人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

年末に向けて・・・

夏場の稽古で塩を吹いてたミシン刺しの面を
先日、洗濯に出しておいたんですが
今日戻ってきました

a0265838_13334588.jpg
皮膚に触れている内側の塩もなくなりきれいになりました

a0265838_13345448.jpg
洗濯に出すたびに感じるのが、面が軽くなること
染み込んだ汚れが取れて、軽くなります
お願いしているお店では”ほぐし”もしてもらえるので
一度、乾燥して硬くなった生地や芯材が柔らかくなって
戻ってきます

洗い縮みが感じられず、使いやすくなります
この面は冬場はたくさん使わず、春から夏の汗が多くなる時期に
出番が増えます
たまに使いますがしばらくお休みです

交互に使いまわすことで傷みが少なく長持ちすると思われます
大事に使っていきます

年末に向けて、道具のメンテも本格的にしようかと思ってます
稽古用に使っている垂の角革も擦り切れて、芯が見えてきているので
大きな穴にならないうちに修理をお願いしようかと思ってます

明日から師走
今夜は11月最後の稽古をする予定です

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します


by kendo-ojisan | 2013-11-30 13:44 | 剣道具のこと

土曜日につづき、日曜日も稽古に行ってました
先日10日ぶりの稽古はふがいなかったので
少し詰めて稽古しようと思ったからです

7段の先生・・・お二人
6段の先生
4段の先生
中学生

合計5本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
中心からの攻めで面、突きとちょっと強引でも打ってくる先生
前回の稽古の延長で無駄打ちせず、攻めて、我慢して打つことを
心掛けたつもりでした・・・
ちょっと打ち遅れが目立ってしまい、今回はずいぶんと
打たれました
稽古後、いつもより元気がないと・・・
無駄打ち防止策が居着きになってしまっており
そこを打たれた感じでした・・・難しいです

7段の先生・・・2番目
中心を張って、ドンっと大きな技の来る先生
先をかけて、打つようにしようと方向修正
しかし、先の先を打たれたり、いいところを出ても
余されたりしてました
動きが見えている?
そんな中、一本、動き始めの先に面を打てました
今回、いいところはこれだけ
あとは攻めにうまく引き出されていた稽古でした
やはり高段位の先生方の妙義に悩まされました・・・

6段の先生
技の多彩さと状況による使い分けの妙がある先生
数合までは打ったり打たれたりのような感じでした
一本、いい出小手を打てましたが、ここからが大変
攻めの緩急と連打、かと思えば上下の使い分けで
自分のペースで剣道をさせてもらえませんでした
翻弄されるとはまさにこの状態・・・
とにかくめまぐるしく変わる展開についていけず
ボコボコに打たれました・・・

4段の先生
まっすぐな技で勢いよく出てくる先生
先日の審査は残念だったそうで・・・
でも、いい面打ちがあるんですけどね・・・なんで落ちたのか?
相手のいる対人競技ですからなかなか難しいものです
稽古はできるだけ合気になるよう気を付けて、面を中心に
相打ちに近い技の出し方で稽古しました
この稽古では7:3くらいで私の面が決まってましたが
ちょっと途中で基本的な動きの練習を入れたのちは
打ちあって5分でした
やはり勘所を思い出すといい技がお互いに出せて
いい稽古ができました

中学生
最近、毎回かかってくる子です
今回はほかの先生のところで基本的な打ち方の修正を
していたので、機会に関して厳しく対応しました
早打ちは応じ、居つきや起こりは完全に抑えるようにして
かなり苦しんでました
意地悪なようですが、ここをきれいな打ち方で先の技をだせるように
していかないと先が見えてきません
部活でやっている子ではないので少ない稽古のときにはちょっと
苦しんでもらってます
しかし、伸び盛りですので、危うく面をもらいそうになりました
がむしゃらに打った一本がどれだけ意味があるかを早く感じて
ほしいと思ってます

ということで今回も充実した稽古ができました

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

a0265838_14122811.jpg
関東三階松に毘沙門亀甲(濃紺×茶色)
突き垂のほうが色がくすんできましたが
胴のほうはいまだに鮮やかです

by kendo-ojisan | 2013-11-27 19:34 | 剣道の稽古

昨日は勤労感謝の日でお休みでした
道場も午前からの稽古でしたので、朝寝をせずに起床しました

7段の先生に4回懸ることができました

7段の先生・・・1番目
小柄ですが面技主体の先生
打ち気の強い先生ですので、ちょっと遠い間合いから
仕掛けることを心がけました
距離が近くなると手数も出る方なので、不用意に間を詰めないよう
遠めで張りながら、交刃の間で打てる準備をしておくような感じです
最初、合気で相面でしたが、乗られました
その後、数合して飛び込み面を一本決めることができました
やや遠い間合いで構え一足一刀よりやや遠いところで一気に打てました
その後は、小手をもらったり、急いて胴を抜かれたり・・・
最後の一本は出小手を決めることができました

7段の先生・・・2番目
審査直前、気当たりのきついお師匠様
今回は前回のご指導を念頭に、練ること、中心の取り合いで待たずに攻める気持ちで・・・
いや〜本当に難しい・・・
間を詰め、打つ前の造りをいかにするか
打ちを出せば弾かれ、遅れれば打たれ・・・
それでも少しでも押し込まれないよう我慢する・・・
だんだん、攻め込まれ結局いつものように打ち込まれて終了

ただ私のような者がいうのも何ですが、お師匠さま
今回、これまでの審査前とは一味違う感じがしてます
なんとなく合格するような気がします

7段の先生・・・3番目
柔らかい印象の構えから鋭い連打の来る先生
久しぶりにお願いしました
この時もできるだけ遠くから入ることと間に入ると
同時に打ちを出せるような入り方を念頭に置きました
やはり、遠い間合いで打ちだした技は当たる印象でした
何本かそういった面打ちが出せたので徐々に感触は
つかめてきている感じです
ただ、稽古後頂いたご指導で
どうしても防御が先にでてしまう傾向があると・・・

ついつい、反応してしまうんです

打たれることを嫌がってるようにも映っているんですが
反射的なもので、なかなか治せませんが、できるだけ
防御姿勢を取らないように稽古していかないといけませんね

7段の先生・・・4番目
小手打ちの得意な先生
いつもお願いしているのでお互いに手の内はわかっています
ただ、このところ攻め方を変えています
小手は返して面打ちしてみたり、間合いを遠くして面打ちしたり
連打のときに少し早さを変えたりと工夫しながら稽古してます
今回も色のない面打ちと小手から面移るわたり際を小手に切ったりと
いくつか新たな技も組み込んで稽古しました
最後は出小手を取られてしまいましたが、面打ちが良くなってきていると
感想をいただきました

気持ちの問題をどのように変えていけるか
簡単なことではありませんが”四戒”を脱する稽古ですので
今後にかかわる重大事です
しっかり考えながら取り組みたいと思います

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します


a0265838_19163328.jpg
刺し子の小手・・・軽くて使い勝手がよいです
8mm刺しでクッション性もよく、重宝してます
 

by kendo-ojisan | 2013-11-24 19:18 | 剣道の稽古

昨日の晩は久しぶりに稽古に行けました
7段の先生・・・お三方
中学生・・・一人

合計4本のお稽古を頂戴しました

10日ぶりの稽古でしたので、数ができませんでした・・・

さて、稽古の内容

7段の先生(小判)・・・1番目
まっすぐな構えからす〜っと早い技のくる先生
早さも連打もある先生ですので、しっかり攻めていくことを心掛けました
立ち合って、初太刀を面に飛びましたが届かず・・・
仕切り直したら、小手-面がきまして、浅めでしたが面を打たれました
こちらがグッと間を詰めた瞬間でしたので、防御が遅れました
数合あって、一足一刀の間合いから思い切り面を打つと、浅めでしたが
面を打てました
先生が出てくる瞬間でしたので、いい感じの技でした
その後もおしい面打ちが何本か出せましたので、久々にしては
よい感じのスタートでした

7段の先生(小判)・・・2番目
八段審査を控えた、お師匠さま
私の前に稽古していた方もそうですが、昨日のお師匠さまは
猛烈にきつい攻めでした。
迫力があり、気が前に出てくるような感じの構えで
完全に八段モード・・・
どれだけ前に出ようとしてもガンガン打たれてしまい
結局、先の技が出しきれない・・・非常に苦しく、もどかしい状態なんですが
早打ちになると応じられたり、待ちになったら突きがくるという
厳しい稽古
怖い・・・そんな感じでした
最後は打ち込みをびっしりやって、完全に息が上がりました
 
稽古後、攻め、作り、練りの部分が足りないとのご指導をいただきました
捨てて打つこと 打たれることを嫌がらない稽古を目指すこと
これが一皮むけるのに必要なことだとご指摘いただきました

攻めているつもりで間を詰めても、剣先に力がないせいか”遣われた”状態になってしまう・・・
吸い寄せられるように出ばなを打たれる・・・

構えているだけで息があがった稽古でした

7段の先生(小判)・・・3番目
比較的近間での攻防になりやすい先生
竹刀の振りが早い方なので、振ってあてる稽古をせず
振って打つ稽古を心掛けました
小判型竹刀の扱いも徐々に慣れてきてはいるのですが
なかなか、うまくは打てない感じです
打ち間になるとかなり厳しい技がくるので
やや遠い間合いで仕掛けるようにしましたが
中心を割り切れずに、面に竹刀が届きません
力みもあったのか、竹刀が立ってしまっていたように
思いました
面主体に攻めて、時折、小手を出したり
胴を出したり・・・結局、満足な打ちが出せませんでした
しかし、疲れ切ったあとの最後の面打ちは大きな剣先の動きで
遠目の間合いからしっかり打てたので、これを忘れずに次回の
稽古に臨みたいと思います

稽古後、まっすぐでよい面打ちだが、竹刀が立っているので伸びがない
そのため、最後の面がでるまでは当たらなかったとご指摘いただきました

中学生(小判)
全体稽古のあと、個々に自由稽古をするのですが
このところかかってくる子がまた来てくれました
以前より、背筋が伸びて、背丈が大きくみえてよい感じ
しかし、打ちがよろしくない・・・
早く打とうという意識が強いのか、打ちが軽く、残心がないため
どうにももどかしい
こちらとしては打つ機会を教えながらも、要所要所で
ビシッと面を打つようにして稽古しました
打ち終わりで腕を縮める癖がある子なので
・しっかり伸びて残心をとること
・一本!っと思ったら、大きな声でアピールすること
を指導しました
また、鍔迫り合いからの技もただ打つだけではなく
手元を上げさせたり、抑えたりしながら”仕掛ける”ことと”打てる間合いを確保する”ことも
指導しました

ちょっと長い稽古になってしまいましたが、本人もめげずによく頑張ってくれました

ということで少ない人数でしたが、十分、きつい稽古になりました

次回は週末の予定です

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
a0265838_13115576.jpg
購入直後の試着・・・そろそろ1年経ちますが、面も小手も体に馴染んできました

by kendo-ojisan | 2013-11-21 13:14 | 剣道の稽古

袴のひも・・・

今週は急な仕事や家庭の事情もあり、稽古はお休みです
仕事が忙しかったせいか、体も疲れているので
ちょっと骨休みとします

さて、経験のある剣士の方々はご存じの方のほうが
多いと思いますが、最近、剣道を始めたお子さんをお持ちの
お父さんやお母さん、中学生や高校生で初心者の方には参考に
なるかもしれません

袴のひもの扱い方というか畳み方
袴の股の部分を織り込んで、後ろ側の折り目をきちんと合わせて袴を
床のうえにまっすぐに置きまして
前側の五本のひだを、きちんと折り目通りに折って仕付けますと
その後もきれいなひだが保てます
両端を前方に左右から織り込んで、さらに裾から2回織り込んだ状態にします

腰板を上にして、長い前側の紐を写真のように畳みます
a0265838_21245074.jpg
後ろ側の短い紐はこのように、束ねた前の紐の下を通して

by kendo-ojisan | 2013-11-16 21:49 | 剣道具のこと

一目惚れ・・・

春先に見かけたこの色合い

a0265838_08482042.jpg




漆塗りですが、変わった塗り方です


かなり古い作だそうで、もう同じように塗るのが
難しいとか・・・
よい漆、よい環境、よい職人
これらがそろわないとできないそうです

できれば買いたいのですが・・・先立つものが・・・

貯金に励む毎日です
人気ブログランキングへ

励みになります 宜しくお願い致します
by kendo-ojisan | 2013-11-13 08:53 | 剣道具のこと

土曜日はいつものように稽古に行きました
夕方、家を出るとき寒くなってきてまして
いよいよ立冬も過ぎて冬の気温です
今年は夏が長くて、秋はちょっとだけ・・・すぐに冬
四季が何となくアンバランスな感じがしますね

さて昨日は
7段の先生・・・お一人
6段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お二人
3段の先生・・・お一人
中学生・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生(小判)
このところよくお願いする小手打ちの得意な先生
出来るだけ打ち間に入ることを最初意識していたのですが
どうも間が詰り過ぎたので、遠間で早めの仕掛けに変更して稽古しました
そこで、相手が動いたら打つように心がけたのですが
これは意外といい感じでした
面もいいタイミングで打てて、面が避けられるようになったら小手に切り替え
完全な一本となる技は1~2本でしたが、タイミングよく体が出せた技が
何本もあったので、次回につながる稽古になったように思います

6段の先生(柄短)
こちらは久しぶりにお願いした中心からグイグイくる先生
初太刀の面を打たれ、攻めのきつさは痛感しました
その後、数合して自分らしく攻めることができて
相面2本は決めることができました
相面での勝負はある程度お互いに十分な間合いで
合気になっての打ちですので、入りも打ち出しも勇気が要ります
こういう稽古を繰り返していけばきっといい剣道が身に付くように
思いました

4段の先生(柄短)・・・1番目
うちの若手の先生、今月5段審査予定
審査まえの先生ですので、こちらも審査を受けるつもりで
稽古しました
中心をしっかり取って、思い切って技を出すようにしました
スピードでは負けるのですが、何本か面は打ちきれました
出ばな面はもらうのですが、右から斜めに来る面だったので
何となく打たれた感じがせず、その後もグイグイ攻めていきました
お相手はちょっと打ち急ぎの感があったので、稽古後に
もう少し溜めた打ち方をしたほうがよいのでは?っとコメントしました

4段の先生(小判)・・・2番目
久しぶりに稽古に来られた先生
長身でリーチがあり、不用意にいくと上から竹刀が
飛んできます
ただ、久しぶりのお稽古だったようで、居着くシーンが
多かったように思います
出に合わせて面技を主体に打っていきました
面は何本か打てましたが小手を抑えられてしまったので
打ちだしは素早くしないと反省でした・・・

3段の先生(小判)
今月4段審査を受ける予定の先生
こちらも審査前の先生
構えはまっすぐで姿勢もよい方でした
初めてうちの道場に来られたそうです
しっかり中心を取って、できるだけ相面を狙う
組立で稽古しました
やや出足が弱い印象でしたが、小手-面などの
二段技は冴えがあり、思い切って打ちが出れば
合格できそうな剣道でした

中学生(小判)
このところ毎度懸ってくる中学生
以前より姿勢はよくなってきてますが
打ち急ぎがあり、崩しがないのでなかなか打ちきれない
印象です
崩しのパターンをいくつか教えました
・剣先を上げさせる
・剣先を下げさせる
・剣先を開かせる
とりあえずわかりやすいものを3つ教えて
このような状態にするように”相手を動かす”作業を入れて
打つように指導しました
しかし、大人でも難しいこの作業をうまく伝えることが難しく
今後の稽古の中で少しずつ理解してもらおうと思います
中学生の指導はなかなか難しいです
こちらも勉強ですね・・・

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します





最近使っていませんが、軽くて楽です
試合のときなどは重宝します

a0265838_15484298.jpg

4mm刺し 実践型
by kendo-ojisan | 2013-11-10 17:22 | 剣道の稽古

月曜日、午後から試合の予定でした
団体戦の”補欠メンバー”だった私は
午前中の基本稽古をしてから試合会場に
向かうことになってました

午前9時
道場に入り、素振りから基本打ち

切り返し×2回

面打ち3本×3回

小手打ち3本×2回

小手-面打ち3本×2回

胴打ち3本×2回

面に対する応じ技3本×2回

小手に対する応じ技3本×2回

切り返し×1回

書くとそれほどではないのですが
実際にやると結構、息が上がります

昼食をはさんで
会場入りして、アップの目的で
軽く打ち込み

試合は・・・皆さんの調子もよく、けが人も幸い出ませんでしたので
出場機会はありませんでした・・・

残念でしたが、こればかりは仕方がないですね

ただ、補欠要員のむずかしさは勉強しました

まずは、対戦相手のチェック作業
隣のコートでやっている試合をちょこちょこ見ながら
次戦の自分に相手になりそうな選手の剣道を見て
試合の組立てを考える
同時に、自分のチームの応援と、意外と忙しい・・・

学生のころはあまり補欠になったことがなかったので
気持ちのテンションを一定のレベルで維持しながら
いざ、出場となった時には短時間に”やる気”モードに上げる
いつでも出られるよう体もなまらせずにおく・・・
ほとんど休み時間なし
何もしていないようで、喉だけやたらと乾きました

昨年の大会は見学
今年は補欠で
来年こそ、メンバーで!!

別の大会が2月にあるので、しばらくはそちらを目標に稽古をしていくつもりです

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

a0265838_23702.jpg

少しずつ藍色に変化が・・・
刺し目がきれいに見えてくるのも手刺し防具の
よさの一つです
by kendo-ojisan | 2013-11-06 23:07 | 剣道の稽古

土曜日、2日の晩はいつものとおり稽古に行きました
試合も近いため怪我のないように無理しない稽古としました

7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お一人
中学生・・・お二人

合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生(柄短)・・・1番目
小手のお得意な先生
柄短竹刀でお願いしました
今回も面技中心です
試合も近いことなので、防御にも意識をして稽古しました
防御といっても、避けるより、打たせないこと
つまり、打突をさせないような間のつぶしと竹刀を殺す前に出る
防御を実践しました
このせいかちょっと力みが強くなってしまった気がします
実際の打ちはまずまずの結果でした
面打ちは何本かいいところで打てました
あと、下から攻めて手元が上がった瞬間に小手を打てたのが最大の成果でした

7段の先生(丸型)・・・2番目
我が道場最高齢の先生
試合前でしたので、あえて早さで打たせていただきました
面を何本か打てましたが、先生の攻めが効いていて
容易ではありませんでした
今回はあまり打たれませんでしたが、独特の呼吸と間合いの
やり取りは熟練の技なんですね・・・簡単ではない稽古でした

6段の先生(丸型)
技師で巧者な先生
試合を意識して3本勝負
結果は負けでした
しかし、いいところもありました
突きが来たところで引かずに面を打てたことは試合前としていいことです
居着いたところで面を打たれたり、一気にくるかと思ってちょっと防御に
入ったところを小手など
試合で気を付けるべき場面をしっかり打たれました
勉強になった稽古でした

4段の先生(柄短)
5段の審査前の先生
出来るだけしっかり作って合気で打つことを意識して
稽古しました
打ちたい気持ちを押さえて、しっかり作る
これは実力差がないときほどうまくいく気がするんです
最初はなかなか合気にならなかったんですが
中盤から何本もいい相面がありました
こうなれば、その先で打つことでいわゆる気剣体一致の打ちが
できるような気がします
是非、合格してくれるとよいのですが・・・

中学生(柄太)・・・1番目
試合前日の中学生
今日は余計なことはせず、攻め→打ちのタイミングを
早くすることのみ
力の伝わってくる面打ちを出してもらえるよう
機会を作る感じで稽古しました
さて、試合の結果が気になるところ・・・

中学生(柄短)・・・2番目
初めてかかってきた中学生
ちょっと体重が後ろにかかっている
その割に、近間で連打を出してしました
なので、出ばな面、小手としっかり打ち込んで
攻めて前に出てくるよう促しつつ、攻めで追い込んでいく
ように稽古しました
なかなか難しいものです

ということで土曜日も稽古ができました
昨日の全日本選手権も見て、試合のむずかしさを感じつつ
今日は試合に行ってきます

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

a0265838_7593682.jpg

今日はこの小手で行ってきます
軽くて使いやすいです
by kendo-ojisan | 2013-11-04 08:00 | 剣道の稽古

優勝
東京都代表 内村選手 (通算3度目)

2位
千葉県代表 小谷選手

3位
北海道代表 安藤選手
3位
東京都代表 正代選手


ベスト4は内村選手以外は初進出の選手でフレッシュな印象でした
特に新卒の安藤選手は昨年、国士舘大4年時に全日本学生選手権を制していたので
上位にくると面白いと思っていました

神奈川の勝見選手や大阪の古川選手、萩原選手にも注目してましたが
それぞれが持ち味を出していたように思います

人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
by kendo-ojisan | 2013-11-03 18:27 | 雑記