人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

土曜日の夜は、いつものように稽古にいきました
今週は平日に稽古に行く時間がなかったので
1週間ぶりの稽古でした

7段の先生・・・お二人
4段の先生・・・お一人
大学生・・・お一人
中学生・・・お一人

合計5本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
小手打ちのお得意な先生
面打ちの工夫をテーマにお稽古をおねがいしてます
前回の稽古では遠い間合いからの面がよかったのですが
今回はもう少し攻めて打つことをテーマに稽古しました
やはり間が少し詰まるだけでかなり難しくなります
攻めながら起こりを捕まえる
そんなイメージで機会をさがしました
しかし、出ばなはお互いに狙う機会ですから
前回よりも打たれる回数が増えました
感覚的に”来る”感じで打ち出して、それが本当の起こりであれば
面が打てましたが、それ以外はやはり当たらず、逆に打たれる場面に・・・
一定のRISKは背負わないと、打つべき機会がない
まさに紙一重で勝負が決まることを体感できました

7段の先生・・・2番目
独特の近間からの攻めが特徴の先生
早さが特にあるわけではないのですが
近間でのやりとりが独特の先生
結構近い間合でも連打だったり、さらに詰めてこられたり
難しい感じがします
確かにきちんと攻めが効いている分には遠い間合で勝負
できますし、打突も当たりますが、それだけでは早さと筋力での
剣道になってしまうので、敢えて相手の得意な間合いで
勝負する
これよって、対応力を高めたいと思ってます
近間での小手面にやられた場面がありました
こんな近い間合いでも居着きがあったように思われます
”見て”しまったことで、打たれたのかな〜っと感じます
中間や近間は思いのほか難しいので、再度、取り組む
課題としていきます

4段の先生
5段挑戦中の先生
この先生との稽古でのテーマは合気になること
攻め合いで焦らず、互いの気持ちを練るように
稽古を進めています
昨日はなかなか合気になれず、互いに空ぶったり
無理やり打ったりと、気が合わなかったように思います
そんな中で、完全に起こりを捉えた出小手と
攻めきって打った面は満足できる技だったと思います

大学生
長身で早い技の持ち主
春から大学での稽古が始まってます
攻め方を工夫しているようですが、ちょっと苦しんでいる様子
高校時代は打ちを引き出すこともしてましたが
いよいよ大学の剣道となれば、強引な攻めも必要ですし
なにより”当たった”だけでは旗も上がらなくなるので
しっかり打つことを意識してもらいたいと思います
こちらがやや強引に攻めていき、思うように技を出させないように
稽古しました
最終的に強引さは出てきましたが、打ちは軽い印象
これからの大きな課題と意識してもらいました

中学生
ここ数か月で急激に伸びた中学生
今年は3年生ですので、試合でも結果が欲しいところ
打ちの早さ、強さは出てきているのであとは機会
単調過ぎて打ち込まれます
なので、できるだけ打ってあげました
容赦なしです
こちらが懸っているくらい、起こりを狙って打つ
本人も辛かったと思いますが、ここは敢えて打たれる稽古で
覚えてもらうようにしました
機会の悪さは理解できたようでしたので、機会の作り方を
勉強するように話をしておきました
次回の稽古までどんな工夫をしてくるか楽しみです

ということで、今週も課題に応じた稽古をしました
a0265838_19290578.jpg
5か月弱、毎回の稽古で私の手を守り、竹刀操作をたやすくしてくれた小手
塩抜き、洗浄をしてもらいにそろそろお店に依頼する予定です
洗ってもらうと軽くなってさらに使いやすくなります

剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します


by kendo-ojisan | 2014-03-30 19:31 | 剣道の稽古

増税前に・・・

いよいよ、来週から消費税8%へ・・・
雑誌などでも早めの買い物がお得とか
いろいろ出てはいますが、どうにも買い急げない感じも
ありまして・・・

31日までの3日間ほどで、一部の消耗品でいつ買っても
それほど変わりのないもの

たとえば、袴とか稽古着とか、鍔とかそういったものは
新品のまま取っておいて、古いものと変えていくというのも
一つの方法のような気もしています

正月明けに衝動買いしたものも、消費税アップを理由に
奥さんを説得して購入に至りました
a0265838_08390238.jpg
生地胴です・・・

a0265838_08395529.jpg
上段は斜め刺し、下段に小幅で毘沙門亀甲をあしらい、現在使用している
全ての面に合わせることができます

思い切って買った理由にはもう一つ大事なことがあります
胴台を作っている職人さんが高齢でそろそろ、仕事を終了してしまう
可能性があるようなんだそうです
無論、後継者はおられないとのことでした

剣道をする者として、道具は非常に大事なものですし
日本の伝統工芸ともいえる防具作りの火が小さくなっていって
しまう事実に不安と寂しさを感じます

よいものと長く使うことも剣道人として大事なお作法なのではないか?
そんなことを考えながら、家内とも相談して”増税前の購入”に踏み切ってしまいました

国内の業者さんも生き残りをかけて様々な工夫をしており
外国での生産で安価に購入できるものも必要だと思いますし
逆に
高価でも、職人さんの一針、一針が感じられる手作りの防具も
一定の期間、剣道をした方にはぜひ使っていただきたいと思うのです

日本の伝統的な武道である剣道とそれを支える防具、それを造る職人さん
全てが幸せになれる社会であってほしいと願ってやみません・・・

剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します


by kendo-ojisan | 2014-03-28 16:00 | 剣道具のこと

出稽古に続き、土曜日は前日の反省を踏まえて稽古に
行きました

7段の先生・・・お二方
6段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お二人

合計5本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
前日の出稽古にお誘いいただいたお師匠様
前日の審査稽古での注意点を踏まえ、打ち切るために
どうしていくか?
これを稽古の中で引き出していただきました
まずは攻め負けない気持ちを前に出していくこと
中心を捉えつつ、早打ちは剣先で抑えられ
攻め切れたときに体が前に出れば打たせていただき
打ちが軽ければ捌かれ・・・
非常に自分の弱点がよくわかり、これからどういった稽古を積めば
よいのかが少しわかってきました

お師匠様 ありがとうございました

7段の先生・・・2番目
小手打ちのお得意な先生
こちらの先生も前日に引き続き連日の稽古になります
捨てる面打ちを心がけつつ、攻めの気を強く稽古に入りました
初太刀はやや浅め
面の入りで詰めていくと、手元が上がり、出小手
これはいい打ちでした
先生も右手を挙げて、いいところサインを出してくださいました
その後も面技をどんどん出していくのですが、見て打つ技は
ことごとく避けられました
やはり、色なく捨てきった打ちは活きていたように思います

稽古後、捨てきった面は以前よりよくなっていると
しかし、見てしまって居着きになっていることもあるので
そこをどうするか勉強したほうがよいとのご指導をいただきました

6段の先生
攻め、打ち、技の数と全てにおいて多彩な先生
稽古中に一度は、アッと言わせたいので
ガンガン攻める稽古です
稽古開始から数合したところで攻めから、一瞬、互いに見合うように
なり、次の瞬間に面に飛ぶとこれが出ばな面となって決まりました
久々のクリーンヒット
その後、ガンガンうたれもしたのですが、こちらも簡単には
打ち切らせないように進めました
ただし、最後は浮かされて小手を斬られました
心が動く瞬間だったように思います
役者の違いと言えばそれまでですが、実に悔しい・・・
次回に宿題継続です

4段の先生・・・1番目
5段挑戦中の先生
お互いに前日の審査稽古での反省を踏まえての稽古です
やはり攻め合いから捨てて打つのですが、当てっこに
ならないよう、攻めきることを意識して稽古しました
徐々に合気になってくると、相面の打ち合いになってきます
ここでの打ちで軽くならないよう打突後の姿勢にも気を配り
打ち切る
お互いに打ち切る稽古ができたように思います
今後もこの稽古を続けていくといずれは次の段位が
見えてくる気がしています

4段の先生・・・2番目
こちらも5段挑戦中の若手の先生
本来、スピードではかなわないのですが
手の内がわかっているので稽古のなかでは
それ相応に速さで打たれることはあります
しかし、一本勝負となるとそう簡単に打たせるわけには
いきません
初太刀の出小手はかなり危なかったですが、やや浅め
その後、こちらからの攻めを行使していくうちに
嫌がる姿が見えてきました
勝負をかけているな〜っと感じた、詰め方で攻め足鋭く
入ってきました
ここで先に動くと術中にはまるので、中心を取って我慢しつつ
逆に間を詰め返すと、居着きましたので、一気に面に飛ぶと
これが打突部位を捉えました
やはり、我慢と攻め
これが重要なようです

ということで色々と試しながらも、大事な課題が
少しずつ姿を現してきています
幻影のような課題を確実な映像に捉えて稽古をしていこうと思います

 剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_23511760.jpg
現在、道場での稽古に使用中の防具
また、臭〜くなるまで使います

by kendo-ojisan | 2014-03-24 23:52 | 剣道の稽古

出稽古(本年第18回目)

昨日は春分の日で祝日でした
昼と夜の時間が同じ、太陽が真東から上って、真西に沈む
彼岸の中日でもあり、お墓参りでご先祖の供養をされた方も
いらっしゃるかと思います

私は道場の先生にお誘いをいただいて、出稽古に行きました

範士8段の先生
教師8段の先生
7段の先生お二人

合計4本の指導稽古を頂戴し、審査の立会稽古もさせていただきました

範士8段の先生
小柄ですが、隙がなく構えて圧倒されてしまった先生
隙なし・・・動いたら何かされそうな、そんな感じをうけました
できるだけ下がらず、思った瞬間には打つようにしたのですが
気づけば後ろがなくなっている・・・
短時間ではあったのですが、長く感じられました
構えていても、攻められるように思えない
何やら包み込まれるような感じがしました
そんな中、打とうと思ったその瞬間に面が飛んできて
唖然・・・参りました

がむしゃらに稽古をしていくうち、いわゆる一本の打ちでなくても
機会がよかったのか「いいぞ〜」っと小声が聞こえました

何か自分の中で感じるものもあり、何かが理解できるよう
稽古を積みたいと思いました
範士の先生に懸れたのはかれこれ20年ぶりくらい・・・
緊張しました

教師8段の先生
非常に厳しい技で稽古される先生
やはり攻められ、浮かされという稽古でした
範士の先生よりお若いので、動きも早く
技もきつい・・・そんな稽古でした
前に出て、攻めて打つ
打たれても、しっかり打たれるように稽古したつもりです
やはり、がむしゃらに打っていくうちに小手をかすめたりしたのですが
攻めの厳しさで面はことごとく、打ち込まれてました
見取稽古をしていても、脚の構えがまったく
動じていないため、どの場面でも技が出る剣道をされていました

7段の先生
モーションの小さい面と出ばな技が中心の先生
何人もの元立ちのなかで、しっかり攻め合ってくださる
先生でした
こちらもしっかり構えて、中心を攻め合う
そんな稽古をさせていただけました
面技中心で攻めをくみたてて、二段技と小手を交えて
できるだけ遠い間合いで打つようにしたり
一気に中間で勝負を仕掛けたりと攻めを意識した
稽古ができました

7段の先生
実業団で稽古されている先生
早い技と返しのある先生
こちらの先生は試合を意識した稽古をさせていただけました
見取稽古をしているときに、技の速さが目立っていたので
お願いしました
ここでも攻め負けないように稽古をしてみました
避けるべきは避け、打つべきは打つ
飛び込み面、出小手、相面と機会をとらえて
打つ意識で稽古ができました
面-小手っと変わっていくと、いい感じで小手を捉えられたと
思ったのですが、ちょっと外れてました
なかなか難しい・・・

審査稽古
同じ段位で年齢も同じくらいの方とお稽古しました
時間も審査通りで1分

お一人目
立会早々、互いに間を詰めて一足一刀よりちょっとだけ
遠い間合いに入るとお相手の方が打つ気配を感じたので
一気に面を打ちにいきました
たぶん、試合なら旗があがったかと思いますが
やや浅めの面を打ちました
ややあって、合小手-面に乗られましたが、その次の
攻め合いで初太刀を同じような面が打てました
そうこうしているうちに時間終了

お二人目
開始直後の攻め合いでは合気になれず、相手の面を受けて
捌き、構え直し
長身の方だったので、敢えて相手得意の面技で応じず
小手に来たところを面、間を一気に詰めて出小手
これはいいところだったと思います
互いに攻め合いつつ、なかなか機会が掴み切れないまま
時間終了

審査稽古で見てくださった先生方からのご指導で
私の場合は打ちが軽いとのご指摘がありました

これに対しての反省で
・やや早打ちだったため、間が遠く、攻め切れていなかった
・応じ技を遣っていけば、違った展開に持って行けた
・手数を抑えて、攻め合う、練り合うことをもう少し意識したほうがよかった

あと3年弱、5段昇段への課題は山積みです

 剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_14241583.jpg
×飾りの面 先日から稽古での使用を再開しました
手刺の防具に塩が浮いてきているので、そろそろ洗濯に
出そうかと思ってます
小手の臭いもきつくなってきてますので・・・

by kendo-ojisan | 2014-03-22 14:26 | 剣道の稽古

週末は家族サービスで稽古に行けませんでしたので昨夜は稽古に
行ってきました
ちょっと遅刻でしたが・・・

7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お一人
5段の先生・・・お一人

合計4本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
いつもお願いしている小手打ちの得意な先生
1週間ぶりの稽古でしたので、体のキレがあるかどうか
心配でしたが、初太刀の面打ちはしっかり姿勢が取れていたので
安心して稽古できました
面技を中心に組み立て、攻めをきつく動き始めを打つ稽古を実践しました
しかし、面は浅くなってしまい打ちきれず・・・
時折、攻め口を変えてみても、構えこそ崩せていても打ちきれません
色のない面打ちは何本かいい打ちが出せたように思いましたが
これだ!っと思える打ちが出ませんでした・・・

パターンが少ないのがいけないのか?
今回は2段技があまり出せていなかったので
織り交ぜ方を再考しようと思います

7段の先生・・・2番目
攻めから打ちへの早さがあり、突き技も出る先生
崩して打つ稽古をするのによい先生
しかし、そうそう崩れない・・・
やや遠い間合いでのやり取りではほとんど出てこなくなってしまうので
一足手前までは入らないと打てません
たまに早めの打ち出しが来ることもあるのですが
入りから打ちが早いので、無理に出ると打たれてしまいます
手元を崩すよう低めの剣先で攻めて、やや遠い間合いで一気に打つと
面が打てました
一本打つとガードが固くなり容易に打てなくなります
二段技、出小手なども交ぜつつ、再度面に飛びましたが
胴を抜かれました
その後、手元を狙われ、小手をずいぶん攻められました
しっかり、構えて崩れぬようにして対応
遠間からの面はしっかり打ちぬきましたが、そのほかはなかなか打ちきれず
最後に、攻め合いから打ちに出てくるところで思い切って面を打って出るとこれが
いいところに入りました

稽古後、最後の面はよかったね・・・っとのコメントをいただきました

6段の先生
技の宝庫・・・攻めの多様さに翻弄される先生
いつも分が悪いのですが、なんとか少しでも打とうと
頑張ってます
今回もだいぶ打たれました
とにかく器用な先生なので、正直に打って出るだけでは
当たりません
防御もかなり固い・・・
先をかけて、打っておいてその後は裏に抜いて面とか
面と見せて手元を上げさせて小手とか、小手面、小手面といって面小手とか
いろいろやってはみるものの当たりません・・・
攻め合い、打ち合いの中での出ばな面や逆胴など惜しい場面もあったのですが
結局、大きな振りで面を打たれ、手元を浮かされて小手を切られと散々に打たれました・・・

5段の先生
20代若手で試合経験も豊富な先生
初めてお稽古しました
こちらにも打たれました
間合いは遠いし、早いし、動くし・・・つらいな~っというのが最初の印象でした
そうは言っても徐々に目が慣れてくるとこちらが攻めるといくつかの癖に気づきました
次回以降には対応できるように稽古をしておかないといけません
詰めて小手-面といったところはまずまずの打ちを出せましたが
用意、ドンっと打ち合うところでは完全にやられてました・・・とほほ
早さを攻めでつぶしにいくような稽古を目指さないといけません
ある癖を見つけたので、次回チャンスがあれば、いくつか試してみたいと思います

ということで本数は少なかったですが、密度の濃い稽古ができました




剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_14372351.jpg
2分手刺しの垂です 久しぶりに持って帰ってきました
腹帯の部分が結構、擦れてきてます
色が変わってきて、徐々に自分の”もの”になってきている感じです
これも味わいがあって好きなんです

by kendo-ojisan | 2014-03-20 14:39 | 剣道の稽古

先週末、子供のリクエストに応えて
a0265838_16232542.jpg
富士山の麓にある遊園地
富士急ハイランドに行ってきました
朝早く出発したので、渋滞もなく到着しました
トーマスランドを中心に子供と一日遊びました
スケートもやりましたが、20数年ぶりでしたので勘が戻るまでは
四苦八苦・・・大きな転倒もなく済みましたが・・・
翌日は筋肉痛でしたけど・・・

この雄大な富士山をみながら一日楽しく過ごせました
天気に恵まれてよい休日を過ごせました

剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-03-18 16:30 | 雑記

昨夜は稽古に行くことができました
仕事が思いのほか早く片付いたのでよかったです

さて、昨夜は
8段の先生・・・お一人
7段の先生・・・お一人
6段の先生・・・お二人
4段の先生・・・お一人
2段の方・・・お一人
中学生・・・お一人

合計7本のお稽古を頂戴しました

8段の先生
激しい気迫と前に出る攻めの剣道で追いまくられる先生
最近、毎回お願いしてます
今回も自分からの技を出せるよう無心で懸かる稽古を行いました
先生の攻めは相変わらず厳しかったです
なので、打たれるのですが、あまり気にならなくなってます
つまり、避けに回らないようになってきました
最近は”稽古”である以上、打たれてよいと考えるようになってきており
実力の違う指導の先生方には特に色気を出さずに、素の状態で臨んでます
今回、いいところが一か所ありました
遠めの間合いから一足くらいになり、そこで我慢して
一気に攻めあげたところで、珍しく先生がやや後方に動いたので
一気に面を打つとこれがいい面打ちになりました
ニヤっと笑われましたが、次の一本ではビッシッと出小手に切られ
その後も出頭を面に乗られ、一気に打ち込み稽古へ・・・

きつかったですが、よい稽古になりました

7段の先生
昨年、昇段された先生
お怪我をされていたようで、昇段後は初めてお願いしました
以前に比べ、足の出が悪く感じましたが、こちらは面打ちを主体に
しっかり攻めて、起こりを打つように稽古しました
簡単には打たせてくれませんが、数本はいい面打ちが
できたように思います

6段の先生・・・1番目
今年、7段を受審される予定の先生
器用な剣道をされるので、今回はしっかりと
中心を攻めるように稽古しました
初太刀の出小手はいいタイミングで打てました
その後は一進一退の稽古でしたが、最近また打てるようになってきた
返し胴はいいところで出せました
返し胴を打つにあたっては、攻めて前に出て打ち返さないと
お相手の脇の下を打ったり、垂を打ったりしてしまうので
前に出て打つ動作の中で相手に打たせて取る・・・そんなイメージが
少しずつ持てるようになってきた気がします

6段の先生・・・2番目
まっすぐの構えから外連味のない技の出る先生
小手をずいぶん打たれました
手元が高かったかもしれないので、途中から剣先を少し下げ気味にして
小手を少し隠すように構えて対峙してからは
打たれなくなりました
数本、面打ちがいいところで出せたと思います
最後の一本は相手が小手に来たところを迷わず面を出したら
いい打ちができました

4段の先生
小柄な女性剣士で一生懸命稽古をされている先生
女性との稽古では早さと力をあえて使わずに
理合を持った稽古をするようにしています
特に同じ段位ですので、きちんと打つことが大事だと思ってます
今回、先の攻めでこられたので、当初は応じるような
形になりましたが、後半はこちらから相手を動かすように
進めていきました
そんなとき、気づいたことは右手で押し出すような打ち方をされていることでした
これでは当てっこになってしまい、こちらも稽古としては不十分な
内容になってしまうので、左手のこぶしを上げる意識をもっていただくように
ちょっとだけお教えしました
すると・・・
少しだけ、左こぶしが上がるだけで面打ちが全然違うんです・・・
左手主動の打ちだと簡単にはこちらも打てず、逆に攻めを早めて
動きだしを感じたところで打たざるを得なくなりました

2段の方
初めてお願いした方です
立ち合って最初にいきなりいい面打ちをもらいました
お若いせいか、バネがあるのか、思わぬところで面が飛んできました
しばらく攻めのみで反応をみながら稽古を進め、出小手、出ばな面を打ち
ある程度相手の打ち間が見えてきました
早さがある方に、早さで勝負できるほど若くはないので
位攻めよろしく、動じない構えで追い込んでいくと
徐々に相手の動き、心の動きが見えてきました
振りかぶりに癖があるようでしたので、そこに狙いをつけて
面、小手と打って出てみますと、いいところを打てました
最後は攻めて、手元が浮いたところを出小手に切りました

中学生
期末テストでしばらく稽古してなかった頑張ってる中学生
前回の稽古に比べて、格段、姿勢がよくなり、構えも堂々として見えます
やはり成長が早い・・・
うかうかしていると打たれてしまいそうです
ojisan的には倅位年齢が違いますから、簡単に打たせるのもよくないと思い
容赦なく打ち込みました
以前より体のキレもよく、まっすぐ打ってくるので、先の技でないと
当たりにくくなってきました
もちろん、結果的にはあまり打たれてはいませんが
相手をねじ伏せるという意味において、心も打ちこむつもりで
稽古しました
最後はこちらの飛び込み面で勝負あり

ということで昨夜も充実した稽古をいただけました



剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します
a0265838_15442991.jpg
素振り用の重たい竹刀です
弦は白にしてますが、稽古や試合に使っているものは紫が多いです
理由は白や黄色だと稽古中に見づらいからなんですが、これも老眼の影響か?
ちょっと心配になってきてる40代中盤に差し掛かっている私です・・・


by kendo-ojisan | 2014-03-13 15:39 | 剣道の稽古

週末の土曜日はいつものように稽古に行ってきました

7段の先生・・・御四方
6段の先生・・・御一方
5段の先生・・・御一方
4段の先生・・・御一方

合計7本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
小柄ですが、思い切りよく打ちの出る先生
久しぶりにお願いしました
中心を取り合って、攻めて打たないと、逆に打ち込まれることになるので
いい意味で緊張感があります
この先生の面打ちは独特の間があって、打たれないと思っても
打たれてしまうことがあります
遠目の間合いで対峙しないと、ス〜っと入ってこられてしまいます
入り際には打てるように足を準備して、動き始めを打つようにします
そうは言ってもなかなか打てるものではなく、見すぎて居着きになると
面に何本か乗られました
しかし、遠間の面打ちはそれなりにいいところで出せてきました

一本勝負
早めに攻撃を仕掛けていきました
攻めて面、攻めて面と二本続けて打ちを出し
遠間からの面打ちを十分、警戒してもらい
再度、同じパターンで小手-面を散らし、攻めて面のタイミングで
小手に飛ぶと、ちょうど手が上がっており、いいところで小手が決まりました

攻めの継続で打てた一本でした

7段の先生・・・2番目
堅い中心の攻めから、面、突きと強い気迫で打ってこられる先生
こちらの先生も久しぶりにお願いしました
遠めの間合いで攻め勝たないと、打ちきれないので
面技中心に組み立てます
小手からの二段技も使いたくなるのですが、この先生は
小手を打つと、かなりの頻度で前に出てこられてしまい間が詰まって
面が当たらないので、我慢して出小手を狙うこともありました
一足一刀よりちょっと手前で打ちを出すと面を痛打できましたが
もう一つ、切れ味がなかったように思えました
そうこうしているうちに打つ込み稽古を行って終了

稽古後、面布団を狙って打つのではなく、顎まで切り込むつもりで打ったほうがよいと
ご指導いただきました
切り込む強さのある打ち・・・これは新たな課題として今後、取り組んでいきたいと思います

7段の先生・・・3番目
一気に間合いに入ってきて、面、小手-面と近間での早い技の出る先生
近間に入れないよう、十分な準備と攻めを出していかないといけません
しかし、そう簡単でなく、一瞬の動きで面を打たれたりしました
なので、攻め方を変えて、遠間からちょっとだけ間合いを詰めて
突きの軌道で眼を攻めて、居ついたところを打つと面が決まりました
前に出てくる前にこちらから打つ
簡単なようで難しい部分だと思いますが、これはうまくいきました

7段の先生・・・4番目
厳しい稽古のお師匠様
今回も集中して、数合の地稽古を行いまして、やはり浮かされてしまいました
攻めがきつすぎて、自分から技を起こせなくなります・・・
懸かり稽古を行い、思い切り息をあげて終了

稽古後、打つ時の入り方、攻め方が単調であり、わかってしまうとのこと・・・
工夫したいところですが力の差がありすぎて・・・

6段の先生
初めて道場にこられた先生
まっすぐで素直な剣道をされます
合気で打ったら思い切り面を打たれました
その後もいろいろと技を出して稽古をし
最後の相面は取らせていただきました
1年くらい前に転居されてきたそうで、これからも
稽古に来てくださるようです

5段の先生
比較的身長があり、技の早い先生
結構、打ちづらい剣道をされます
リーチがあるので仕掛けるときに間合いがやや遠めでやるしかありません
そんな中、ある癖がわかりましたので、そこを狙って稽古を進めました
相面で気づいたのですが、ちょっと竹刀が私から見て左に逸れている・・・
早めの仕掛けでまっすぐ、上から打つと面がしっかり打てました
面を打つつもりで間に入ると、手元が上がったので、そこは小手に仕留めました
早さもある先生ですが今回はそこを出させないよう早く仕掛けていく稽古ができました

4段の先生
先月、昇段した先生
ちょうど1年前に昇段した私からみれば、絶対に打たなくては
いけない相手です
あえて自分にプレッシャーをかけて稽古に臨みました
初太刀に面
その次に面が来たのを余して間を切り
出ばなを小手
その後は攻めて、面、出小手、出ばな面・・・っと
とにかく集中して起こりをことごとくこちらから打って出ました
いい出小手ももらいましたが、懸かる気持ちで臨んだためか
相手もちょっとたじろいでいた感じでした
プレッシャーを気迫に変えて攻める稽古ができました

ということで週末は7本の稽古でちょっと多めでしたが
いい汗がかけました
 
剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します
a0265838_15423974.jpg
ここ数か月の使用でそろそろにおいが気になり始めました
徐々に汗も多くなる時期なので、洗濯にださないといけません・・・
しっかり乾燥させて、カビが生えないよう保管しなくてはいけません


by kendo-ojisan | 2014-03-10 15:44 | 剣道の稽古

鐵小手

昨年、替え小手として購入した小手
鐵小手
a0265838_09453196.jpg


以前は4月でしたが、昨年から3月になった東京正武堂のセールが開催中です
竹刀を上から握れるこの小手は非常に使いやすいです
馴染んでくると、上から竹刀を握っている感じがよくわかり、竹刀のほうから
手に吸い付いてくるようなイメージになります
手首の部分は特にやわらかく、馴染みやすくできているようです

先日、お店を覗いたら、中古の鐵小手(洗濯済)がかなりのお値打ちで
店頭販売されていました
a0265838_09584906.jpg

a0265838_09550904.jpg

軽くて、使いやすい小手です
少年用もありますので、お子さんの小手の買い替えにもよいかもしれません
a0265838_19414216.jpg

興味のある方は是非、行ってみてください
JR山手線 五反田駅東口から徒歩5分ほど
目黒、渋谷方面に線路沿いを歩いていくと右手に
お店が見えてきます
店頭には防具が干してあるのでわかると思います


剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-03-08 10:00 | 剣道具のこと

身体のバランス

今月の剣道日本4月号
a0265838_11101928.jpg
「カラダの使い方、動かし方」
この特集は基礎トレーニングを行ううえで参考になります
怪我の予防にもなると思うので、実践できることを少しでも
取り入れようと考えてます

また、「暴力はいらない」の記事では指導方法に関する勉強ができます
今月号は読みどころが多いので保存版にしようと思います

剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-03-05 11:16 | 書籍情報