ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

平成25年稽古総括

平成25年は68回の稽古を行いました
前年がおそらく40回程度でしたので約30回ほど多く稽古できたことになります
昨年は11月に腰椎椎間板ヘルニアの悪化により入院し、12月はリハビリ稽古
という状況でしたので、本腰を入れたのは年明けから・・・

2月の昇段審査を目指して恐る恐る稽古を再開して、徐々にエンジンをかけるような
そんな日々でした

2月中旬に20年越しの四段審査に合格しました
絶対に打つ、打つ、打つと念じながら
立会いに臨みました
緊張よりも相手に集中すること
審査員の先生方の目の前で出し切る
そんなことを考えていたように思います

合格発表を見たときにはホッとしましたが
立会いは自分でも驚くくらい、自分らしく剣道ができた気がします

その後、試合があったり、近所の小学校の稽古にお邪魔したり・・・
剣道を通じて新たな人のつながりもできて、道場以外でも連絡を
取る方も増えました
同好の士とのお付き合いは非常に楽しいものです
これも、稽古再開時に何の壁もなく仲間に入れてくださった剣連の諸先生方の
おかげと感謝しております

四段をいただいたからにはあと3年の間に五段以上の力をつけて
五段昇段を目指す気持ちで稽古を続けています
さらなる高みを目指して、地道に稽古を続けようと思います
技術的には、最近気を付けている面打ちの前の入り、つくり、攻めの効果を
体得しその他の技にも応用できるようにすること
精神面としては姿勢を崩さず、下がらないようにすること・・・壁を背負わない稽古を目指そうと思ってます

ということで今年の総括でした




剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します
a0265838_22130045.jpg
今日は天気が良かったので日陰干ししました
新年の稽古はうまく行ければ2日の午前かな~

[PR]
by kendo-ojisan | 2013-12-30 22:15 | 剣道の稽古 | Comments(2)

我が家のサンタクロースは25日未明にサンタさんのプレゼントを待つ
二人の娘たちにプレゼントを置いて、静かに立ち去ったのでした
25日の朝、長女も次女も起床して気づきました
「お父さん、サンタさんが来てくれたみたい」
とプレゼントを持ってきました

さて、クリスマスの行事が終わり、昨日は稽古に行けました

8段の先生・・・お二人
7段の先生・・・お二人
5段の先生・・・お一人
高校生・・・お一人
中学生・・・お一人
合計7本のお稽古を頂戴しました

いや~疲れました

8段の先生・・・1番目
猛烈な気迫が押し込んでくる先生
たぶん、年内にお願いできる最後かと思いお願いしてきました
感想はきつかった
しかし、きついだけではなく、今年の集大成的な要素を感じられた
稽古になりました
・前に出ていくこと
・打たれても打ち返す
・攻められたら攻め返す
・自分の間合いで打つ
・遅れても姿勢を崩さず応じる
これまでの課題をすべて出して、実行できました
有効打突といえそうなのは1本くらいでしたが
がむしゃらに向かっていく稽古をしました

稽古後、攻めるうえで我慢が不足している
間合いが近いのは注意すべきとご指導いただきました

最後に一言 「今日はいい稽古だったよ」

初めてのお褒めの言葉がいただけました
仕事を褒められるよりも嬉しく思いました
すごく自然な喜びでした

8段の先生・・・2番目
前に来る圧力がすごく強い先生
こちらも久しぶりにお願いできました
何とか相打ちをしたいと思って先をかけていきましたが
玉砕・・・
打たれました
打ち気が強すぎたかもしれません
しかし、そんな中でも以前より進歩したのかな~っと
感じたこと
・姿勢が崩れきらなかったこと
・打たれても前に出ていた場面が増えたこと
これまでの稽古では勢いに押されまくって
縮むように稽古が終わっていたんですが
昨日は最後まで立って稽古ができた感じでした
ようやく剣道の稽古になってきた気がしました

7段の先生・・・1番目
昔から苦手の先生
どうも、この先生は昔から苦手でした
攻めてもうまく凌がれてしまい、妙なところで打たれるんです
今回も払い小手を数本打たれてしまいました
こちらの攻めた面は確かに打てるんですが、完全な一本は
1本あったかどうか・・・
ものすごく強い印象はないんですが、どうもいつも打たれています

稽古後 打ちの動作が大きすぎるとご指導いただきました

強く大きく早い打ちを目指して最近あえて大きく動作していたんですが
大きすぎのようです
もう少し、コンパクトにまとめるようにしてみたいと思います

7段の先生・・・2番目
前回は出ばな面を打たれたのでリベンジするつもりでお願いした先生
前回の稽古では、思いっきり出ばな面をもらったのが悔しくて
今回はお疲れのところ無理無理にお願いしました
疲れ切ったのを待ったというわけではないんですが
年内に一太刀浴びせたいという思いで稽古しました
そのチャンスは初太刀にありました
前に少し間を詰めると、触刃の間合い普段ならここで一気に詰めるんですが
今回はあえて左足を少しだけひきつけて、我慢
相手がさらに詰めてきたところで一足よりやや遠い間合い
ここで一気に小手-面と行きましたら、面が打突部位をとらえました
すり足で抜けて残心
自分的には「よし」でした
その後も互いに打ち合いながら稽古終了となりました

稽古後 今日は打たれたな~っと一言いただきました
次回が荒れそうですが、また、がっちり稽古したいと思います

5段の先生
手の内が強く、勢いのある技が持ち味の先生
早さでは完全に分が悪いので、居つきを狙うような形での稽古でした
そうなると中心を外さず、前に出て攻めの姿勢で
居続けることになります
居着きを狙った面を2~3本は打てた気がします
しかし、10歳以上若い先生ですから、簡単ではありません
我慢して攻めて構えを崩さず、心も前で勝負する
気持ちで負けない稽古をしたつもりです
妙に疲れました

高校生
長身で最近、面の切れがよくなっている高校生
こちらはさらに早い高校生
彼との稽古ではいわゆる”位攻め”のような形で稽古してます
気迫をもって構え、当てに来る技に動じない
相手の気が抜けたり、息が抜けたところを確実に
攻めていく稽古です
長身でもあるので軽い技は飛んできても
こちらが攻めている分、力が前に伝わってこないような
感じでした
徐々にこちらのペースへ
中間での居着きに小手-面、面と打ちこみました
また、打たれたのちに打って出てくるところを出小手に切るなど
攻めが効いているといろいろなことができるのだと実感できた稽古でした

中学生
毎回かかってくる中学生
彼は様々な先生に積極的に懸かっていき、いつも掛稽古のような
稽古になってますが、ここ一か月で別人のようによい面打ちが
出てくるようになりました
聞けば、普段からも素振りなどして体を作っているようです
今回は声を伸ばしながら振り返るまで頑張るように稽古しました
もちろん、こちらも打っては伸びて残心
声は切らずに稽古ですので、楽ではありません
技の起こりは必ず押さえにいくようにしました
そんな中、時折、まっすぐに伸びてくる面が数本出てきました
日々、厳しい先生に自分から向っていく姿は本気度がわかります
もっともっと強くなってくれることを祈っています

ということで今回も充実したお稽古ができました

年内にもう一回くらいできるかな?
もしかすると今年最後の稽古かもしれません
年間68回の稽古
週に一回ペースの私にしては少し多くなった気がしてます

来年もさらに稽古が積めるよう工夫していかなくては・・・
そのためには仕事と家庭の両立をきちんとしなくてはいけませんね



剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_14234486.jpg
最近重宝している竹刀削り「匠」年末には竹刀もまとめて手入れする予定です
[PR]
by kendo-ojisan | 2013-12-26 14:25 | 剣道の稽古 | Comments(2)

風邪のほうはようやく落ち着いたので3連休中日の
昨日は午前中にお稽古してきました
珍しく早く出かけられたので基本打ちを約30分
その後、地稽古を5本ほど行いました

切り返し×3
面打ち×3
小手打ち×2
小手-面打ち×2
胴打ち×2
面の応じ技×2
小手の応じ技×2
切り返し×1

これだけしっかりやって、汗はびっしょりでした
地稽古は
7段の先生・・・お3方
5段の先生・・・お一人
中学生・・・お一人
合計5本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目(小判)
動きがよくて技の早い先生
久しぶりにお願いしました
技の出が早いので、攻めの効き具合もわかります
なので自分が十分になった時に体がうまく動くかを
確認するのによいお相手と考えることができます
最初の数合は私の攻めに反応が出ていたので出小手
面などいいタイミングで打てたのですが、攻めても
反応が見えなくなり、こちらの技の出を読まれるように
なった後半は面に乗られました
高段位の先生方がすごいな~っと感じるのは
修正する技術
私はこの力がないんです・・・

7段の先生・・・2番目(丸型39)
なかなかお願いする機会がなくて一度はお願いしたかった先生
中心が硬く、かと言って剛剣タイプではなく、前に出る技
応じ技など臨機応変な剣道をされる先生
小手技が多い印象があったので、小手を警戒して稽古を
始めましたが、私が小柄なせいか面技中心でこられました
できるだけ練るようにしましたが、初めてのお相手だったせいか
気づかないうちに打ち急いでいた気がします
出小手は一本いいところで決めることができましたが
面技はことごとく余されたり、乗られたりでした
最後に抜き胴をばっちりもらってしまいました
まさに引き出された感じでした・・・残念

7段の先生・・・3番目(丸型39)
いつもお願いする小手技の得意な先生
今回は入りの工夫とやや近いところまで敢えて入っていくこと
これが課題でした
触刃の間合いから遠間になった瞬間に面打ちを出したり
一足一刀に入った瞬間に面打ちを出したりしたとき
このあたりは面が当たるか、やや浅めでも面金よりも深めの
面打ちとなり試合でも取ってもらえそうな技が何本かありました
遠いところを警戒させて、一気に間を詰めての面は不発でした
やはり小柄な先生なので近いところは防御にも慣れているのでしょう
今回、もう一つ打たれたのでですが、相手の打ちを感覚的に予想して
応じる練習をしてみましたが、どうも外れてしまい小手かと思えば
面だったりして完全に竹刀を中心から外したところで打たれてしまいました
感性を鋭くして前で応じられるようにしたいと思ってます

5段の先生・・・(小判)
手数もあり、早さもある先生
こちらも試合以来、久しぶりにお願いしました
しっかり攻めて打つことに専念しました
初太刀、構えあって、徐々に間が詰まり触刃
す~っと一足一刀になった瞬間面を打つとこれはばっちり面を打てました
さすがに焦ったようでした
その後は合気での相面、出ばな技など
お互いにいいところで技がだせたように思います
一本勝負したところ出小手を拾われて悔しかったですが
稽古としては打ち合う楽しさがあってよかったです

中学生・・・(小判)
いつも懸ってくる中学生
今回も来ました
今回は継ぎ足の多い彼をどう教えるか?
まずは継ぎ足で入ってくるとどう打たれるかを
体で覚えてもらうことにしました
なので今回はまったく本人に打たせずの稽古をしました
面を打てば抜かれて面を打ち、左右に捌いて面を打ち
遠い間合いで仕掛けてきたら、次の動作の前にこちらが面を打つ・・・
どっちが懸っているかわかりませんがとにかく、二挙動になっている
ところは徹底的に打つようにしました
本人も途中で気づいたようでしたが、辛そうでした
何がよくないのか?
”二挙動”と”継ぎ足”に関して欠点となることを教えて
基本打ちの練習で継ぎ足せず、打つ稽古をするように指導しました
これは苦しいんですよね・・・未だに私自身完全に身についていません
なので負けないよう私もがんばらなくてはいけません

ということで、病み上がりにしては
濃度の濃い稽古でしたので今日は筋肉痛です

連休の最終日はちょっとゆっくり過ごします
 
剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_12152057.jpg
この古い胴をそろそろ修理して稽古で使おうかと思っています
胸がブヨブヨになっており、防御能力が落ちているようなので
手軽なお値段で交換できるといいのですが・・・


[PR]
by kendo-ojisan | 2013-12-23 12:17 | 剣道の稽古 | Comments(2)

 
先週末から我が家を襲っていた”風邪”ウイルス
インフルエンザではないようですが
咳、のどの痛み、鼻水と鼻づまり、発熱と面倒な症状ばかり・・・
次女、家内はかなり高熱が出たので私と長女はもらわないように
気を付けていましたが、本日になり私が発熱以外の症状が
出てきてしまいました

次女と家内は復調してますが、忘年会シーズンの私は大打撃・・・
明日、明後日と連戦の予定でしたが、どうなりますか・・・

どんな時でも体が大事
稽古に影響が出るのも問題ですので
寂しいですが、忘年会キャンセルも考えないと
いけません・・・

今夜は温かくして休みます

皆様も風邪には十分、お気を付けくださいませ
今回、鼻がやられると匂いだけでなく味までわからない状態で
食事も味気ないです

剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します
a0265838_22105932.jpg
ここ2か月弱、汗の量も落ち着いてきたので稽古で使っています
使用開始から約1年、どんどんなじんできている感じです
春頃まで使い続ける予定です



[PR]
by kendo-ojisan | 2013-12-18 22:13 | 剣道と怪我、病気 | Comments(4)

昨夜はいつもの通り、稽古に行きました

7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お一人
高校生・・・お一人
中学生・・・お二人

合計7本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目(小判)
長身でリーチがあり、攻めづらい先生
一ヶ月くらい前にお願いしたときは、リーチの長さに
戸惑い、思い切って間を詰められなかったので
今回は遠間合では無理せず、自分の打ち間の手前で我慢して
詰めて打つようにしました
一足一刀の間合いで打つとどうしても身長とリーチの差が出てしまうので
できるだけ攻めて間合いを詰めて打つことを課題にしました
面を2本、小手を1本はいいところで打てた感じでした
ただ、やはり攻めが甘い状態ではバンバン面を打たれたシーンもあり
間の詰め方に工夫が必要だと痛感しました
稽古後に気づいたことがあります
面が決まったときは、表から攻めて間を詰めつつ相手が嫌がったことで
竹刀が裏に入った瞬間の技でした
この面のあとに小手が決まったので、しつこい攻めの結果
相手の竹刀が中心を外れたときに打てる体勢になっていたことがよかった
ように思いました

7段の先生・・・2番目(柄短)
厳しい稽古のお師匠様
今回は先週の稽古の延長で、自分からの攻めで打つ稽古
これをまたやろうと思い、攻めて入って打ち始めました
しかし、そんなに甘いはずはなく・・・
逆にこれまでの稽古では経験がないほど、前懸りに攻めてこられてしまい
打てれまくりました
出れば応じられ、止まれば打たれ、攻め返そうとしたら打たれ
どうにもならない状況のまま打ち込みへ・・・
こんなに前懸りに攻められたことがなかったので
お師匠様の恐ろしさを改めて感じた稽古になりました
唯一、攻めて一瞬居着いたような瞬間があり、面を打ったら
間違って当たったのが一本だけありました
うちのお師匠様に対しては、当たっただけでもうれしいものなんです

6段の先生・・・(柄短)
技のデパートな先生
先週は久しぶりにまずまずの稽古ができたのですが
今回は・・・
面のいいところを一本打てました
この面は攻め合いの中で、最初の先生のときと同じく
表から攻めて、相手が嫌って裏に入った瞬間の面でした
やはり、攻めの具合で変わることは実感できました
あと、惜しかったのは狙って攻めて、面を引き出して返し胴
相手の勢いがありすぎてクリーンヒットできなかったんですが
体が前のめりにならないで打てたのでもうちょっとでうまくできそうな
気がしてます
その後はかなり打たれましたが、最後に小手を斬られたときに
ことらのペースで引き出したつもりが相手のペースに乗らされていた感じでした
ここでの我慢と気持ちの上での”待ち”が敗因の気がしました

4段の先生・・・(小判)
最近、毎回といっていいほど稽古している先生
この先生とは合気というテーマで稽古です
最初は中心を嫌って、竹刀を回しながら入ってきて打ってましたので
数合はなかなか合気になれず、先の面を数本打っておきましたが
どうにも乗ってきてくれません
なので久々に突きをだして機先を制して、相手も我に返ったのか
一本突きが飛んできて、合気になってきました
このあとは互いにいいところで面、相面、面と出小手などなど
打ったり打たれたりなんですが、どれも外連味のない技の応酬となり
良い稽古ができました

高校生・・・(小判)
身長の高い、早くて元気な高校生
早さは抜群に早いです
さすがは高校生
しかし、ojisanとしても負けたくないんで
気攻めで応戦
中心のぎっちり攻めると徐々に下がる形になってきました
もちろん打ちにはくるんですが、相手が攻められての技であるので
クリーンヒットしません
そうこうしているうちに、出小手を決めまして
徐々にojisanのペースへ
一本勝負をして、遠間から面を打たれてしまいましたが
速さと勢いを抑える攻め方の一端を感じる稽古となりました

中学生・・・1番目(小判)
いつも懸ってきてくれる中学生
今回もきました
ここ2か月くらいの間にずいぶん打ち方がよくなってきました
当然、こちらも80%くらいの本気度で対応です
100%ではないのか?
20%部分は何でもアリの当てっこを見せないという部分で
私の中の真面目な剣道では100%の対応です
臆病な子なので、技の起こりを確実に仕留める稽古をしてます
当然、ほとんど打たれずに、打ち込めるのですが
こればかりでは懸ってくるほうも楽しくないので
わざと遅れ気味に技を出してみて、その反応を見たりしました
以前に比べ、避けるのではなく打ってくるようになってきました
さらに入りの工夫も見られ、確実に伸びてきているのを感じます
中学生は成長がはやいですね

中学生・・・2番目(小判)
小柄な中学生
彼は前から構えの剣先が高い構えで注意した子です
構えはまだちょっと剣先が高めではありますが
以前よりもいい構えになっていました
ただ、打つときに必ず、継ぎ足をするのでこれを
直すように注意しつつ、出ばなを打って、それがよくないことを
体で覚えてもらうようにしました
稽古後にも、継ぎ足をしないで基本稽古をするように
教えましたが、はてさてどうなるか?・・・ちょっと楽しみです

ということで今回も厳しいながらも充実した稽古ができました

今月はあと何回稽古できるか?

できるだけやろうと思います

剣道 ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します
a0265838_22094291.jpg
使っていくうちに紺革の色があせてくるとコントラストがきれいになっていきます
変わった雲型なので楽しみです

[PR]
by kendo-ojisan | 2013-12-15 22:10 | 剣道の稽古 | Comments(2)

先日の早朝、素振りや足腰の鍛錬をしておりました
その時は特に異常がなかったのですが
午後から股関節のあたりに痛みがありました
a0265838_17490251.jpg
こうして解剖の絵をみてみると結構、複雑な形なんですよね・・・
2~3日経過して、もう痛みも治まったんですが、ちょっと原因がわからず
気味が悪いです

稽古もできそうな感じですが、次回の稽古は十分、準備体操をして
股関節もよく伸ばしてから稽古しようと思います

寒くなってきてます
読んでくださっている皆様におかれましても
準備運動は十分していただいて、怪我の予防に
留意してください

  人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2013-12-12 17:56 | 剣道と怪我、病気 | Comments(0)

昨夜の土曜日は普段のとおり、稽古に行きました
前日の夜、急な仕事で遅かったので無理せずの稽古でした

7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お二人

合計4本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目(小判)
小手打ちの得意な先生
小手打ちの得意な先生だけに、あえてお稽古を
お願いしています
小手を打たれるタイミングができてしまうということは
手元を上げるのが早いか、攻めが甘いか何等か問題が
あるはずなので、そこが苦手の私には勉強になる稽古なんです
今回もできるだけ小手に当てさせないようにして、面を打ち込む
ある意味単調にはなるんですが、それまでの布石や、攻め口、間合いの違い
などいろいろと試させていただいてます
今回は これだ!っという打突はなかったんですが
なんとなく次につながる攻めの組み立てがあったので
次回以降も試していきたいと思います

7段の先生・・・2番目(小判)
小柄で近間での連打が得意な先生
総じて小柄な先生は遠間での打ちは確実に避けるか捌く方法を心得て
おられ、簡単には打たせてくれません
そして、間を詰めると連打が飛んでくる・・・
これがまた非常に難しい入りをされます
もちろん、一定の間合いで打ちにいけば仕掛け方によって打つ
チャンスはあるんですが、簡単には一本の打ちにはなりません
この先生とお稽古するときはこちらもちょっとした
工夫をするんですが、最近はそれも手の内となってやりにくく
なっています
単純にスピード勝負では面白くもなんともないので
できるだけ、早さではない勝負の場面作りをします
今回はたぶん、お互いにばっちり一本はなかったように
思いますが、こじ開けて打つことを次回やらないといけません・・・

6段の先生・・・1番目(39丸型)
技が多彩でどぎつい攻めの剣道を展開される先生
前回はかなり打たれたので、自分のペースを作ること
攻めることをしっかりやるように稽古しました
言うはやすく行うはがたし
攻めきってない技は間違いなく外れるのですが
間合いを詰める早さは意識的に早くしていきました
詰めて打ちを出すのですが、守りの固いこちらの先生には
そうそう打てません
数合して、割と近い間合いで攻め合いグッと攻め返されたところで
小手!
これはちょっと深かったのですが、久々に小手布団をとらえました
ただし、深め・・・
ばっちりの一本とはいいがたい
その後、相手の攻撃パターンにはまりそうになりましたが
我慢して攻め返し、表から入っていくと抑えられたので
裏に入って一気に詰めて面!
これはいいところでした
その後はなかなか思うように打たせてはもらえず
最後は片手突き・・・
ということで厳しくも楽しい稽古を頂戴しました

稽古後、先週に比べていい感じだったとのこと・・・よかったです

6段の先生・・・2番目(小判)
7段審査を半年後に控えた先生
この先生も難しい先生です
間合いの作りでさまざまな展開をつくりながら
自分十分で大きな技がでてきます
伸びのある面やかなりいろいろな角度から小手が飛んできますし
胴打ちも上手
今回は面をどう出すか?
相手のペースにはまらず、面打ちのチャンスを作り
しっかり打ちに行く
そんな稽古をしました
しかし、当然打たれます 
技師ですので、少々のことはよいのですが、自分がこだわりすぎても
よくないので、時に応じて小手、胴も出しつつ
面のチャンスをうかがう・・・
なかなかいいところで出しきれませんでしたが、どうも
途中でその趣旨に気づいたそうで、逆に打つ場面を作らせてくれません
それでも我慢しながら打ちを出していくようにしました
確実な一本はわたり際に打った小手くらいでしたが
攻防はかなり厳しくも勉強になりました

ということで今回も厳しくも、楽しい稽古を頂戴しました

a0265838_22481325.jpg
クリスマスも近づきましたので、趣向を変えて、こんな寄せ植えを
娘と一緒に作ってみました
寒い中、元気に咲くガーデンシクラメンがなかなかきれいです


人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2013-12-08 22:50 | 剣道の稽古 | Comments(2)

竹刀タコ

竹刀を握るときには左手中心で握ること
これは誰もが最初に教わる基本中の基本だと思います

子供のころ
「しっかり竹刀が握れて、振れている子は左手の小指や薬指の根元にマメができるよ」っと
先生に教えられ、そのまま信じて約30年

今の私の左手
a0265838_08442379.jpg
お約束どおりにマメというより、タコのように
堅く厚くなってます

先日の稽古のあと、この竹刀タコが話題になり
うちの道場の上席の先生方や選手になる強い先輩方は
このタコがほとんどありません

どうも、竹刀の握りが強すぎるとのご指摘
「力の入れすぎで柔らかく竹刀が操作できていないのでは?」
っと・・・
30年信じ切っていた事実が瓦解する気分でしたが
それらの先生方の竹刀操作は軽やかで打ちも強くさらには
持久力もある
私の手や腕とはまったく逆な印象

素振りの段階から、基本の基本に戻って、柔らかく且つ確実な握り方
さらには冴えのある打ちを目指して研究することにしました

結構、ショックです・・・


人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2013-12-05 08:52 | 剣道の基礎体力トレーニング | Comments(4)

11月末日の昨夜はいつも通り稽古に行きました
自転車での移動もそろそろ寒さが堪えます

昨日は
7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お二人
4段の先生
中学生・・・お二人

合計7本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・一番目
毎回厳しいお師匠さま
先日来、打たれて強くなる稽古を目指せとのご指導を頂いておりましたので
攻めの稽古をできるだけやることでがんばってみました

ええ、とてもきつかったです
先に攻める稽古は足にも腕にも、心にも
強い緊張感と勢いが必要
これをたった数分ではあるんですが、上位の先生に出すのは
非常にきつい
早打ちすれば返され、ここ!っと思ったところで出ても
実は引き出されてその先を取られて打たれ・・・

避けることをあまりしないためいつもより打たれます
 
最後に一本
となりましたが、まったく打たれっぱなし・・・

稽古後、攻めの稽古になってきたと一言いただきました
この稽古を続けていくつもりです

7段の先生・・・2番目
グイグイっと素早く間を詰めて、出頭、連打と打ちの出る先生
久しぶりにおねがいしました
間の詰まる前に技を出すようにして、多少打たれても前にでていく
稽古にしました
前に出ていくことの効果として、相手がきちんと前に出ていないと
意外と小手が打たれないこと
そうこうして、一本勝負
攻めて、相手の動きはじめを思い切り
小手-面と渡りましたが、面を打ったときにちょっと足がもつれて十分な打ちに
なりませんでした
再度、構えて、間を詰めて一気に面打ちへ
相手も打ってきてましたが、こちらが先を取れていたようでいい面が打てました

稽古後、最後の面を常に意識して打っていく稽古をしたほうがよいとご指導いただきました

6段の先生・・・1番目
初めてお願いした先生
多少、間合いは近めの印象でしたが
横技はなく、すっきりした剣風でした
攻めて打つ理合がわかりやすいというか
メリハリのある印象です
なのでこちらもまっすぐ攻めていき、技を出せました
打ったり打たれたりの稽古でした

6段の先生・・・2番目
いつもまったく寄せ付けない強さでお稽古をいただける先生
今回は時間があまりなく短い時間でしたが、思い切り打たれました
リーチの違いもありますが、なんせ攻めから打ちへの思い切りの良さが
本当にすごい
先をかけるのですが、遣われてしまい結局打たれます
自分の間合になれるチャンスが少ないため、攻めが単調に
なりがちです
打たれて勉強・・・まさにそんな稽古でした

4段の先生
最近、ちょっと悩んでいる先生
面技主体に合気になっての稽古をしました
よって、どちらかが気がそれた時は打ち合わず
きちんと張って、合気の勝負だけをするようにしてます
このような稽古を行うことで、中心から逃げていたり
竹刀の軌道が正中から外れると確実に打たれるので
いい意味で緊張感が出ます
お互いにきちんとした間合いで打ち合う稽古
この稽古も大事にしてます

中学生・・・1番目
最近毎回かかってくる中学生
このところ、大人相手に一生懸命稽古しているせいか
構えも打ちも急速に改善されている印象です
今回は中心を取って打つことの一環として
彼が考えたことは、相手の竹刀を掃って打つことでした
しかし、何度も同じことをするとどうなるか・・・さまざまに
打ってあげました
体の成長と筋力の増加が見込める時期ですので
まっすぐな剣道で育てたいところです
彼も彼なりの方法で打ってくるのであれば
挑まれる側として、単純には打たれないようにすることと
さらにそれらの方法を改良するきっかけを作ること
長く続けてくれることを祈ります

中学生・・・2番目
ちょっと時間があったようなので稽古した中学生
打とうとすると剣先が上がってしまう癖が出てしまう子です
タイミングは悪くないのですが右手打ちと剣先の高さで
どうにも様になりません
できるだけ剣先を低く抑えるように教えましたが
次回以降がどうなるか?
しばらく様子をみようかと思います

というわけで、いつもよりたくさん稽古したせいか
今日は左足が筋肉痛になってます・・・

最近は翌日です 数年前は3日目でしたが
体質が改善されてきているようです
夕方、ゆっくり風呂に入ったので明日は大丈夫かな?

今週から忘年会の予定が目白押し

なんとか稽古に行けるよう時間調整をしていきます


人気ブログランキングへ
励みになります 宜しくお願い致します



a0265838_1943449.jpg

濃紺斜め刺し 軽量防具で基本稽古などがたくさんないときは
軽くて使いやすいです
試合なんかはこれでもよいかも・・・
[PR]
by kendo-ojisan | 2013-12-01 19:43 | 剣道の稽古 | Comments(2)