ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

体育館の中にある剣道場
普段はエアコンがある程度効いているので
比較的快適な環境なんですが、土曜日はエアコンが
一部故障らしく、暑い・・・

全国でも熱中症による救急搬送が多かったこの日、稽古は疲れました

7段の先生・・・お三方
5段の先生・・・お一人

合計4本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
中心の崩れない構えから、ドンっと大きな技のでる先生
先日に引き続き、お願いしました
前回の課題であった、面打ちの間合いの作り
今回もまだ、同じポイントでの打ちになっているとご指摘をうけました
やはり打つ間の癖はなかなか抜けず・・・
攻め起こされて、逆胴までいただいてしまいました
確かに、あるポイントで打ちきれば打てるんですが
入り方の強弱、緩急のつけ方に工夫が必要です
実際には緩急をつけたつもりでも相手が感じていなければ
ないのも同じなので、ギリギリの我慢が必要になりそうです・・・

7段の先生・・・2番目
まっすぐの崩れない構えから早いうちのくる先生
今回はこの崩れにくい構えをどう崩すか?
これを課題に稽古してみました
表から圧力をかけて、グイグイと攻める
しかし、竹刀は中心から外れないので、一気に間を詰めてみる
手元が動いた瞬間に面に飛ぶと、これがいい打ちになりました
ちょっと近間ではありましたが、試合でも一本いただけると
思われる面でした
そうすると今度は間を気にしている印象があったので
一足よりやや遠いところで攻め合い、一気に面に飛ぶを
これが意表を突いた打ちになり、またいい面が打てました
しかし、逆に攻め込まれる展開になり、今度は出端面を
2本いただきました
それでは、面を引き出して応じてみようと思い
攻めて打ち気を見せた瞬間に面が飛んできたので
応じて胴
これはちょっと軽い感じになりましたが、よいタイミングの
技でした
しばし、面打ちを行い稽古終了となりました

稽古後、上半身や肩の力みが打ちを抑え込んでしまっているので
力みをとって竹刀を振ればもっと伸びのある打ちになるとご指導いただきました

7段の先生・・・3番目
小柄で、近間からの連打がお得意の先生
あえて、近い間合いでの勝負を挑む
応じるのではなく、攻めて起こす
攻め合いは近い間合いだと結構、怖い部分もありますが
やはり、そこでギリギリの攻め合い、打ちあいをして
いくことが大事かと思い、打たれても前に出て受けて
元打ちにする
さらに、長距離の技を混ぜて、混乱させて打ちを出す
などいろいろとやってみました
お相手の得意な間合いですので打たれるriskは高いですが
それを気にせず、ギリギリの我慢をして打ちを出す稽古になりました

5段の先生
最近、非常に崩れにくくなった印象の先生
とはいえ、崩すことを念頭に稽古です
ここのところかなり研究しているようで、厳しい技がきます
特に、攻めから一気に出てくる面はお見事
逆に今度はこちらも簡単に打たせないような攻め口で
相手が我慢しきれなくなったところで打ちを出していく
こういった緊張感のある稽古は時間が経つのが早く感じます
久々に諸手突きもやってみましたが、まずまずの突きとなりました
今後はもっと使っていこう

このようなわけで、非常に蒸し暑い中での激しい稽古を
行いました

昨日の日曜日は午前中、仕事があり、午後からは子供の世話

なんだか疲れの残る月曜日となってます

a0265838_09085047.jpg
う〜ん、この面は微妙に物見がずれています
ちょうどいいときとそうでないときがあって・・・
顎汗取りを入れたりするといい時もあるんですが
なかなか、しっくりきません・・・(悩)

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-07-28 09:10 | 剣道の稽古 | Comments(0)

第2回 面の洗濯

またまた、今年も暑い夏がやってきました
先週の稽古も汗だくでした

さて、昨年に続き、4mm刺しの面に塩が吹いており
臭いも厳しくなってきましたので、洗濯することにしました
a0265838_10585887.jpg
面全体が入るサイズの入れ物にいれます
a0265838_10595114.jpg
ぬるま湯を注水します
a0265838_11002917.jpg
お湯が面布団が十分浸かるくらい入ったら、ふつうの洗濯に使う柔軟剤を入れます
洗剤を使うと大量の水で濯がなくてはならないので色も落ちますし、私は使いません
a0265838_11022103.jpg
内輪の顎の部分は臭いので、よく揉み洗いしました
a0265838_11033437.jpg
ついでに、面紐も投入しておきます
a0265838_11041233.jpg
漬け込み洗い20分後の状態
面の外輪になる革はあまり濡らすと壊れるもとになりそうなので
濡らさないように注意します(たぶん、吸い込んで内側は濡れてるんだと思われますが・・・)
a0265838_11063544.jpg
紐を取り出し、面も一度、お湯からあげて入れ物の汚水を捨てます
そして、我が家では玄関先の軒下が日陰なので、ここに新聞を敷いて
陰干しします
a0265838_11075306.jpg
おそらく、今時分の季節だと3日くらい晴れていれば乾きます
ただし、水がある程度切れてきたら、つるして干したほうが乾燥が早いかもしれません

昨年はこれで問題なく使用できたので、興味のある方はお試しください
ただし、何か問題が発生しても私個人では責任は負えませんので
自己責任でお願いいたします

特に高価な手刺し防具は私自身も業者にお願いしているくらいですので
お勧めしません


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-07-26 11:11 | 剣道具のこと | Comments(2)

朝、どうしてもしておかなければいけない
仕事があったので、9時過ぎに職場へ
短時間ではありましたが仕事をしてから
遅れて稽古に行きました

当然、少ない時間での稽古でした
7段の先生・・・お二人
大学生・・・お一人

合計3本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
速さはないのですが、攻めの充実した打ちの出る先生
独特の攻め口でアッと思うところを打たれます
今日もそんな面を2本ほどいただきました
年齢もずいぶん違うので、起こりをとらえて打ち込めば
速さで打ててしまうことも多いのですが、攻めの妙味というか
速さを合わせることで”機会”を得る、”機会”に動ける稽古をしてみました
合気になって、打ち合うことになった場面が5〜6回
こちらが2/3くらいで打てているのですが、これは結果的に
動きと振りの速さだったのではないか?
それでは、機会を得る稽古となったか?・・・ちょっと難しいですが
目的が半分くらい達成した稽古になりました

7段の先生・・・2番目
強い攻めから、勢いのある打ちがくる先生
久しぶりにお願いしました
時間は短かったんですが、気合いが入りました
互いに攻めて打つ感じになるので”崩し”が肝になります
崩して打つような攻め方とお互いの打ち際、応じるなら応じるための
攻めと溜めがないと中途半端になるので、打つ時には我慢が必要になります
面はまずまずの打ちが2本
小手はいいのがなかったです
たまたまうまく当たったのはありましたが・・・
やはり、攻めて捨てて打つ・・・思い切りの部分が
簡単にはできません・・・
捨てられる気持ちの持ちようも鍛えていく必要があります

大学生
強豪校で毎日頑張っている大学生
数か月ですが、強い先輩たちに揉まれているせいか
非常に体のキレや強さが身についてきていて
春先のころに比べると段違いによくなってました
そんな中、攻めきった打ちとそうでない打ちとの極端な差が
気になりました
リーチもあり、たたき合いや当てっこはきっと彼に分があるのだと
思いますが、やはり大人の剣道家としてはれではいけないので
攻めを効かせて、機会で打つことを実践しました
もちろん、いいところで打たれるのですが手打ちでは
打たれた気がせず、どうにもいい一本を打ってもらえるまで
稽古しました
さすがに疲れましたが、元気のいい剣道で楽しめました

ということで短い時間だけでしたが
良い稽古ができました
a0265838_22093369.jpg
いよいよ夏本番です
面にも塩が目立ち始めました
そろそろ晴れの続くときに洗って、乾かしたいと思います
塩が抜けるとずいぶん軽くもなるし、臭いも落ち着くんですよね


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-07-20 22:11 | 剣道の稽古 | Comments(0)

不動・・・FUDOU

つば止め・・・
竹刀につける 鍔を固定するために
昔はゴムの輪っかをつけてました
大学の頃は分厚い、富士山のような形のものを
愛用していました

その後、剣道を中断し十数年ぶりに再開したときに
自分の持っていたつば止めは劣化して使い物になりませんでした

道具屋さんで教えてもらった、これ

a0265838_07291079.jpg
不動
やや硬めのゴムを革で縫いこんであるこの鍔止め
非常に固定性がよく、昔のものに比べて軽い!!
ぴったりくっつくので手元の違和感も少ない
とても重宝しております


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-07-18 07:33 | 剣道具のこと | Comments(2)

今週はいつものように稽古に行きました
昼間、こどものプールに付き合ったので
ちょっと疲れ気味でしたが、いい汗をかけました

7段の先生・・・お四方
3段の方・・・お一人
中学生・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
先日もお願いした中心の固い構えから大きな技のくる先生
面のタイミング、入り方の工夫
前回の稽古の反省を踏まえ、少し工夫してみましたが
前回より圧倒的に避けられました
攻め合いがきつくなって打つ機会が制限された感じでした
相面に乗ることが何度かできましたが
それ以外はまったく機会が作れません・・・
工夫した入りをしていたつもりでしたが
”見えて”しまっていたようです・・・
さらなる工夫が必要なようでした

7段の先生・・・2番目
近間での打ち合いが得意な先生
前回はやや遠い間合いで先を取ってそれなりに
打てましたが、今回は敢えて近い間合いでの
打ち合い仕掛け合いを挑んでみました
するする〜っと間合いに入って剣先で威嚇したり
竹刀を払ったりと牽制しつつ、小手-面、面
二段技を含め連打での打ち合いを仕掛けてみました
クリーンヒットこそあまりありませんでしたが
打ったり打たれたりの面白い稽古になりました
ある意味間合いが近いことで緊張感があって
これはこれでいい稽古でした

7段の先生・・・3番目
出端技が中心で懐のある先生
友人のお父上
学生のころから稽古をお願いしてました
一時、体調を崩されたこともありましたが
最近は復活されてます
攻めて面、出小手を狙うも不十分
やや遠い間合いで面打ち!決まるかと思いきや
避けられました
攻めて面、小手-面と前に出る技を中心に
稽古しました
後半、相面となったところはまずまずの打ちでした
手元が上がったところの小手を狙われたのですが
この辺の”弱点”補強も重要な課題になりそうです

7段の先生・・・4番目
隣の剣連からいらした先生
時間はあまりなかったのですがお願いしました
初太刀は互いに中心を取りあいながら一足一刀の手前で合気
一気に面に飛ぶとこれはいい打ちで取れました
その後、攻め合いが厳しく、打つ機会がなかなかありませんでしたが
最後は合気で面に飛んだところ小手を打たれました

3段の方
リバ剣士でそろそろ1か月ちょっと経った方
だいぶ体が動くようになってきているようでした
最初に比べ、間合いも遠くなり始め、連打も出てきて
面白くなってきました
しかし、攻め合いはきついようでした
徐々に下がっていってしまうのでなかなか合気にならず
攻めすぎて逆に戸惑ってしまう展開
それでも出小手、出端面など要所は抑えながらの稽古ができました

稽古を診ていた先輩から、当たったかどうかでなくて
機会をつかんだところで打ちきっていかないと
チャンスが減るとご指導いただきました

確かに・・・

中学生
最近頑張って懸ってくれる中学生
やや逃げ腰の打ちが課題の2年生です
今回も竹刀を中心に左右に回りこんで打ちを出すので
遅れ気味
なのでこちらはしっかり機会で打って示しながら
まっすぐ直線で打つことをの重要さを稽古してもらいました
中心のとれていない打ちは殺して打たせず
いいところは打ってもらう
そんな稽古を繰り返しました
少しわかってきたようですが、時間はかかりそうです

ということで
今回も楽しく稽古ができました
攻め、機会、打ち・・・やはり奥が深いです・・・

a0265838_06544780.jpg
胴の幅が若干広いので縮めてます
ファイバー胴で抑え込んでます


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-07-14 06:56 | 剣道の稽古 | Comments(2)

台風は現在も北上中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私の住む地域はそれほど被害もなく、なんとなく雨も止んでます
怪我をされた方、また、お亡くなりになった方もおられ
大変心を痛めております

さて、水曜日の晩は先週行けなかったので稽古に
行きました
天候の影響もあって、人数は20人ほどで少な目でしたが
密度の濃い稽古ができました

8段の先生・・・お一人
7段の先生・・・お四方

合計5本のお稽古を頂戴しました

8段の先生
ガンガン強い攻めと強い打ちで攻めつける先生
まずは前に出る・・・返し胴を打たれる・・・
追い立てられる・・・捌く
前に出る・・・打たれる
どんどん追い立てられる・・・
攻めがきつい・・・
知らず知らずのうちに少しずつ下がっていて
押し返す
気づくと背中が狭い・・・
こんなやりとりの稽古が続きました
最後に一本、思い切って打った面はいいところでしたが
今回は攻めまくられました

稽古後、やはり下がり気味の状況を我慢して打ちに持っていくようご指導いただきました
必死に稽古しているんですが、”下がらされている”わけで、先生もそうするのが元立ちの
仕事だともおっしゃってました

7段の先生・・・1番目
中心を強くとって攻めて大きな技の来る先生
攻め合いでのやりとりは固い剣先を押し返して
こちらが中心をとったときに一気に打ちだす
そんな感じでした
交刃の間合いでの打ち合いではこちらの
若さと速さで分がありますが
交刃より深い間合いでは様々な応じられたり
摺りあげられたりしました
いい面が2本くらいありましたが
やはり攻めから打ちの流れは難しいところがあります

面を打ってくるパターンの攻めはいつも同じだとご指摘
いただきました

攻め方の工夫・・・難題です

7段の先生・・・2番目
やや遠目の間合いから大きな技がくる先生
腕が長いのか、思わぬところで打たれます
攻めて剣先を効かせて、一気に面打ち!
ちょっと浅かった初太刀でした
その後前半は私の打ちがいい感じでしたが
攻め返されて、担ぎ面を一発もらってから流れがかわり
しばらくは打たれました
特に呼び込まれる感じの打たれ方が気になりました
後半、2段技を出して流れをつかみ、最後は攻め込んで
体勢を崩したところで面を打ち、終了

7段の先生・・・3番目
やや斜に構えた構えから体で入ってくる先生
時間がなかったので打ち込み中心でしたが
面打ちの際に力が上のほうに逃げてしまって
勢いが落ちるとご指摘いただきました
実は以前からそういったご指導を受けることが多く
いろいろ試しているもののなかなかうまくできません
最近は左足のかかとを高くしないで構えて
前方に体を出す意識での稽古を心掛けているのですが
不慣れなせいか、全体の打ちにはまだ効果がでていません
これはやはり大きな課題になりそうです・・・

7段の先生・・・4番目
若手7段、伸びのある面打ちが特徴的な先生
この伸びのある面にはいつも悩まされます
足腰の良さと体の運びがうまくできているのだと
思います
さらに、目がよいので、こちらの仕掛けに対応が早く
打ちきれません
かなり面をもらいました・・・
追い込んで打っても抜かれて小手とか
面とか・・・あらら・・・という感じでした

稽古後、面打ちの機会はいいところだと思われるが
打突の終点が打ったその場になっていて伸びがでない
打突して伸びきった先に終点を見出せば、体も前にでて
いい感じになるのではないか?とご指導いただきました

これは感じ入るところがあります・・・

さて、今回は面打ちのご指導をたくさん頂戴して
勉強になりました
次回の稽古から徐々に課題に取り組みたいと思います

脚はきつくなりますけどね・・・



剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_08422588.jpg
竹刀の柄頭・・・やはり余っているとよろしくないという
ご指導もあり、できるだけ端っこをきちんと握るように
心掛けてます
指が短いのでちょっとおさまりが悪いのが気になっているんですが・・・

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-07-11 08:44 | 剣道の稽古 | Comments(0)

前回の記事のごとく、先々週の土日は家族サービスのため
剣道は中止
平日に行こうとして、いろいろと仕事の調節もしましたが
急な案件がありまして、それもできず・・・
結局、先週末の土曜日の稽古がほぼ10日ぶりの稽古になりました

7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お二人
5段の先生・・・お一人

合計5本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
近間での攻防をお得意にされている先生
近間では非常に難しい剣道をされるのですが
遠い間合いからはかなり避けられてしまうので
簡単に仕掛けると逆に返されたりと
ちょっと捕まえるのが難しい剣道です
いわゆる出端は結構、近い間合いになるので
詰めてくる起こりを打つイメージでの稽古になります
しかし、その動き出しがわかりにくく、不用意には
技を出せません
交刃の間合いで攻めて先を取り切れたときの飛び込み面は
2〜3本いい打ちが出せたように思いましたが
一気に詰められて、連打をくらったり、思わぬ近間で
飛び込まれたりと完全に抑えきることもできませんでした
う〜ん、何か打開策を見い出さなくては・・・

7段の先生・・・2番目
厳しい稽古をいただけるお師匠様
今回は敢えて打たれること、突かれることを
前で受けつつ、動きだしを打ちにいく感じで稽古しました
昔に比べ、速さはないんです
でも、詰めてくる圧力というか気あたりというか
圧迫感は昔の比ではなくきついので、打つ前に打たれた気分なってしまいます
それでも、少しでも前で打つ、出て打つ、攻められても下がらない
こういった部分も大事にしながら、打たれ、突かれ、さらに前へと・・・
どうにも有効打突になるような技は出せませんでしたが
前で打たれることによって、何かが見えてきそうな予感がしました
次週の稽古でも続けてみようかと思います
最後に打ち込みはしっかり行い、息はばっちり上がったことは言うまでもありません

6段の先生・・・1番目
技の百貨店といった様相の先生
以前に比べ、目も体も慣れてはきていますが
いや〜バシバシ打たれます
そうは言っても、狙うポイントは少しずつ自分の中で
整理できてきました
動きだしの匂いとか、受けに入ったときの雰囲気とか
少しずつです
しかし、それがフェイクであることも多く、打ちだして
飛んで火にいる何とやら・・・となることも・・・
今回、出端に面を一本決められたので何もなく
打ちまくられるよりはよかったのですが
どうにも打てない稽古が続きます・・・

6段の先生・・・2番目
まっすぐな面が印象的な先生
あまり妙な小技とかでなく、しっかりまっすぐ打ちを出される剣道でした
初めておねがいしましたが、初太刀はいきなり面をもらいました
しかし、徐々に気攻めで押し込んでいき、徐々に自分の背後を
広くとって稽古できていました
つまり、下がらせることができたようでした
いいところまで攻め入りつつも、瞬間的に危険を感じて
打ちを出さないでいると、直後に面がきたり、来るかと思えば
来なかったり、しばし、こう着した稽古になりましたが
最後は飛び込み面を打たせていただき、終了となりました
このときの面も動きだしを感じた瞬間での打ちでした

5段の先生
いつも一緒に稽古を繰り返している先生
今回、何か重要な指導をされた様子でかなり気合が入って
おられました
いきなりコテ-メンと勢いよく打たれました
その後、徐々に道場の奥のほうに追い込んでいきました
いつもなら苦しくなって出てくるところを乗りかえして
上から面を打ち込めば、一本という印象でしたが、今回は
不用意にこちらが出られないような攻めを実践されてました
何やら非常に奥深さを感じる稽古になってきました
いったい、どうアドバイスされたのか?
次回以降が楽しみです

ということでやや少なめでしたが、非常に濃い内容の稽古ができました

a0265838_00094904.jpg
白胴着と白袴・・・梅雨はすっきり晴れる日も少ないので
がんがん洗える白も重宝してます
Ceoαの袴は特に乾燥が早いです

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2014-07-08 00:11 | 剣道の稽古 | Comments(0)