人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

試合まで10日ほどになり、昨夜も稽古に
行ってきました
体調はいまいちなんですが(お腹の調子はもう一つ・・・)
一汗かいてきました
春先に比べて汗の量が多いです

8段の先生・・・お一人
7段の先生・・・お二人
3段の方・・・お二人
合計5本のお稽古を頂戴しました

8段の先生
激しい気迫と早い技で攻めてくる先生
若手8段の気の強い稽古をいただく・・・
試合前には必要な稽古
試合のつもりで稽古しました
攻め合いでは張り続け、出足よく打つ
しかし、打つチャンスは少ない・・・
様々な手段で攻めていくものの崩し切れません
打たれそうな場面ではしっかり見切る、避ける
先を取られた、必ず返し技を出す・・・
最終的には面をがっちり打たれました
それでも、今回は緊張感のある激しい稽古ができたように思います
稽古後 眼がいいね・・・と
これはちょっとした褒め言葉ととらえることにしました
数合、出がしらを竹刀で殺したり、先生の返し技を出させないよう
打ち間を切ったり、つぶしたりしたことに対する言葉であったと思います
打てなくとも打たせない
試合では必要なことだと思ってます

7段の先生・・・1番目
強気の攻めから、大きな技で打ってくる先生
いつもより短めの時間でしたが、お願いしました
出足に合わせず稽古する・・・というか先を取りたい相手です
打ち急ぎすぎてしまった感がありますが
出端に打ち出す稽古ができました
ただ、気が急いていたようで、返されることが多かったように思います

7段の先生・・・2番目
まっすぐな構えからするどい技がくる先生
遠めの間合いで打ちに行くと簡単に返されるので
打ち間を確実に攻め取る必要があります
攻め合いの中で中心を取るまではいいとして
打ち出しは確実なところで打ちたい・・・
しかしながら、危険な間合いでのやり取り
でしたので打たれたり、打ったりの稽古になりました
出小手、出端面、飛び込み面といいところもあったので
試合でも使える技として意識してます

3段の方
体格が大きく、スピードのある打突の方
最近、うちの道場に来るようになった方
試合前にちょうど良い若い剣士との稽古です
小手から入る技が多いようなので、しっかりと
上から押さえつけるような攻め方で、手元を
上げないように攻撃を組み立てました
攻めていくと下がってしまうことが多いので
捕まえるのが大変でしたが、攻め込んでの面、出小手は
試合でも一本になる打ちでした
小手がこなくなると、面が来るようになりましたが
返し胴で対応できました

3段の方
実業団の剣士、スピードがありました
攻め口が難しい感じでした
実業団の選手は難しい人が多い気がします
みなさん、器用な剣道される印象です
一気に攻め込んでの面と竹刀を立てつつ反応したところに来る小手が印象的でした
こうなると我慢が必要で、速さに無理して対応すると
打たれるので、我慢して一発を狙いました
数合して打ってくるところが見えてきたので、普段、打つタイミングで
打たないようにして、一呼吸置くと、相手の間が外れて
面、小手と打てました
自分の空間の間と心の間、気の間みたいなものの存在を感じられた稽古でした

ということで水曜日もよい稽古ができました
今夜も稽古の予定です

a0265838_12472820.jpg
4mmミシン刺しの面 面金は IBB-ジュラルミン
軽くて使いやすい印象です
チタンはよいですが高価なので全部チタンには・・・
稽古はこれで十分な気がします


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-05-31 12:51 | 剣道の稽古

昨日は仕事で稽古に行けなかったので
今日は朝から稽古に行きました
そろそろ暑くなってきましたね

さて、今日は
7段の先生・・・お三方
6段の先生・・・お一人
5段の先生・・・お二人

合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
先日、7段審査に合格された先生
攻め手は互いに知ってはいますが
段位が上がると気持ちが強くなるのか
以前よりも強気な感じでした
ならば・・・
試合も近いことなのでいろいろと試してみました
やや遠い間合いからの飛び込み面は避けられはするものの
飛び道具の要素があって相手の出足が鈍る可能性あり
中間でしっかり攻めきって我慢しての出小手
これは有効!
ただし、攻め負けたり、先を取れないと自爆する諸刃の技
同じく中間で攻めきっての出端面
これも有効!
しかし、これも諸刃の技です
勝負は一瞬、躊躇したら負けです
考えて返そうとしたり、待って抜いた技はことごとく打ちきれませんでした
やはり攻めだと思いつつ稽古終了

7段の先生・・・2番目
強い攻めから面、突きと前での技がでる先生
先をかけて打ちをだしますが今日は打たせてもらえませんでした
攻めが甘かったかな~っと反省するのですが
それほど弱気な攻めではなかったように思うんです・・・
何が原因か?
体のキレはちょっと悪かったんですが
詰め切れていなかったことが原因かもしれません
たぶん、ほんの2~3cmの差なんじゃないかと思うのですが
そのちょっとを詰め切れなかった
より強い攻めで引き出されていた・・・
これはこれでよい勉強になりました
相手が嫌がる”間”への侵入これが大事なんだと・・・

7段の先生・・・3番目
早い攻めからの面、小さい担ぎ技などで打ってくる先生
初太刀は遠めの間合を取って、相手の詰めはじめを一気に
面打ち これはいいところでした
こうなると簡単には出てこなくなるので
次はもう少し詰めて面
これもいいところ
その後はさすがに打たせてもらえません
警戒が強く、結局攻めきれませんでした
こういった場合の打開策も準備しなくては
いけません
まだ、引出しが少ないな~っと感じた稽古でした

6段の先生
いつもお願いしている業師の先生
ここでも初太刀の面は浅めでしたが、いい面だったと思います
次の面もまずまずいい技
その後は、凹すか打たれました
攻めて飛び込み小手を狙ってとらえたかと思ったら
次の瞬間に体ごとつぶされました・・・
一本にさせない技もあります
残心を取らせないつぶし方・・・
私はうまくできませんが、こういったことも
試合では有効なんだと思います
最近、この先生に対しての有効打突のチャンスというか
機会が増やせたのは自分としての進歩だと思います

5段の先生
先月昇段した先生
試合を意識して、絶対の自信をもってうてる場面を
作るように稽古しました
出足のいい先生なので、試合前の稽古には良いお相手
何本か面を打ちこみました
胴を打たれた場面もあるにはありましたが
体が前にでていれば、それほど苦にはならないものです
自分の得意な場面設定・・・この場面に行きつくまでの
作りの部分が非常に難しい・・・
単調になってしまうと打たれますので、ここ!!というところを
試合の中で1回か2回作ってものにするしかないんでしょうね・・・

5段の先生
まっすぐな技で打ってくる先生
時間がなかったのでお互いに打ち込み稽古をしました
本数にして10本くらいでしょうか?
できるだけ声を伸ばして、一息で打てるところまで
打ってみる
息は上がりましたが、久しぶりに連続の打ちこみで
体を動かしました

ということで昨日できなかった分も含めて
身の入った稽古ができたように思います
a0265838_22344268.jpg
そろそろこの胴も出番かな?
試合のときに持っていこうかと思ってます
竹胴なのでちょっと当たってもいい音がしちゃうのですが・・・
胴を打たれないように気を付けます・・・

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-05-25 22:37 | 剣道の稽古

今日は何とか仕事を時間内に終わらせて
稽古に行きました
今週は土曜日が仕事のため、何とか今日稽古がしたかったんです・・・

ということで

8段の先生・・・お二人
7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

8段の先生・・・1番目
激しい攻めと強い打ちで圧倒される先生
先週に続きお願いしました
攻められても引かずに攻め返す
攻めて前に出て打つ
言葉にすればこうなるのですが、実際に行うは難し・・・
連打もあるので気が抜けないというより、気が気でない・・・
以前に比べればかなり慣れてきてはいるのですが
自分から打って出る稽古を実践です
面、小手と打っては返され、先で面に乗られ
面を打っては打ち落とし面をいただく・・・となかなかつらい稽古です
そんな中、無心でというか反射的に打った面が一本
我慢して打った小手は深かったんですがタイミングはまずまずな
技でした
少しずつですが自分の剣道を出せるようになりつつあるのが
昨年との違いな気がします

8段の先生・・・2番目
早い攻めから無駄のない動作での的確な打突が出る先生
非常に難しかったです・・・
出がしらに小手を打っても掠ることができず
なんでかな~っと思って同じように打ってみると
すり落とすような動作が入っていて竹刀が殺されていることに気づきました
つまり読まれてもいるし、反射的に小手を守りながら打突に移っている・・・
こんな高度なことは正直まねできません・・・
自分らしい技も何本かは出せましたが、一本というほどの
ものはありませんでした
久しぶりにお願いしたんですが、高~い壁がさらに高くなった印象でした

7段の先生・・・1番目
まっすぐな伸びのある面技が予期せぬ場面で伸びてくる先生
この先生も難しい剣道をされます
技はまっすぐです
なので待ち剣で応じていくことは可能
ですが、それは一回しか効果がないです
構えていて安全と感じる場面でも気づくと面を打たれる・・・
気を抜いているわけでもなく、竹刀が伸びてくるように感じる面がきます・・・
たぶん、足の攻め方に工夫があると考えてますが解明できていません
強く早い攻めとちょっとタイミングを外したりすると打てもしますが
いわゆる”実”での一本を取るにはやや遠い間合いで構えて動きだし
間の詰め頭を一気に打つくらいしかありません
これも警戒されていてチャンスもなく・・・
再度、攻略方法を開発していくことにします・・・

7段の先生・・・2番目
小手のお得意な先生
私の面 vs 先生の小手、小手-面
この構図でずいぶん稽古させていただいてます
やはり色のない面のみが有効
というのが答えではありました
かなり思い切った打ちでないと有効打にはなりません
打ち気を感じて、その瞬間には打ちが出ているような
イメージです
防御動作の途中で面が打てているか、相面の動作中、先に乗っている
こうなるのは稽古中に1回か2回くらい
少ないチャンスで無心となりそうな技を出せればよし
今回は一本だけでした ちょっと浅かったですが、機会はよかったと思います

6段の先生
何度もお願いしている業師の先生
かなり粘りました
ぎりぎりでの打ち合い
攻めに浮かないように前に出る
厳しいところはなんとかして一本にしない
しかし、粘っても粘っても最後にには打たれました・・・
ちょっと剣先が動いたその刹那、小手を打ちこまれました・・・
く、くやしい・・・

4段の先生
某専門大学ご出身の女性剣士
伸びのある面が印象的でした
初めてお願いしましたが、さすがは専門家
動きは男子でした
小手もすごいのが来ましたがこれはかろうじて
打たせず・・・
しかし、強い攻めで追い込んでいくと
下がってしまう場面も多く、やはり試合の動きなんだな~っと思いました
詰めて下がったところで面、相小手面などでいい技がだせました
最後は面をもらってしまいました
どうも、女性の技前は男性とちょっと違っていて
打たれます・・・


今夜も充実した稽古ができました
今夜はぐっすり眠れそうです
a0265838_23450507.jpg
顎の部分に少し工夫をして物見を合わせてみようかと思います
うまくいったら報告します

励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-05-21 23:46 | 剣道の稽古

土曜日はいつもの通り稽古でした
今回は初めてうちの道場に来られた
リバ剣士もあり、多くの稽古をいただきました

8段の先生・・・お一人
7段の先生・・・お三方
6段の先生・・・お一人
リバ剣の方・・・お二人

合計7本のお稽古を頂戴しました

8段の先生
小柄ですが打ちの大きな先生
春先、腰痛でしばらく稽古を休まれていたようです
小柄ですが、中心をしっかり張って、機会となれば
素早い打ちが出てきます
こちらも攻めて出るようになります
出足が少しでもずれると必ず、大きな面を打ちこまれました
そんな中、攻めて小手-面、出小手はいいところだったと思います
その後はさまざまな間合いで攻めて打ってでましたが
なぜかがっちり打たれました

稽古後、面打ちのときに力が上に逃げているとご指摘を受けました
手元も上がりやすいので顎も上がっていると・・・
前に出すぎるくらいの意識で面を打つよう指導いただきました

7段の先生
厳しい稽古のお師匠様
昨夜も厳しいお稽古をいただきました
自分から攻めているつもりで打って出るのですが
どうもまったく攻めになっていない・・・
つまり、剣先に力がないように感じておられたようです
稽古中、当たることは多少あっても打てた場面がなく
確かに動き出しは先を取られており、遣われた状態
打開できずでした
お師匠様にはいつも攻め続けられて終わってしまいます

稽古後、仕掛け方を勉強しないと、先を取られ続けると
ご注意いただきました

どうにも、仕掛け方が弱いのか、仕掛けたつもりが
打ちとられています・・・

7段の先生・・・2番目
小手打ちの得意な先生
小手 vs 面になる稽古
打たれても嫌がらずというか、打たれることを前提に
前に出るようにしています
かと言って、無防備に打って出るのではなく
間合をさまざまに試しながら、表からの技を中心に
攻めます
今回はできるだけ二段技を出さずに、機会で打てるように
稽古してみました
しかし、どうにも間をつぶされてしまい、簡単ではありません
今回は遠めの間合いでも体を出されて間をうまく躱されてしまい
なかなか打てませんでした

稽古後、ちょっと迷いがあるようだとご指摘いただきました
確かに心当たりが・・・欲をかくとよろしくありません・・・

7段の先生・・・3番目
固い構えからグッと入って大きな技で打つ先生
先日に続き、お願いしました
このところ分が悪くなってきました
理由はおそらく、攻めのパターンに慣れてしまったのだと思われます
まだ、マスターできていないやや遠めの間合いからの飛び込み面は
不完全な出来具合
確かに、打てる相手が決まっている気がします
今回も出端を狙われたり、出る前に攻めてこられたり
どうにもやりにくい状況を作られます
最後の相面はまずまずの面でしたが、それ以外は
攻め負けていた気がします

6段の先生
打ち出しが早い先生
攻め合いは複雑ではないのですが
外連味のない技がくるので、出端をうまくとらえないと
打ちにくい・・・
できるだけ出端を感じて打つようにしましたが
思うようには打たせてくれません
攻めがきつい印象ではないのですが”気”を感じにくい印象になります
あえてこちらも”気”を抑えて、感覚的な技だしをしてみました
しかし、普段から割と気を前に出していく稽古をしているせいか
”気”の殺し方が下手なようですぐに気取られてしまってました
このあたりも勉強が必要なようです

リバ剣士・・・1番目
比較的長身の方
私より少しお若いリバ剣士
身長もあり、スピードもそこそこあり
久しぶりの剣道でまだ体がついてきていない印象でした
攻めていくと、耐えられない感じで打ちだしてしまうので
こちらの打ち出し前に打って出てしまうように見えました
なので、その先で打つことに・・・
面、出小手、抜き胴と一通り”引き出して”打てた技もあり
稽古で上位の先生に通じていない部分も試すことできました
自分の復帰直後を見ているようでした

リバ剣士・・・2番目
小柄な方
身長は同じくらい
スピードままずまず、振りも大きくまっすぐ
こちらの方はほんとに機能が数年ぶりの稽古だったそうで
その割には、動きのある剣道でした
やはり攻めると早々に打ち出してきてしまうので
攻めて前に出て下がらせて苦しくなったところを打つ
そんな稽古をしました
必死に避けようとしていた感がありましたが
出端は避けようがなく、面、出小手と打ち
最後は出端面で稽古終了となりました

リバ剣の皆さんにはけがのないように稽古をしていただきたいです
無理してやるのではなく、少しずつ体を作る
半年はかかるように思います
剣道としてみると1年くらいはかかるのかも・・・
実際、私もそんな感じでしたし・・・

社会人が30~40代になって剣道再開
自分もそうですが、剣道に求める何かがあっての再開ですから
できるだけ応援して、稽古に参加しやすくしてあげたいと思います
稽古後の美味しいビールやお酒も込みになってくると、ホントのお仲間に
なれそうです
a0265838_04203296.jpg
乳革を修理して、最近使い始めてます
ひもが滑って取れやすいので、稽古中にも
結びなおしています
革が慣れてくるとだんだん締りがよくなってくるはず・・・

剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-05-19 04:22 | 剣道の稽古

先日、名古屋で6,7段審査がありました
うちの道場でもお二人の7段合格者がでました
春先から稽古仲間の昇段ラッシュです

昨夜は普段からよく稽古をしている
7段合格の先生が来る日でしたので
稽古後のささやかなお祝い会も込みで行ってきました

稽古は
8段の先生・・・お一人
7段の先生・・・お三方
3段の方・・・お一人
高校生・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

8段の先生
ぐいぐいと前にでて、攻撃的な稽古をされる先生
とにかく、足も手も動きのある先生
そろそろ70歳に近いのですが、年齢は感じさせないです
とにもかくにも、攻め負けず、打ちを出していく稽古をしました
攻めて面、攻めて小手、小手-面と前にでる技を中心に攻撃を
組み立てていきます
簡単には打てませんが、攻めて仕掛けることを積極的にやりました
胴に返されたり、抜き面を合わされたりもしましたが
それなりに機会は悪くなかったように思います
打った後、竹刀を上にあげてしまう癖に関しては
ご注意をいただきました・・・気をつけなくては・・・

7段の先生・・・1番目
きっちり中心を張って、攻めてくる先生
先日に続き、お願いしました
初太刀は前回同様に表から中心を攻めて
遠めの間合いで一気に打ちました
この面はいいところだったと思います
その後は先日よりも厳しく攻められてあまりいいところが
なかったのですが、打ち合うよりも攻め合って間がつぶれる
形が多かったと思います
打ちきれない・・・我慢比べをじっくりやった感じでした

7段の先生・・・2番目
先日、7段に合格した先生
稽古は元立ちとなり、ちょっと緊張感があったように思います
実際、元立ちに立てば、だれが相手でもきちっと指導稽古が
できるようになっていないといけないわけで、なかなか大変だと思います
最近、私が注意しているポイントもわかっていただいているので
厳しいところで攻め合い、打ち合いしてお稽古いただけました

7段の先生・・・3番目
なかなか難剣な先生
出てくるかと思えば、出てこない・・・
そんな印象の先生
久々にお稽古しましたが、今回もまた難しい感じでした
いわゆる気当たりのようなものがなく、気配のないなかで
探り合う感じです
逆に、思い切って竹刀を立てたり、がっちり間合いを詰めて
手元を上げさせないと打ちきれないこともあります
ただ問題は当てっこにならないようにするのが難しいと思いました

3段の方
初めて稽古にこられた方
お若い方で、打ちも早く、体の運びも早い
ただ、この剣道に合わせるのではなく、しっかりと攻めていく稽古をしました
攻めに対する反応をある程度確認して・・・
攻めて面、攻めて面 
出端を小手と打ってみると、攻めて起こりを抑えることで
早さも制御できるような感じでした
しかし、攻めると相手が下がってしまい打ってこなくなってしまいました
こうなるとなかなか難しい

稽古後、上の先生からうまく打たせる工夫をしないと
追いかけっこになるとご指導いただきました
引き出す・・・遣うための工夫・・・これはまた難しい課題に出会いました

高校生
某強豪校の1年生
春先、受験が終わったころは、しばらく稽古できていなかった
せいか、腰の残った打ちが多かったのですが
さすがは強豪校の厳しい稽古で揉まれているせいか
打ちの姿勢がよくなってました
ただ、中心の取り合いとなると、打つというより当てることに
目が行っているようで、私の竹刀を回して避けての打ちが
多かったように思います
思い切って打てばいいのですが・・・
これはもう少し先になるのかもしれません
しかし、若手の進歩には目を見張るものがあります

ということで多岐にわたる稽古ができました
今回で本年30回の稽古をしました
今年は昨年より1回でも多く稽古したいと思います
a0265838_18042417.jpg
連休中に京都大会に出場された先生からお土産としていただきました

a0265838_18053002.jpg
高名な方が作られた手ぬぐいです
もったいなくてまだ使ってません・・・


剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-05-15 18:06 | 剣道の稽古

土曜日の晩はいつものように稽古にいきました
先日の稽古でもなんとなく問題にしていた
攻め、機会、打たれ方というようなことに関して
具体的にできればいいな~なんと思いながら
自転車で出かけました

7段の先生・・・お一人
6段の先生・・・お一人
5段?の先生・・・お一人
20代の方・・・お一人
中学生・・・お一人

合計5本のお稽古を頂戴しました

7段の先生
厳しい稽古のお師匠様
前回お願いしたときは結構、自分から打てていたので
中心を張って、自分から仕掛けようと思いながら始めましたが
前回のようにはいかず、まさに遣われました
どうにも先を取られていて感じた時には動きを抑えられているような
稽古になってました
後半、避ける動作が多くなり、まったく内容の悪い稽古にしてしまいました
唯一、収穫だったのはお師匠様のすりあげる竹刀の軌道が一、二度目視で確認できたこと

こうやってすりあげるとうまく打ちおろせるんだな~っと稽古中に感心してしまいました

6段の先生
攻め方と技の百貨店を思わせる先生
なかなか技を決めることができないのですが
今回は初太刀のみよかったと思います
立ち上がり中心の取り合いから互いに少しだけ間を詰めた状態
一呼吸で私が表からす~っと入るや否や迷わず打った面が
相面となりばっちり打てました
久々に「まいった!」とのコメント
よし!と思ったのはその時だけでした
その後はさまざまに打ちを出していくのですが
余されたり、攻め返されたり、打ちかえされたり
どうにも打てなくなりました
スイッチを入れてしまったようでした
手足が長いので、見えていた小手が突然遠くにいってしまったり
打てそうな面が竹刀の届く範囲から消えたりと
苦戦の連続
最後は小手-面と乗られて終了・・・

やはり、まだまだ修行が足りません・・・

5段?の先生
お隣の剣連から稽古に来られた先生
長身で懐が深い印象でした
きっちり攻めて、先をかけて打つようにしました
面技を中心に攻めを組み立てましたが
時々乗られることもありましたが6:4くらいで
私の面が多かったように思います
理由として
・先の打ちを出した私と合わせてきた相手
・面の攻めで小手、胴と出して的を散らした
このようなことが考えられました
最後は手元が上がったところを小手を打ちましたが
攻めの効果が実感できた稽古でした

20代の方
初めて来られた方
なんと二刀を使っておられました
正二刀でありましたが、これが私は二度目の二刀流の稽古でした
どうにも距離感がつかめず、右小手、突きを狙いながら
打ちを出すのですが、うまくいきません
少しずつ、打つタイミングはわかるようになってきましたが
攻め方をもう一度研究しないといけません
突き、太刀の小手を攻めて、降ろさせることが重要で
返し技もうまく使わないといけないのはわかっていたんですが
実際には簡単ではありませんでした
また、稽古に来られたらお願いしてみようと思います

中学生
打ちのスピードと強さが徐々に出てきた子
筋力が徐々についていたせいか、いい打ちがでるように
なってきています
ただ、攻めにビビッているというか、あわてて打ちを出す癖が
あって、機会がつかめていないようです
なので、あまり早く竹刀と振らず、機会を確実にとらえて
先の技を見せるように稽古しました
かなり打たれたので本人はちょっと辛そうでしたが
打たれている場面で出遅れていることは自覚できていたので
これからできるだけ先の技で「感じたら打つ」ことを心がけて
くれよう指導しました

ということで今回も課題が多くなりましたが
充実した稽古ができました
a0265838_17525170.jpg
常にここで勝って打てるようになると試合も審査もいけるように思います
中心と取って、一足かやや遠い間合いでの思い切った打ちが非常に重要なんです
しかし、40を超えて昔のように体は動かないので、体力とその先、その奥の
打ち間を先にとれるように稽古していこうと思います

剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-05-11 17:56 | 剣道の稽古

子供と奥さんは奥さんの実家に行っているので
今日も稽古にいけました

7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お二人
5段の先生・・・お一人
大学生・・・お一人
合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
中心を強く取りながら、大きく技を出す先生
中心をしっかり取って攻めてこられるので
こちらもしっかり張り合っていきました
一足より少し遠い間合いで一気に打ちを出したところ
これがいい面打ちになりました
次の攻め合いでもほぼ同じようなタイミングと間合いで
打ちましたが、やや浅め・・・
その後、なかなか打ちきれません
剣先を低めに構えられて、簡単に間合い入れなくなりました
何とか手元を上げさせようと工夫はするものの、構えは
まったく動ぜず、手詰まりの状況になったと思った刹那
ドンっと面を打たれました・・・
高段者の先生方は、同じ攻めには動じない・・・
まだまだ、攻め方のバリエーションが足りません・・・

7段の先生・・・2番目
一昨日、合気になることができず、思わぬところで打たれた先生
打たれた原因を探るべく、お願いしました
中心を取って、しっかり起こりを打ったつもりが
どうも外されている・・・
よく観察してみると、上から私の竹刀が中心にいたところ
下から躱して、入ってきているのが見えました
なので、さらに抑え込んだ攻め方をすると
今度は胴を打たれそうになりました
なかなか簡単ではない・・・
敢えて、間合いを詰めて面の入りで小手を打つとこれは
いい小手になりました
しかし、そこもうまく躱されはじめ・・・
最後は動き始める刹那を面に出て打ちこめましたが
なかなかやりにくくされてます・・・

6段の先生・・・1番目
技のデパートな先生
なかなか打てないのはわかっているのですが
そんな中、何とか一本を狙っての稽古
今回は表からの攻めを強く意識していくことを課題に
しました
色のない技を出していくことで、攻めのバリエーションに
変化は加えられます
手元を上げさせるような攻め
のけ反るような攻め
出会いがしらの一瞬を作る攻め
色のあるないでこれらの攻め方に変化が出るので
多少なりとも攻撃のチャンスが増やせる?
しかし、現実は甘くなく容赦のない攻めがきました
これまでは耐えきれないと下がったり、手元が上がったりして
打たれるケースが多かったんですが、最近、できるだけ前に出て
抑えたり、よけたりすることができるようになり
体勢はかろうじて維持できています
これにより、応じ技が少しずつ出せるようになってはきています
今回の稽古では一瞬、面が光ったようにみえて相面のタイミングで
一本いい面が出せました
最後は小手を切られましたが、意識的に攻めて一瞬を打てたことが収穫でした

6段の先生・・・2番目
手元の堅い印象の先生
久しくお願いしていなかった先生でした
オーソドックスに攻めてみましたが、小手を狙っておられた
ようでした
最近、小手を打たれるのをあまり気にしなくなったので
思い切りよく打って出ると、こぶしには当たりましたが
そのまま面を打っていきました
タイミングは面だったと思います
なんとなく待ち剣パターンになってきたので
面を引き出してみようとしましたが、そうは簡単ではなかったです
ちょっと半端な稽古になってしまいました

5段の先生
女性の5段剣士
すご~く久しぶりにお願いしました
以前、稽古したのはもう20年ちかく前のこと・・・
中心が強くなっていて、簡単には打たせてもらえない感じでした
6段審査も意識しておられるようでしたので
奇をてらわず、しっかり攻めて打つ稽古をしました
女性の場合、間合いもそうですが、打ち出しのスピードや
竹刀を振るスピードなども男性とは違うので
勉強になります
早すぎると返し胴や余し面の餌食になるので
本当に出てくるところを打たないと
思わぬところで打たれます
攻めて面技を中心に徐々にタイミングや技の起こりを
抑えながらの稽古でした
時間は短かったのですが、勉強になりました

大学生
某大学の体育会剣道部の学生さん
強豪校です
春先から合宿などで鍛えていたのは存じてましたが
やっぱり、豊富な運動量、反射的なスピードなど
非常に元気でうらやましい
この剣道に合わせると打たれるので、こちらは
いわゆる位攻め・・・
動ぜず、しっかり構えて間を詰めて、手元を上げずに上から
乗るように攻め続ける・・・
こうしていると、居着きが見えたり、出端がみえたりと
打つ機会は探せます
忙しく打ち合いになると当然、若いほうに分がありますので
こちらのペースで剣道をしていくことがいかに重要かわかります

ということで
子供の日は稽古をしっかり行えました
今日はGW最終日ですが、ゆっくりしようかと思います

剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_09551293.jpg
稽古用のミシン面です
ちょっと臭いがしてきているので
自宅で消臭作業中です
今日は曇りですが、晴れた日は半日日光消毒しました
日光消毒は効果的ですね
ただ、あまり長時間やると革が傷むので
いい加減でやるのがよさそうです

by kendo-ojisan | 2014-05-06 10:04 | 剣道の稽古

腰痛からの病み上がりのため、たくさんの稽古はしませんでしたが
本日から稽古を再開しました
腰痛のほうはかなり良くなっています

本日は
7段の先生・・・お三方
にお願いし、3本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
独特の攻めから打ってこられる先生
比較的手元を上げて防御姿勢になることも多いのですが
なかなか打ちづらい剣道です
早めの仕掛けで打っていくことで機会を増やせる感じになります
遠い間合いで対峙して一足より遠めで中心を取って打ちを出すように
しました
最初の面はちょっと浅目でしたが、悪くない感じ
数相は遠いところでの打ち出しでよかったのですが
さすがに返し胴を狙われました
ちょっと詰めると、相手も打ち間となるので
混沌としてしまいました
やはり打ち間の取り合いというか陣取りというかこの辺のやりとりは
もっと得意なところを増やさないといけないな~っと感じた稽古でした

7段の先生・・・2番目
細かい足さばきから連打や出端技で打ってくる先生
初太刀、やや早めの仕掛けで面
これは浅めでしたが、タイミングは悪くなかったと思います
攻め合いでなかなか厳しく、打つチャンスが少ない感じでしたが
攻め起こすイメージを持って前に出るようにしました
打ちに行けばその分、打たれるのですが、最近、気にせず
打ちにいくことができている気がします
面に対して、応じての胴がいい感じで打てているのが
気分的に落ち着きにつながっているようです
攻めが効けば、返すことができる回数が増えたので
あえて打たれたことを気にせず、次の機会を探せばいいという
気持ちで稽古できているようです
その後も厳しく稽古していただきましたが、何本かいい面が打てたと思います

7段の先生・・・3番目
思わぬタイミングで打ちが出る先生
攻めから打ちへの動きに無駄なことをしないようにして
稽古しました
しかし、これがまた難しい
こちらの攻めが厳しくなると、応じられるというか
あえて攻めさせて、抜いてこられたり
出端をずらされたりと、難しくなってきました
確かに面打ちは打てました
これは年齢とスピードの差もあるのですが
それ以上に思わぬところで面金をかすめられたことのほうが
反省点になりました
ついつい打ち気が強くなり、相手の気を読み切れてなかったというか
合気になることを忘れていたように思います
打ち気を抑えつつ、いつでも打てる心身をつくる稽古をしていかないと
いけないです・・・

a0265838_19364327.jpg
稽古用の胴です
やや大きめなのが玉に瑕なんですが
これは身長のない自分のせいでもあります・・・
最近、二本足の胴のほうが使いやすく感じてます
どうも三本足だと脇のあたりが気になりますね・・・

剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-05-03 19:39 | 剣道の稽古

昨日の昼休み、病院で治療をしてきました

硬膜外洗浄という治療です
尻のところにある”仙骨”という骨には
いくつか穴が開いているそうで、ここに針の先を
入れて、さらに細~いチューブを”硬膜外腔”という脊髄の神経を
包んでいる袋の周りに入れます
そのチューブから生理食塩水を入れて、神経のまわりの袋を
”洗浄”して、その後、局所麻酔薬とステロイド剤を
入れて終了となります

・針を刺すときは局所麻酔をしてもらうのですが、薬が効くまでは
 ちょっと痛いです(う~っと軽く唸るくらい)
・太い針を骨の穴に入れるときは押されるような感じがします
・チューブを入れて、水が入ってくると隙間が押し広げられるので、痛みがあります
・最後の麻酔薬とステロイド剤が入ってくると、す~っと痛みがとれてきます
・その後は90分寝た状態で安静です
当日に帰宅できるので、90分の安静ののち職場に帰り、仕事をしてから帰宅しました

麻酔の効果がきれても多少、違和感がある程度で痛みはなく、足のしびれもほとんどなくなりました
今朝は薬が多少、切れたのか、しびれが1/3くらい出てますが、痛みは全然なくなってます
証拠写真
a0265838_09575699.jpg
a0265838_09583281.jpg
横に見えるのが針とチューブで、黒っぽく色がついているのは薄めた造影剤というものと生理食塩水が混ざったものです
神経に触る神経ブロックよりも広い範囲に効果が出るみたいで、これまで何度かやっていただいた治療の中では私に関しては
最も良く効いています
なんでも、痛みの原因物質を水で洗って薄めてあげることで神経への刺激が少なくなり、麻酔が効いている間に
強い炎症止めの効果があるステロイド剤が痛み物質を抑えるという感じのようです
以前、硬膜外麻酔をしてもらったこともあったのですが、効きが狭い範囲で十分に痛みがとりきれなかったので
この方法でやっていただくことで、広く痛みが取れました
人それぞれの効果だそうなので、何とも言えませんが、こういった治療技術の進歩は患者である我々にとっては
ありがたいものです



剣道 ブログランキングへ 
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-05-01 10:05 | 剣道の稽古