ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

気分転換

正月、GWと仕事が入り、子供とゆっくり過ごせなかったので
週末ちょっと遠出してみました
稽古も休みましたが、リフレッシュにはよかったように思います

a0265838_22174283.jpg
偶然、晴れ間も見えてなかなか良い景色でした

日帰り温泉にも入って、おいしいお豆腐も食べて
心身ともにリフレッシュしました
自然の中でゆっくりすることって、人間という生き物に
とっても大事なんだと感じられました
都会の喧騒を離れられてよいことがありました


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-29 22:23 | 雑記 | Comments(5)

梅雨でジメジメしていますね
湿度が高いとどうにもすっきりしませんが
そんな時は稽古してすっきり汗をかくに限ります
ということで昨夜は稽古してきました

7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お二人
3段の方・・・お一人
初めてお願いした方・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
中心の堅い構えからど〜んと大きな技の出る先生
攻め合いで急がず、じっくり対応していきました
攻めて打ち間に入ると、竹刀が動き始めたので
しっかりしないを抑えて殺し、打たせず
今度はやや遠いところから面に出るも、躱される
数合して面を返して胴!
これはまずまずいいところでした
間を詰めて、小手、面と打ってでますが避けられる・・・
遠い間合いで交刃の間に入るか入らないかのところで
思い切って面!
これもいい面になりました

7段の先生・・・2番目
若手7段、中心をしっかりと取りながらも柔らかく技を使う先生
伸びのある面が独特の流れで出てきます
これを先に打つか、返すか、抜くか・・・
先をかけても読まれることが多く、目がよいので
簡単には打たせてもらえません
小手、小手-面、面の2段打ちと散らしながら出端を狙うんですが
敵もさる者・・・
こちらの出頭を狙われ、いい小手ももらいました
数合して、面にきたところを胴に返してこれはいいところでした
最後は手元を攻められて小手を打たれましたが
前懸りになって稽古できたので楽しかったです

6段の先生・・・1番目
攻め、技の引出しが過剰なくらい豊富な先生
しかし、昨夜の前半は押し込みました
7段の若い先生との稽古直後だったのも好影響で
ガンガン前に出ていきました
立ち会い最初は面の相打ち、出端に面と懸る気持ちを出しての稽古でした
そうしますと、今度は徐々に厳しい攻めで押し込まれ
下がりはしないものの気持ちが徐々に浮かされた感じになってきました
後半はかなりきつかったです
徐々に攻め込まれる場面が増え、突きが来たりして上下の攻めに
翻弄され始めました
最後は手元を浮かされて小手に切られてしまいました

6段の先生・・・2番目
まっすぐで外連味のない技の出る先生
久しぶりにおねがいしました
いや〜昨日は打たれたな〜
面、小手-面と勢いよく打たれました
遠い間合いから一気に打ち間に入っての打ちも避けられ
出小手をもらいました
後半、遠い間合いで一気に面に飛び、惜しいところでしたが
余されました
最後にまたもや出小手をもらい終了

3段の方
若い方で竹刀の振りが早く、体の寄せも早い方
攻めで崩す稽古
中心をしっかり張って、手元を崩さす、出端を中心に
相手を動かす稽古
上の先生方にはなかなかできないのですが
若い方だとこれが意識的にできます
攻めて面、出小手、小手-面
攻めて追い込んで面とここでは攻めが
効いているのか、うまく体が運べました
最後はいところでまたも小手を打たれましたが
攻めの効果を感じられた稽古になりました

初めてお願いした方
独特のリズムで打ってくる方
段位をお聞きしなかったのですが
私には難しいタイプに剣道でした
気当たりがなく飄々とした剣道でした
攻めても反応がなくて、どうにもやりにくい・・・
妙なタイミングで面を打たれました
こうなったらとことん打ってもらうことにして
どういう打ちなのかを研究することにしました
わかってきたことは一拍子の打ちではないこと
避けたあとに竹刀が降ってくるような感じといえば
いいでしょうか?
なかなか先をかけきれず、かといって先に打つと避けるのは
なかなかお上手・・・
う〜ん難しい・・・
最後は小手を打ちましたがどうにも難しい稽古でした

ということで昨夜は腕がなくなるほど小手を打たれました
小手の応じ技をしっかり使えないといけません・・・

a0265838_07303556.jpg
突き垂には丈夫さと柔らかさ
そして、美しさが同居してます
ある意味、胴胸と合わせて機能美を感じます

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-26 07:32 | 剣道の稽古 | Comments(0)

先日購入した白袴・・・ミツボシの製の”セオアルファ”という袴です
綿袴に比べて非常に軽い!
それでいて、生地の質感はそこそこに密な感じがします
実際はいて稽古してみると、軽さで足まで軽くなった感じでした
汗抜けは最高によいです
汗をかいても、べたつく感じはなくてさらっとしてます

使用後に洗濯しましたが、乾くのが早い!!
梅雨時には非常に助かるアイテムです
これから夏用の袴を買おうと思っている方がおられたら
おすすめの商品です
白、紺、黒と3色あるので稽古着に合わせてみてもよいかと思います

a0265838_06393208.jpg
上下白だと何となく涼しげな感じがして自分的には
さわやかなんですが・・・白クマみたいだとも言われました・・・(笑)


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-25 06:42 | 剣道具のこと | Comments(2)

先日の試合のあと、仕事が忙しかったり
左右のアキレス腱の痛みが出たりとなんとなく
体調が今一つで、梅雨の低気圧の影響か
腰の調子も悪くて、2週間ほど稽古を休んでました
昨夜は久しぶりに稽古に行ってきました

7段の先生・・・お一人
6段の先生・・・お三方
5段の先生・・・お一人

合計5本のお稽古を頂戴しました

先日の試合でいろいろと感じるものもあり
打たれ方を研究することを課題に稽古してみました

7段の先生
厳しい稽古のお師匠様
いつもと変わらず、内容は厳しかったのですが
打つ→打たれる
打つ→避けられる
打つ→返される
大きくわけるとこういった形になるのですが
私の場合もう一つ
打とうとした→打たれる
このパターンにも注意を払いました
結果として少しずつわかったこと
それは、私の打たれパターンで一番多いのは
打とうとした→打たれる
このパターン
特に高段位の先生方にはこの傾向があるように
思います
今回の稽古でも
いわゆる一本の打ちで打たれた場面の半分弱は打とうとしたときでした
”気”が出ているのか、”気”が下がっているのかのかが自覚できませんが
どうも、”打つ”行動の瞬間かその寸前に問題がありそうです
稽古はいつものように打ちこみをしっかりやって終了でした

6段の先生・・・1番目
小柄ですが、打ち間になると鋭い技が来る先生
間合いの距離的な勝負をすれば打つこと自体はできますが
それでは打つ前の”我慢”の稽古ができないので敢えて、打ち間での
勝負を仕掛けてみました
交刃の間合いでの打ち合いは確かにこちらに
分がありましたが、さらに打ち間となる間合いに入ると
なかなか打たせてもらえません
敢えて”打ち間”にしっかり入ってからの面打ちで
出端面になったのが2~3本ありました
打ち間で出小手を狙ったところはことごとく
面を打たれるか、摺り上げ面をもらいました
この間合いではやはり、打とうとした→打たれたという
パターンがあり、起こりの前にすでに打たれている感覚になりました
最後、出端面を決めましたが、これは交刃の間合いでしたので
こちらの打ち間ではありましたが、お相手にとってはやや遠い間合い
一本勝負でしたので、とらわれずやりましたが、
いずれは”敢えて相手の打ち間”での勝負を
仕掛けてみるつもりです

6段の先生・・・2番目
技の百貨店ともいうべき、攻撃的な先生
立ち上がりから、打とうとした→打たれたを
痛烈に感じる稽古になりました
飛び込み面を2本続けて打たれました
完全にこちらに遠く、相手に近い間合い
さらに言えば攻めを感じた瞬間に打たれたという
感じでした
その後、攻めて間が詰まったり、打って避けられたり
攻めて、打たせて返したり
打たれそうになって、避けたり・・・
そんな中、ぎりぎりまで打ち間に入って我慢して出小手が
一本、いいところで打てたのがありました
その後もかなり厳しい攻めでつらい稽古でした
数合あり、何か感じるものがあり、次の攻撃は・・・突きかな・・・って
思ってすぐに出すのもなんなので
攻め合いでちょっと間を切って、詰めなおす・・・打とうとした→突かれた・・・終了でした

6段の先生・・・3番目
中心の強い攻めから、大きな技が出る先生
構えあい、攻め合う・・・動けないまま面を打たれました
打とうとした→打たれたパターンでした
私の竹刀の下から竹刀が一瞬消えたような感じでしたが
大きく裏に入ってきての面でした
その後、別のパターンで面を打たれ、こちらはいいところなし・・・
数合あって、面を打って出た時に、左太ももの裏側
いわゆる”ハムストリング”の部分が攣りました・・・
無理はしないで、稽古終了
なんだか怖い・・・怪我しそう・・・

5段の先生
出足の勢いのよい面打ちが出る先生
立ち会って、すぐにきた面はまさに彼の十八番の面でした
いい面をもらいました
一気にこちらもエンジンがかかる感じ
攻めて相手が苦しくなって出たところを面
出小手はなかなか打ちきれず、面返し胴
出端面と打って追いつめる
こちらの攻めを嫌って、竹刀を回しながら打つ癖があるので
徐々にこちらの間合いでのやり取りが増え、さらに攻め込んで
こちらの背中には空間に余裕が出る
最後は、攻めて触刃から交刃となった刹那、面!!
完全に出てくる動き出しに乗れました
久々に会心の面打ちになりました

ということでちょっとの期間、稽古を休んでいましたが
徐々に再開です
ただし、梅雨時の今は腰の調子も崩しやすい時期なので
無理せずに稽古をしていこうと思います

a0265838_22303456.jpg
汗っかきの私には汗抜けのよい袴がよいです
ミツボシさんの製品でがんがん洗えるようです
稽古着も白を一着用意して、夏場は上下とも
選択しやすい白でしばらく稽古してみます
汚れやすいのが玉に瑕ですが・・・

励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-22 22:33 | 剣道の稽古 | Comments(2)

経口補水液の実際

前回の記事は熱中症に関するものでした
多くの皆様にご覧いただいたようでアクセスが多かったです
参考になったのであれば喜ばしいです

さて、記事の中で書いた、経口補水液
市販されているものが
大塚製薬の OS-1(オーエスワン)
和光堂の アクアライトORS

OS-1は高齢者の脱水予防にも勧められております
アクアライトORSは乳幼児を含めた子供用だそうです

高齢者も子供も一緒になって稽古することの多い剣道では
水やお茶だけよりもこういったものを使って熱中症の予防をしていっても
よいのかもしれませんね

経口補水液といわれるこれらの飲み物はいったいどのようなものなのか?
ちょっと疑問に思って調べてみました

経口補水液を飲用する”治療方法”を経口補水療法(oral rehydration therapy;ORT)と呼ぶそうです
発展途上国において、コレラが大流行したときにWHO(世界保健機構)が開発した経口補水液(oral rehydration solusion)というのが
最初のようです
大量の下痢により脱水症状が重くなってしまう子供たちにこれらを飲ませることで
重症化を予防しながら多くの命を助けたことが評価されているとのことでした

さて、熱中症の予防に有効なのか?
ネットで調べてみると、有効であるという意見、論文なども出ているようです

経口的に摂取された水分はそのほとんどが小腸で吸収されるそうですが、小腸の粘膜の
上皮細胞というところでナトリウム-ブドウ糖 共役担体なるものが存在していて
ナトリウムとブドウ糖と水が細胞に吸収されていくそうなんです
この”チャンネル”みたいなもののおかげで、ミネラルと活動の基質となるブドウ糖、水が
効率よく吸収できるので脱水症状の改善が早くなるといったことが書いてありました

つまり、塩分(ナトリウム)とブドウ糖の吸収が促進されて、ナトリウムの吸収に引っ張られる
形で水も吸収がよくなるといった理屈のようです

そういうことから考えると、非常に効率のよい飲み物 
経口補水液はその割合に調整されている飲み物になっています
冷たくすれば、多少は体温も下がるのか?
これはどうだか調べてもわかりませんでしたが、水だけ飲むよりは
効果がありそうですね

a0265838_13210834.jpg
今年の収穫 第一号 きゅうりと茄子です
これも水分とミネラル補給には良い食品ですね
生で食べましたが、お味のほうはなかなかでした
両方とも甘さが感じられました

励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-19 13:27 | 剣道と怪我、病気 | Comments(2)

剣道をしているときにも重要な熱中症予防
下の表は環境省のHPからコピーしたものですが
運動時の予防指針となっています
先日、熱中症の病態や予防、治療などのお話を聞く機会がありまして
環境省のHPにいろいろあると伺ったので見てみました
私の通う道場は行政の管轄している体育館の中にある
道場ですので、一応、エアコンも入りますが
28℃制限があるのでそんなに極端な涼しさはありません
やはり、夏場はきついものです
それでも、小学校などの体育館に比べれば楽なんだと思います
一般の体育館などで稽古する場合、大きな送風機を使ったり
除湿機を使ったり工夫も必要なんでしょうが、経済的な負担も
大きくなるので、難しいこともあると思います
しかし、今年もいよいよ死亡例もでているようですので
我々、剣道家も体調管理に留意する必要があります
剣道は年齢の幅の広い競技であり、熱中症になりやすい
子供や高齢者もたくさんいます
防具をつけることで
体温の上昇は起こりやすい気がします
今日も気温30℃近く・・・外は風が吹いていてさわやかな
暑さではありましたが、稽古は別・・・
途中で水分補給したり、面を取って休んだりと無理ない稽古を
心がけたいものです
また、塩分補給がことさら重要な要素であります
経口補水液とよばれる製品(大塚製薬のOS-1など)が重宝します
ただ、あまり美味しくはないです
通常のスポーツドリンクに塩を一つまみ入れてみるといいという
話もあります
a0265838_14071453.jpg

指導者の先生方には特にご注意いただきたいものです
私が若かったころは、暑さに負けない根性でなんとか・・・といった
時代でしたが、合宿などでは赤い尿が出るのがしばしばでしたし
調べてみるとこういった症状が結構、危険信号だったりしているようです
子供や学生さんの体調把握も簡単ではないですが、無理なく稽古を継続できるよう
ご指導をお願いしたいです

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-15 13:37 | 剣道と怪我、病気 | Comments(2)

日本初戦!

とうとうきました
日本の初戦
コートジボワール戦
なんと、前半16分に田選手のシュートが決まり
押され気味ながらも現在、日本1点リードの状況

目が離せません・・・
日本1点リードで前半終了・・・

後半から押され気味・・・

ヘッドで同点に追いつかれ・・・
また、ヘッドで逆転され・・・
ドログバ登場・・・すごい身体能力!

遠藤
大久保
投入も追いつけず・・・

時間だけが過ぎていく・・・

ドログバ一人で試合が変わってしまった・・・

惜敗・・・
ギリシャ戦頑張ってもらいましょう

がんばれニッポン!!
剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-15 10:46 | 雑記 | Comments(0)

予想外の結果・・・

サッカーFIFAワールドカップが始まり、毎朝早起きして
観戦してます

今朝の大一番
前回の決勝戦の再戦となった
スペイン vs オランダの一戦
前半、スペインのPKで1点先制でこのままいくかと
思いきや、前半最後にマンチェスターUのロビン・ファンペルシーが
頭で合わせて同点に追いつく・・・
好勝負が期待された後半
オランダのプレスが非常に厳しくて、スペインのパスが全然回らない状態

オランダは4年前の敗戦を無駄にせず、スペインを研究し尽くして
臨んだ一戦だったようです
DFを5枚用意して、シュートレンジに高い壁
FWからMFの前での守備が早くて、スペースを潰し、パスを出しにくくする
考えられた戦術をきちんとやっていた印象でした

結果的に
オランダ 5点 :スペイン 1点と大差の試合になりました
スペインの中盤の要であるイニエスタはあまりボールに触れず
”仕事”をさせてもらえていなかった感じでした

この試合から学ぶこと
・我慢すべきところはとことん我慢して、一気呵成に仕掛けていくこと
・波に乗ったら、間髪入れず攻撃の手を緩めないこと

剣道の試合の組み立てにも役に立つ試合運びだったと思います

a0265838_10562460.jpg
垂もいくつか使ってみると、締め具合や
打たれた時の感じの違いがわかるようになりました
学生時代は何でもOKでしたが、道具によって
剣道も変わるような気がします


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-14 10:58 | 雑記 | Comments(2)


今朝は早起きしてサッカーワールドカップの
開幕試合
ブラジル vs クロアチア
をテレビで観戦してます

いや〜ネイマール すごいな〜
でも、前半のクロアチアの守備も鉄壁

クロアチアは守って守ってカウンター
ブラジルは前半、ちょっと攻撃に戸惑いがあったようでしたが
徐々に、本来の攻撃に転じる

11人も選手がいるのに、一つの体のように機能している

そして、役者はその本来の力を発揮して得点を挙げる

この試合を見ていて学ぶべきことは
自分たちのスタイルを信じて、すべきことを確実に
する姿勢がすごい
あ、今 オスカルも1得点

自分を信じて、やり続けること

剣道にも通じる部分です

ちょっと、先日の敗戦で気分が落ち気味でしたが
また、稽古をがんばろうと思います


a0265838_06524069.jpg
ブラジル3点:クロアチア1点
開幕戦は開催国ブラジルの勝利
勝ち点3点獲得ですね

写真の小手は古いものですが、最近使っていないので
夏場の替え小手として活躍してもらう予定です

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-13 06:58 | 雑記 | Comments(0)

日曜日、所属連盟の春の大会に出場しました
男女混合4~5段の部個人戦です
昔、学生のころ2~3段の部で準優勝したことはあるんですが
なんせ、久々の試合でしたので緊張やら、楽しみやら
いかんともしがたい気分で会場に入りました

4~5段の部は大学生から上は60歳くらいまで年齢層が広い部です
ただし、主体は20~30代
つまり、私は”おっさん”として頑張ることになりました

初戦
対戦相手は女性(お若い感じでおそらく20代)でした
正直なところ苦手な相手・・・
立ち上がり、攻め合いで間が詰まり、つばぜり合い
がっちり競ってみると意外なほど力強い
細身でやや長身(私より背が高い)方でしたが、かなり腕力もありそうな印象
引き技で下がったところをコーナーに追い詰めて攻める
出てきたところを打ちに行こうとしましたが、間が詰まって横に逃げようと
するところを抑えて背中が狭い状況に追い立てつつ攻める
前半はこのような形が続きました
小手(フェイント気味に斜めからくる)技を主体に打ってくることもあったのですが
こちらの攻めに応じて攻め返してくるわけではなく出端を狙う印象でした
不用意に打って出ると、返しが来そうな印象でしたので、無理せず
攻めていました
しかし、時間がたつにつれて打ちたい衝動にかられるも、面を打たせて
胴に返すも、読まれて避けられました

試合時間の3分はあっという間に過ぎて一回目の延長戦に突入
今度は打ち気を見せると、フェイント気味の面がきました
これも胴に返しましたが打ちきれず・・・
二段技を出そうと思いながらも、リーチに余裕があるお相手でしたので
なかなか打ちきれませんでした
面に誘って出小手
拳に当たりましたが不十分・・・
攻め合いの中で相手も徐々に下がらなくなってきた・・・
打ちあいに持っていくか悩みつつ攻めあう時間が長くなりました
お相手もちょっと停滞した状態

そうこうしているうちに、二回目の延長へ

あまり長くなるとこちらも息が上がってくるので
勝負を仕掛ける場面を探すために、あえてつばぜり合いは
少なくして、攻め合いを選びましたが、なかなか防御が固く
攻め崩すことができませんでした

構えた状態で交刃の間合いになった刹那、面に飛ぶ
相手も打ってきて合い面・・・旗は・・・
お相手のほうの面が早く当たっていました・・・

初戦敗退・・・

稽古頑張っていたんですが・・・結果は出ず・・・

反省点
・自分の型である早めの仕掛けと中間での我慢ができなかった
→攻めて相手を動かせていたのが前半でしたが、それを最後まで維持できず
相手に息を吹き返させてしまった
・状況変化に対する対応が遅かった
→再度、相手を追い込むことを考えて進めればよかったものを、結果的に相手の動きに
合わせてしまい、勝負すべき場面ではないところで勝負してしまった

これは技術的な問題というより、心理的な問題が多かったと思います
自分としては自分らしい剣道でやりきれていないことに腹立たしくなりました
本来の自分の剣道を出さずに勝つことだけに専念すると、結果的に”楽”をしてしまい
前半積み上げた苦労が水の泡になっていきました
試合は技術だけでなく、心の試し合いでもあることを忘れて、勝ち急いだ結果が
今回の敗戦につながったのだと思います

もっと稽古の中で”心の修行”を積まなくてはいけないと切に感じてます・・・

今後、積極的に試合に参加して”試す”ことをやっていく気になりました
小さな大会でもなんでも出られるときには出ることで”自分を試す”ように
していこうと思います

a0265838_11520373.jpg
お面を乾燥中・・・


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-06-10 11:54 | 雑記 | Comments(4)