてるんですが
手に藍がつきません

つまり、ほとんど色落ちしていない印象です

a0265838_2334110.jpg
a0265838_2335755.jpg
a0265838_2341244.jpg

洗濯ものを干す感じで、風通しのよいベランダで乾燥
(昨夜は風があったので好都合 夜露の問題はありますが、直射日光よりはいいかもしれません)

乾燥後の状態はまた次回にでも・・・

なんか、ここまではうまくいっている気がします

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-14 23:06 | 剣道具のこと | Comments(2)

新しい袴の手入れ

11月に昇段審査を受審する予定なんですが
さすがに10年以上経過していたので、当時使っていた
袴は色あせや、腰板部分のほつれや擦り切れがひどくて
さすがに審査にはよろしくないかと・・・

a0265838_15341052.jpg

開封まえの状態

やはり新品はわくわくしますね

開封して
a0265838_1535261.jpg

色が濃くてよい感じ

ここで、長く色落ちさせずに使う方法として
お酢と塩で色落ちを予防する方法があります
これをするとしないとでは大違い

きれいに色落ちしていけばそれはそれで味があります

最初に入れ物(今回はきれいな発泡スチロールの箱)を用意して
a0265838_1537497.jpg

袴を入れて、全体が沈むくらいに水を入れます

ここでよく水を袴に染み込ませます
お店の方に聞いたのですが、空気が生地の隙間や
生地自体に残っていると、むらができてしまうそうです

よく押し込んで、水が生地全体になじむようにします

そして
a0265838_15465757.jpg

お酢と塩です

・お酢はコップ一杯くらい(たぶん、200ccくらい)
・塩は50g・・・食卓塩が100gだそうなので、半分くらい使用します

お酢
a0265838_15482898.jpg

200cc


a0265838_15485248.jpg

酢に入れてしまいましたが約50gくらい

これをよくかき回して、水を少しれて先ほどの
袴の入った箱に流し込みました
a0265838_15502269.jpg

ちょっと黄色っぽいいろの水になってます

これで一昼夜寝かせます


人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-12 15:53 | 剣道具のこと | Comments(6)

剣道時代9月号DVD付き

思わず今月は2冊雑誌を購入してしまいました
先日の剣道日本に続き、剣道時代です
a0265838_1233211.jpg

この雑誌を購入するのはずいぶん久しぶりですが
今回は警視庁の原田悟教師の稽古に関するDVDがついていたので
思わず買ってしまいました
小柄な選手がどのように稽古しているのか非常に興味があったので
参考にしようと思います

また、世界選手権で活躍された高鍋選手の談話も興味深いです

リンク集から両方の雑誌のHPへ移動できますので
よろしかったらご覧ください

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-08 12:38 | 書籍情報 | Comments(0)

竹刀の好み・こだわり

竹刀を買うときに気を付けていること
・重さ・・・規定
・長さ・・・規定
・バランス・・・好み
・柄の太さ・・・規定、好み
以上が竹の部分
・柄革・・・好み
・弦の色・・・好み
・その他付属品・・・好み

最近はSSPという安全規格もありますので、安全性は大事だと思います
a0265838_1617752.jpg



重さは竹だけで490g以上のものがほとんどで、組んでもらって510g以上になる
イメージです

さて、私は以前、竹刀の柄革の長さを短くし、柄部分の長さも1.5~2cm弱詰めて使っています
a0265838_15432296.jpg

37の柄を一折してもらい、いっぱいまで入れてちょうどいい感じです

昔の竹刀に比べるとこんなに違います
a0265838_16203454.jpg

学生の頃は柄を短くするだけでしたが、最近は柄革の長さにも多少、手を加えてもらっています

もともと腕の長さが短くて三尺九寸のままだと、構えもぎこちなく、返し胴などのときに
肘がうまくたためないようになってしまうので、こういった工夫をしてもらっています

竹のバランス
これが最も好みが分かれるので何とも言えませんが
私はやや先重(さきおも)かほぼ中央に重心のあるものを
使うことが多いです

柄の太さは、やや細め
学生時代は太いのを好んでましたが、最近、力がないせいか
ちょっと細いくらいでちょうどいいです

胴張りタイプは最近苦手で、振りが多くなる気がしてくるので

再開後は使っていません

基本打ち用に600g超えの竹刀を使うこともあります

審査と稽古は同じ竹刀を使うと思いますが
試合になると、昔のような手元に重心のあるタイプを
使うかもしれません

竹刀も人それぞれの選び方、使い方でしょうから
「こだわり」を語り合うのも面白そうですね

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-04 16:23 | 剣道具のこと | Comments(6)

竹刀の握り・・・私の癖

子供のころは柄頭をいっぱいいっぱいに握るよう指導されてましたが
いつしかこのような握りに落ち着いていました
a0265838_0314228.jpg

柄頭が少し余るような握り方になってます

基本的に困ったことはないんですが
子供のころの教えに反するようで、何となく気になっていました

私の手は
a0265838_0332540.jpg

手のひらが広めで、指は短め
拇指球(親指の付け根のふくらみ)がわりと厚い感じの手です

柄頭いっぱいに握ると
a0265838_035792.jpg

a0265838_0401335.jpg

小指のかかりがちょっと窮屈で、滑るような感じになってしまいます

今の握り
a0265838_0354195.jpg

a0265838_0403223.jpg

柄頭を1cm弱余していることで、柄頭が手のひらにフィットする感じになって
上下にも前後にもずれが少なく安定するんです

賛否両論はあるかと思うのですが、なかなか昔の教えの握りにならずに
今に至ります

他の方々がどんなふうに握っているか興味もあります

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-02 00:42 | 剣道の稽古 | Comments(4)

剣道日本9月号

剣道日本の9月号
a0265838_143429.jpg

高鍋、木和田両選手の世界大会座談会も興味深く
読ませていただきましたが

私のお勧めは
a0265838_1442917.jpg

この特集です

なかなか勉強になります

人気ブログランキングへ
登録しました 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2012-08-01 01:45 | 書籍情報 | Comments(0)