ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

土曜日は病み上がりの状態ではありましたが
いつものように稽古に参加してきました

8段の先生・・・お一人
7段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お二人
中学生・・・お一人

合計5本のお稽古を頂戴しました

8段の先生(小判)
以前、振りかぶりや構えの左手に関してご指導いただいた先生
稽古自体は久しぶりでしたので、思うようには打てませんでしたが
小判竹刀でお願いしました
何本か惜しい面がありましたが、先を取られている感じが強かったです
当たった面もなんとなく軽い感じでいわゆる”手打ち”になっていたようでした
途中からは面の打ち込み
特に打った後、顎を上げないこと、前に体を出して乗り切るように打つことを
ご指導いただきました
確かに、打ちが全然違うのがわかりました
振りかぶりと打った後の姿勢
これには体をしっかり前に出すという作業がいかに重要か再認識しました

7段の先生(小判)
小柄で、す~っと間合いに入ると連打の来る先生
遠間や一足一刀では若い私に多少、分がありますが
こういった上の先生方の得意とする間合いであえて勝負することで
弱い中間や近い間合いでのやりとりが勉強できます
動き始めを打つように集中して間合いに入り、前でさばき
打てるところは打ち、避けるべき部分はきちんと避けて稽古しました
それでも打たれる時は打たれますが、気にせずやりました
近めの間合いでも素早い振りかぶりと一拍子の打ちは有効に
なることがわかりましたが、攻めで崩していないと出小手を打たれました
ここの違いを体得できるよう勉強します

4段の先生(小判)・・・1番目
5段審査を控えた先生
審査を意識して、小細工せずの稽古でした
遠い間合いから一気に攻められると面を打たれました
この辺の入りの早い人とのやり取りはまだまだなようです
十分に張ってからの打突では多少、私に分がありました
何本か相面を制することができました

こちらの先生とは地稽古のあと、剣道形も一緒に稽古しました
久しぶりに形をやりましたが、形の理合いや打ち方を剣道自体の
稽古に活かせると、非常に”整った”剣道ができそうです
また、形もしっかりやりたいと思います

4段の先生(丸型)・・・2番目
古流の剣術もやっておられるらしい先生
こちらの稽古では振りの早い方なので
試合用の竹刀でお願いしました
こちらの先生はどうも普通の間合いでの攻防はできず
どちらかというと打ちあいのようになります
正直なところやりづらいお相手です
互いに打ち合いばかりが目立った稽古でした


中学生(小判)
最近、よくかかってきてくれる中学生
先日来、攻めから打ちのはいりどころや攻め→打ちの早さを
指導してきましたが、どうも早く打とうとすると右手で竹刀を
引き上げる動作になってしまい、力みでかえって打ちが遅くなっていました
また、左手のみで振りかぶり→打突の練習をしてもらい
左手主動のイメージを作り、それから稽古をすると
それまでとは違って、中心に竹刀がくるのでこちらが打ちにくくなりました
それまでは、攻めてすぐに打ってこないのでこちらの打ち込み台のように
なっていましたが、ちょっとした気持ちの切り替えでよい面打ちができるように
なってくれました
来週は試合があるので、ぜひ勝ってもらいたいものです

ということで
充実した稽古をさせていただけました
来週は試合に出られるかもしれないので
調整をしっかりしようと思います

a0265838_8405391.jpg

そろそろ出番になるかも!
昨日も
日光消毒していつでも出動可能です


人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2013-10-28 08:42 | 剣道の稽古 | Comments(4)

柄の短い竹刀

小判型竹刀での稽古も何となくの意義が理解できるように
なってきてますが、竹刀の振り方を矯正するうえで
左手主動とするために一番よいのはどんな方法か?

何人かの先生方のご指導をいただいたうえで
手の内の矯正に小判
左手主動には柄の短い竹刀
という結論になりました

そこで、三尺九寸の長さをそのままに
柄だけ短い竹刀はないものかネットで探してみたところ

ありました

a0265838_1425014.jpg

東山堂さんの通販ショップである
≪剣道具・剣道防具の剣道防具工房「源」≫さんの竹刀で
銘柄は「疾風」

a0265838_14265348.jpg

実戦柄短とあり、長さは三九ですので
現在のように柄元を2cmくらい切って使っている私にとっては
ありがたい竹刀です

ただし、通販なので微妙なバランスを選べないのが玉に瑕といった
ところかもしれません
持ってみたところ手元重心で振りやすそうな感じでした

柄の太さは極端な柄太ではないので握りやすそうです

小判と交互に使い分けていこうと思っています

今週は風邪で体調不良のため稽古はしてませんが
素振りだけは少しずつ継続中

早く治したいと思います

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2013-10-19 14:33 | 剣道具のこと | Comments(4)

週末の土曜日はいつものごとく稽古に行きました
何となく体調がすぐれなかったのですが
汗でもかけば、すっきりするかと思っていきました

7段の先生・・・お三方
6段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お一人
中学生・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目(小判)
前回もお願いした小手打ちの得意な先生
小手打ちを警戒しつつ、面打ちを主体に技を組み立てていきました
素振りを意識して、一拍子の振りで何本か面を打てました
特に印象に残ったのが、一足よりやや遠いところから
ほぼ相手の打ち間に一気に入って一拍子で打ち込むと
小手は自然に掠る程度に流れて、面打ちが決まりました
振りかぶりと打ちの間が狭まったことで効率よく打てた気がします

7段の先生・・・2番目(小判)
一気に打ち間に入って、大きな技がくる先生
久しぶりにお願いしました
この先生にも面打ち主体でお願いしました
少し右に入ってこられるので、動きはじめに
打つようにしました
ふつうに打つと読まれますが、一拍子の面を混ぜると
タイミングが変わるので、いいところで出ばな面を
決めることができました
やはり、一拍子の技は効果がある印象です

7段の先生・・・3番目(小判)
わが道場の最年長先生
しかし、なぜかいつも打たれます
もちろん、速さで打ち抜くことは可能なんですが
これでは稽古として満足できないので
崩して打つことを中心に稽古させていただきました
多少、手元を上げさせたり、崩しかかったところで
面、小手と打ち込むんですが、どうにも「パっと」間を詰められて
元打ちになってしまうことが多くありました
70歳後半に入る先生ですが、そうそう打たせていただけません
中途半端に打てば突きで抑えられることもあり
きちんと崩していかなくてはならないのですが
そればかりに気を取られていると、「あれ?」っというところで
打たれます
難しい先生ですがいつか、思い切り打ち込みたいものです

6段の先生(丸)
いつもボコ打ちされる強い先生
今回は前回ほど打たれませんでしたが
やはり打たれました
小手2本、面1本はいいところだったと思いますが
かなり厳しかったです
私なりに研究して、技を仕掛けるのですが
そうそう簡単にはいきません
ここでも攻め崩しを考えるのですが、余裕をもって
対応されてしまっています
ただ、打ったメンは一拍子の面でした

4段の先生(小判)
5段審査前の先生
審査を意識しつつ、自分の技を出す稽古をしました
何本か勢いよく間を詰められて打たれたところも
ありました
逆に中心をしっかり取って、上から打ち下ろすように
メンを数本決めることができました
この先生とはあてっこをしない稽古ができるので
私の調子を見るのに最も適したお相手といえます
やはり崩しと一拍子
これで決めてます

中学生(小判)
来月の試合を目指して頑張っている中学生
先週は小手-面の打ち方を工夫することを教えましたが
今回はどうも、構えている姿がのけぞり気味でしたので
体重を少し前にかけるように指導しました
背丈もあるので、のけぞらなくてもいいように思いますが
構え自体が守りの構えになってしまっていました
間を詰めたらすぐに打つ練習をしてもらい、こちらも
構えた位置から一気に打って、休ませないように稽古しました
攻める構えと守る構えの違いを教えるのって非常に難しいです
私自身がもっと勉強しなくてはいけません・・・

ということで、体調の悪さを忘れる稽古ができてしまいました

今日は晴れていたので、防具を日光消毒です
a0265838_15331267.jpg

ちょっと臭みが取れました^^


人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2013-10-14 15:33 | 剣道の稽古 | Comments(2)

一拍子の素振りとは?

最近、素振りで気を付けていること
それは”一拍子で振る”こと

今まで、大きく振りかぶって拳の位置を確認しながら
振っていました
(窓に映る自分の姿を見ながらです)

昔の癖で、振りかぶったときにちょっと右に竹刀が
ぶれることがあって、この癖を直すために
二挙動の素振りがメインになってました

つまり
振りかぶり→打ち(振りおろし)
という感じでした

あくまで矯正のポイントが左右のブレを防止することと
大きく振って筋力upが目的でしたので、それはそれでよかったんですが

現在、小判型竹刀を一挙動できちんと振れるようになるため
左主動での振りを体に覚えさせることが目的になってますので
竹刀ではなく、木刀での素振りにしてます

振りかぶるときに、気を付けているのは木刀の剣先が下を向かないようにすること
左拳よりも剣先が下がらないようにすることで、左拳を中心とする扇型を描く
イメージで振ります
このとき、いつも感じるのが、振りかぶりが浅くなったように思えること
窓に映る自分の姿を見るとそれほど小さく見えませんでした

なので瞬間的に扇型を描くように振りかぶった瞬間に振り下ろす
作業に移らせtます
左拳を上げて下げることで、これまでの素振りよりも
疲れます・・・

この素振りは非常に疲れます

これまで二挙動で振っていた時に気づかなかったんですが
一挙動での左手にかかる負担は2倍になる感覚です

これが身に着くと、竹刀の振りが早くなりそうな予感がします

a0265838_2311791.jpg

久々に使ってみてます
やはり使いやすいですね
防具が動きに与える影響が大きいこと感じます

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2013-10-12 23:02 | 剣道の基礎体力トレーニング | Comments(6)

週末は普段通りに土曜日の夜、稽古に行きました

7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お二人
中学生・・・お一人

合計5本のお稽古を頂戴しました

土曜日は暑くはなかったのですが、道場内は妙に
湿度が高くて、稽古中にちょっと気分が悪くなってしまいました

夏場は注意していたんですが、すごく汗を掻いていたので
もしかすると軽い熱中症だったかも・・・

まだまだ注意が必要なようです

さて、稽古です

7段の先生・・・1番目(小判)
先日もお願いした小手打ちのお得意な先生
今回も小判竹刀で稽古させていただきました
前回よりも面技主体に組み立てて稽古しました
表、裏それぞれから一足よりちょっと遠目の間合いから打ったり
その辺から一気に打ち間に入って打ったりと入り方を変えながら
稽古しました
何本かいいところを打てたのですが、やはり、振りかぶっての面が当たり
手打ちになったところはことごとく弾かれたり、出ばなを小手に切られるなど
今までとは違う打たれ方でした
振りかぶりの妙を感じた稽古になりました

7段の先生・・・2番目(丸型)
隣の剣連の先生
久しぶりにじっくりとお稽古させていただきました
中間で打ち急がないこと、思い切って面を打つことを
心がけて稽古しました
初太刀の出小手はタイミングこそまずまずでしたが
ちょっと深め
裏から一気に打ちに行った面はいい面でした
ただ、その後は入りで警戒されて、長身を活かされて
面をあわされたり、小手を押さえられたりと
なかなかいいところが打てずじまいでした
攻めのパターンが単調になってしまったかも・・・

6段の先生・・・1番目(小判)
中心の攻め、守りが堅く伸びのある打ちが来る先生
久しぶりにお願いしました
敢えて、打ちにくい小判竹刀で挑戦です
中心の取り合いで無理をして打ち込まれることが続きました
そこであまり力技を使わずに、攻め合いのための攻め合いをやめて
少し間を詰めながら打ちに行くパターンに変更
すると相手もちょっと嫌だったのか、応じ技中心の対応に変化
何本も打たれましたが、こちらも何本か小手、面と打つことが出来ました
ただし、打たれた感の強い稽古でした

6段の先生・・・2番目(小判)
小柄で一気に間を詰めて打ちにくる先生
一足から急に入ってくる先生なので、入りに要注意
ここで慌てず、動きを見定める必要があります
無理に合わせると打たれるので、起こりばなをたたくように
組み立てました
強引な入りの時は、きちんと間を切って余すようにしました
前からなかなか合気になりにくいのですが今回は
ギリギリの間で、起こりを打つようにしました
出小手は数本打てました

中学生
そろそろ秋の大会前でがんばっている様子
試合に使える組立と技の出し方を教えながら
強く打ち切ることをわかってもらえるように稽古しました
まだ、攻めが強くないので、打つ前のことを細かくいうより
相手の構えを崩すための打ち方を教えてみました
ただ、稽古ではいい感じにできていたことが
同級生との試合稽古では打ち急ぐあまりに打ちが軽くなり
何度も同じことをしていたために、抜きメンなどをもらってました・・・
”伝えることのむずかしさ”を感じました

小判型竹刀と丸型竹刀をお相手によって変えながら
大強速軽の打ちを目指して稽古してます
特に小判型竹刀では体で打つようにしないとうまく打てません
まだ体がついていっていない感じ・・・
なので素振りでの工夫をしながら稽古を積んでいきたいと思います

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

a0265838_0365725.jpg

これまでの柄革は30.5~31cmくらい
今回の小判型は敢えて30cmと短め
より左手の動きを意識した打ちを目指してます
[PR]
by kendo-ojisan | 2013-10-08 00:38 | 剣道の稽古 | Comments(4)

先日、平日の稽古に行けましたが、記事にするのが遅くなりました
なぜなら、すごく疲れたから・・・

仕事も今、忙しくて休日も仕事になることもあり
十分な休養を取れないままに稽古に行くことが増えました
しかし、稽古を休むと余計に疲れる気がして
できるだけ稽古するようにしてます

今回は
7段の先生・・・お三方
5段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お一人
3段の先生・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

このうち、4人の方とは小判型竹刀を使いました

7段の先生・・・1番目(小判)
小柄で、小手打ちがお得意の先生
久しぶりにお稽古させていただきました
小手打ちが来ることはわかっているので
やや遠めの間合いから面打ちを主体に組み立てました
時折、小手、小手-面を交えましたが、小判型竹刀で
手首のスナップだけでは打てないので
出小手は数本いただきました
多少なりとも手元を上げて”振るかぶる”作業が入ります
実は一本だけ素振りのように大きくもコンパクトに振りかぶって
打った面はいいところに入りました
この一本でさらに確信できたのは”きちんと打つ”ことの重要性
手の内がきちんとできていないと打てない状況の打開が必要なこと
修行にはもってこいになってきました

7段の先生・・・2番目(小判)
面技、小手技、連打と早い技のでる先生
細かい打ち合いはいまの時点で難しいので
素直に攻めて打つ稽古をしました
小判型での二段打ちは結構、難しく、思うような速さで
打てません
この稽古では胴打ちも出しましたがうまく打てません
しっかり手首を返さないと”平打ち”になり、あたりも姿も悪くなります
出小手は数本打たれました
最後に面が2本くらい打てましたが、これは出ばな面と小手~面のわたり際の面でした
ともに小さく振りかぶっての面打ち
やはり、振りかぶる作業は必要で手打ちはできません

7段の先生・・・3番目(丸型)
長身で懐がふかい先生
途中で竹刀を変えて稽古してみました
”振り回す”ことは容易になりましたが、逆に
しっくりこない感じもします
連打、フェイントからの技なども普段どおりにやりましたが
妙にしっくりきませんでした
小判のときのほうが落ち着いてできているような
無駄な動きがなくなったような
そんな違いを感じました

5段の先生(丸型)
まっすぐで勢いのある攻めから打ってくる先生
こちらは試合があることも考えて、あえて丸型
お互いに、面、小手を中心に前に出る技での稽古でした
やはり同年代の方と”勝負”しながらの稽古は楽しいですね
いいところを打ったり打たれたりの稽古でした
出小手と出ばな面はいいところを打てたように思います
試合もあることなので、実戦を想定した稽古でした

4段の先生(小判)
小柄な女性の先生
小判型でしっかり打つ稽古を心がけました
女性の方は、打ち間も速さも違うので
敢えて、相手の間合いで打つことにして
技の起こりを取らえるように面打ち主体に稽古しました
やはり中心をしっかり体で取れているときは面が打てますし
少しでも外れていると打てません
竹刀はしっかり振りかぶると丁度、女性が打ってきたときに
相面のタイミングになったので、その差がはっきりしました

3段の先生(小判)
そろそろ四段の審査を控えた先生
お先に昇段させていただいたので、段位に見合った剣道で対応しようと思いました
立会い稽古をしましたが、約1分の稽古だと数本の打ちが出せるかどうかと
いった短い時間
中心を押さえつつ、しっかりと面打ち、小手打ちを出しました
さらには残心までの動きも少しでも伝えられればと思い
抜けて残心までしっかり打ち抜くように稽古しました
立会稽古のあと、相面を打つ稽古をしばらくやりまして
相懸り稽古のようでした

これだけだと普段の稽古と変わらないように思えるのですが
小判型竹刀だとしっかり振りかぶる、または振り下ろす
これを一拍子で行うには”背中”を使った打ち方になり
かなり体に負荷がかかります
なので普段以上に疲れました

今夜も稽古の予定ですが、小判をできるだけ使って稽古の
予定です

a0265838_17175586.jpg

涼しくなってきたのでそろそろ使おうかと思ってます


人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2013-10-05 17:18 | 剣道の稽古 | Comments(2)

小判型竹刀の使用感

話は1か月ほど前に遡ります
8段の先生が私が鏡の前で素振りをしている姿を見て
「kendo-ojisan君、素振りをするときにこうしたらもっと大きく速く打てるようになるよ」
っと教えてくださいました

それは
・構えの左手をやや下げる
・左手を額につけるように振りかぶる
・振りかぶった際に竹刀の先が左拳より下がらない
・振りかぶりから打ちまでを一拍子で
・左手を額から下におろすときに素早くする

こうすると肩を十分に使った大きな打ちができるようになり、腕の長さを
最大限に活かした伸びのある面打ちになるそうです

竹刀の先端が走るイメージを持つこと

これを可能にするには左手を上から握り、手の内をきちんとできていないと
冴えが出ないとのこと

そこで思いついたのが「小判型竹刀」
だったのです

柄の形状は楕円で縦長で前回の記事に出した写真のようです
横に並べて丸いのと比べると
a0265838_22164869.jpg

幅の違いは一目瞭然です

握ってみると木刀のような感覚でした
さらに柄の端っこで握っても滑る感じがしなかったです

稽古の中で面打ち、小手打ちが丸い竹刀と異なり
手首の動きだけでは打てないことに気づきました

また、胴打ちは正直、難しかったです
きちんと手首を返していかないと刃筋がたちません

ここまで書いていて、さらに気づきました

私は丸い竹刀でかなりいい加減に打っていたこと・・・

しっかり手首を伸ばして打つことにこだわりすぎたせいか
手首だけでの打ちが多くなり、刃筋が立った打ちになっていなかった
可能性が高いです

ここ一年半、ずっとこれだったとすると、当てっこ打ちを稽古していたことに
なってしまいそうです・・・(猛省・・・)

しばらく、この竹刀で稽古をしていきたいと思います

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
[PR]
by kendo-ojisan | 2013-10-01 22:25 | 剣道具のこと | Comments(4)