人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

試合のシーズンも終わり、気持ちとしては落ち着いて稽古が
できる時期になりました
今年はできるだけ試合にも出てみて、さらに課題が増えたのですが
それはそれで、悪くないな~っと思っています
試合と稽古、審査・・・別の剣道になっていたという反省もあり
できるだけどれも同じにできるよう精進したいと思います

昨夜もいつものとおり稽古に行ってきました
7段の先生・・・お一人
6段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お一人
2段の方・・・お一人
高校生・・・お一人
中学生・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生
若手の先生で独特の呼吸で打ちの出る先生
先週もお願いしたのですが、課題は出遅れないこと
攻めて、溜めて打つことにこだわりすぎて出遅れた先週を反省して
早め早めの打ち出しを意識して稽古しました
しかし、早打ち過ぎて空を切ることが多くなってしまい
もう少し攻めて、溜めることもしないと・・・
修正していくと徐々に打突の機会は減るものの、打つべき機会が戻ってくるような
妙な感覚になってきました

秋口のころのほうが、攻めと溜めが効いていたように感じると
ご指摘いただきました
確かに最近、当てに行くことが多かったような気がします

6段の先生
業師・・・強い攻めと多彩な技の先生
今回はあまりいいところがなかったです
いつも以上に攻めがきつく、打ち出しが早かったように感じました
そんな中、相手の小手の打ち損じに乗じた面が唯一の有効打突かな・・・
という打ちでした
攻め合ってどうにも打ちだせない機会が増えてきていて
捨てきらないと打てない・・・
しかし、引き出されている感じが強い・・・そんなときは小手、面とバッチリ
打たれる・・・
厳しい稽古でしたが、打たれながら何かが明るくなってきた気がしました

4段の先生
タイミングの良い小手が印象的な先生
先週に続き稽古をしました
学生時代の癖なのかもしれませんが、気を入れて
攻めていくと、するすると下がってしまうことが多く
なかなか打って出にくい方です
それでも打ち気をみせれば、トンっと
タイミングよく小手が飛んできます
ただ、あまり打たれた感がない・・・
攻めて、攻めて後ろに空間がなくなるように追い込んで
出てくるところを面
こういった形になると出端を押さえたり、居着きをとらえられました

攻めの効果は感じられるのですが、もう一つ早めに仕掛けて
打ちきる稽古をできるように何か対策を考えなくてはいけないと感じた稽古になりました

2段の方
比較的長身でまっすぐな打ちの出る方
攻めの効果をさらに感じられるように強く前に出ていき
攻めで居着きを誘う
打ちたくても打たせないような攻めを続ける
そんな形がしばらく続きました
打ち気があれば打ち、機会が違えば振りかぶらせない

次の段階として相手が打ってこれるはずの間合いで先の打ち出しで
打ちきるようにする
居着いたら面、出てきたら小手、面と打ち分ける

本当に困っていたようですが、攻めを感じることで
互いに感じつつ、そこで打ち合うための稽古と
考えて、できるだけ合気になれるような感覚を
はやく体得してもらいたいので、あえてこんな稽古もありかと思ってます

高校生
背が伸びてパワーとスピードがついてきた高校生
久しぶりに稽古しました
ちょっと見ない間に大きくなってました
成長期なんですね~
余所の家の子は育つのが早い!!
中学生のころに比べ、体で打てるようになってきていて
いいのですが、右手が強すぎて起こりが見えやすい・・・
なので起こりを徹底的に打つようにしました
攻めて反応を感じたら動くときには面に乗る
手元が動けば小手と、中学生のときのようには
容赦しません
本人的には打てる気分で稽古にきたと思いますが
思った以上に打たれたことでちょっと驚いた顔をしていました

中学生
このところしばらく稽古してなかった子
学校のことなどが忙しく、最近稽古に来てませんでしたが
以前よくなったころの打ち方は残ってましたが
さすがにキレはなく、攻めもない・・・
まあ、徐々に戻っていてもらえるように、無理ない稽古をしました
出てくるべきところではきちんと姿勢よく打ってもらい
緩い入りや攻めのないところはこちらが打つ

短時間でしたが、集中して稽古したので息も上がってくれたようでした

ということで今回は攻めの意識を少しずつ変えていくような
意識での稽古をしました
高段位の先生方にはなかなか難しいですが
同輩以下であれば相手によって非常に勉強になる
稽古ができます
貪欲に稽古をしていくしかないんですよね・・・


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_22513339.jpg
最近、稽古で使っている昔の胴です
胴台は私が生まれたころのものです
漆って本当に長持ちするんですね~

by kendo-ojisan | 2014-11-30 22:52 | 剣道の稽古

土曜日の晩は稽古に行きました
今回は人数が少な目でした

7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お一人
中学生・・・お二人

合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
若手の7段先生
立ち上がりから、前に攻めて面
再度、面と打って出てみるも、打突部位をとらえられず
今回は短めの3尺8寸5分の竹刀で先重を使い
竹刀の先端が勢いよく振れるイメージで稽古しました
久しぶりに先の重い竹刀でしたので、ちょっと
竹刀の扱いに戸惑う
攻め合いではなかなか中心を取りきることができず
苦戦・・・
そうこうするうちに、小手-面と乗られる・・・
しばしあって、面抜き胴
これは有効打
その後も面、小手と打ちこまれる・・・
やはり強いです
最後は遠間から交刃の間まで攻めて一気に面に飛ぶと
これはやや浅目ながらも面ありとなりました

7段の先生・・・2番目
近間での応酬になる先生
敢えて今度は打ち合いの稽古にするため
手元重心の先が軽めの竹刀へ変更
長さは最初と同じで短め
このところ、遠い間での打ちで打ててはいるのですが
打ち合いの場面を作り、攻撃と防御の稽古をしました
しかし、なかなか打てるものでもなく、近い間合いでは
有効打突は打てませんでした
近い間合いでの打ちが主体の方は、総じてそこの防御に慣れているので
簡単ではありません
間を取って、早め早めの攻めて打つようにしていきますが
避けられる・・・
振りかぶるタイミングを変えるとか
打つと見せて、止めて打つとか
いろいろやってみました
そして最後はまっすぐ打つ
これが決まりました

6段の先生
早さが比較的目立つ先生
突きもあるので要注意ですが、数週間前には
かなり打てました
逆に警戒されていたようで、なかなか乗ってきません
そんななか、攻めて中間で一気に打つと、面が決まりました
その後はさらに攻め合いで終始する展開
打ちが出てこないし、こちらも打ちきれず・・・
面に何度か飛ぶのですが、胸を押さえられる・・・
ぎりぎりまで我慢して出小手を狙うものの
ちょっと合わず・・・
近間までは入らなくとも、打ち間で捉えたい
一足一刀の間で思い切って打つとこちらの面が一本
相面となるも同時か・・・
その後もなかなか打ちきれない展開になりましたが
概ね攻めて打てていたように思います

4段の先生
最近、稽古を再開した先生
若いので元気がありますし、早さも出てきているので
稽古も楽しくできます
立ち会い初太刀は出頭に面を決め
その後の合でも出小手を打つ・・・
さすがに警戒してなかなか出てきません
逆に小手-面、抜き胴と一本になならないまでも
こちらにとっては面倒な技が出てきました
ここは攻めで追い込もうと思い、道場の端のほうへ
追い込んでいく・・・
学生剣道の名残か、やはり抑え込むような攻めは苦手なようで
徐々に後ろに下がりました
攻めが効いているのがわかったので、逆に攻め込むようにして
合せるような打ちは前で処理できました
こうなると、あとは出てくるのを待つ・・・
攻めで居着き、のけ反ったところを面に飛ぶと、これは文句なしの
飛び込み面になりました
最後は打ち気になってきたところを出小手に切り終了

中学生・・・1番目
よく懸ってくる中学生
他の先生たちのときもそうですが
だいぶ、攻めて打つ意味がわかってきたようで
まっすぐ構えた状態から思い切りのいい面がきました
なかなかの打ち
これで味を占めたのか、次々打ちが出てくるのですが
逆に右手に力が入り、振りかぶりが右に傾き始めました
こうなると打っても打っても当たらず・・・
打ち出しで面を打たれることが多くなり
徐々にテンションが下がってきました
そこで、面打ち→体当たりの稽古をして
体で打つイメージを再度思い出させる・・・
疲れの出てくるところではありますが
頑張って打ちこみをして
最後の面はとてもよい面打ちでした
体の入り、力みをなくすこと
難しい課題ですが一生懸命頑張っているようです

中学生・・・2番目
久々に懸ってきた中学生
こちらは打つタイミングが独特で多くの子は
合わされてしまっているような印象です
初太刀、攻めるといきなり打ってきましたが
危ない面でした
背丈が私より大きくなってきているので
不用意に出ると打たれる可能性があります
そこで、攻めをとにかく効かせつつ、追い込むように
してみました
下がって止まって打つというパターンが通じないことを
感じてもらい、合わせて打つのはここまでであることを
体感してもらいました
最後は技の起こりに面を打ち込み終了となりました

ということで本年70回目の稽古終了です
もっとやりたい気持ちはあるんですが、仕事と家庭もあるので
なかなか難しいですね・・・


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します
a0265838_12255020.jpg
昔使っていた小手峰というミツボシの4mmミシン刺しです20年以上前の商品ですが、いまだに現役です
by kendo-ojisan | 2014-11-23 12:27 | 剣道の稽古

一昨日は通常の稽古で、昨日は試合でした
土曜日の晩は基本的に調整の目的でしたので
短時間に集中する稽古をしました

8段の先生・・・お一人
7段の先生・・・お二方
5段の先生・・・お一人

4本と少な目ではありましたが
調整のため怪我のないように稽古しました

8の先生
小柄ですが、まっすぐな剣道の先生
大きく技を打つこと
これをいつもご指導いただいてます
小柄だからこそ技は大きく早くが必要になります
試合前とはいえ、基本は守っておきたいので
願ったりかなったり
出来るだけ一足一刀の間合いで思い切って打つ
中心が取れたと思ったら打つ
打たれもしますが、構わず打つ
そんな稽古をしました
試合の中でも思い切らなければいけないときが来るはず・・・
そんな気持ちで一本一本丁寧にかつ強く大きく早く・・・
なんだかすがすがしい気分になりました

7段の先生・・・1番目
厳しい稽古のお師匠様
試合前日でありましたので、短時間
攻めて動いたら打つ、中心が取れたら打つ
手数もそこそこ出して、防御の合間も打つようにしました
懸る稽古および隙あらば打つ姿勢、実践
これはなかなかにきつい稽古でしたが
時間が短かったので集中してできました

7段の先生・・・2番目
近間の技に味のある先生
近間での打ち合いや近間を嫌ったときの打ちを
どうのように出すか?
これも試合前には大事な稽古です
前半は防御の確認と、弱点の確認
あえて近い間合いでのやり取りをしました
完全な一本は打たれませんでしたが、やはり気になる部分はあり
修正のポイントが確認できました
後半は近間に入らず、決める稽古
近間の技が得意な人は総じて、遠い間合いからの技の防御は
上手です
なので、この稽古は実際には難しい課題です
遠い間合いで一気に打っても早々当たりません
そこで入り方の工夫、さらに防御のタイミングを外す方法
これをやってみました
何本か綿を打って、面打ちのタイミングを相手に知らせる
その後、一度相手を引き出して応じ技・・・外れる
再度、遠い間合いで構え、面打ちの入りで間を詰め、面のタイミングで
飛ぶ振りをして、竹刀を担ぎ、のけ反ったところに面!
これは最後にうまく決まりました
確実に決める手順・・・ばくち的な発想ですが、駆け引きでは重要なんでしょうね

5段の先生
伸びのある面とまっすぐな攻めが特徴的な先生
3本勝負をしました
立ち上がり、先日の試合で好成績であったこともあり
自信のある構え・・・
さてどうしようか・・・
普段の稽古では私の面を警戒しているので
攻めは面に飛べるように攻め、面にきたところを
返そうかとも思ったのですが、攻めたら動いて
なぜか目の前に小手が・・・パンっ!!
打っちゃまいました・・・反射的に・・・
小手あり
初太刀で取れたのはずいぶん久しぶり・・・
二本目
返そうとグイグイ攻めがきました
うまくいなしたり、先で抑えて間合いをつぶしたり
数合あって、構えなおす
時間にあいて2~3分でしょうか、なんとなく勝負に来る感じがしました
間合いが近づいた時には打ってました
向こうも打ってましたがわずかにこっちが早かった
面あり
思わず勝ってしまいました

そんなわけでして、調子を維持したまま
前日の稽古を終えました
a0265838_22581545.jpg
昔ながらの飾りですが、色合いはずいぶんと地味になった
気がします
20年くらい前はもうちょっと派手な飾りが
多かったように思います
昔の武将が鎧兜を飾ったのと同じような発想なんでしょうね


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します


試合は・・・
by kendo-ojisan | 2014-11-17 23:02 | 剣道の稽古

先日の水曜日は稽古に行ってきました
近隣の剣連との試合も近いので、選手になっている
人たちが何人か集まっていました

風邪気味でしたが、汗で吹き飛ばすつもりで稽古に参加です

7段の先生・・・お三方
6段の先生・・・お一人
5段の先生・・・お一人
4段の先生・・・お一人

合計6本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
明日の大会で大将を務める先生
試合のつもりで、我慢しながら自分の得意な技を出すよう
稽古しました
前回の試合で課題になった防御のメリハリもつけて
やってみました
年齢差はありますが、仕掛けは遠目の間合いから
一本技、二本技を織り交ぜながら、出頭には面、小手と
打ちだすようにして、相手のペースを作らせないような
運びを狙ってみました
なかなか一本になる技が互いに出ず、膠着した感じになりました
元立ちから突きがきましたが、これは苦肉の策と考えました
なぜならだんだんと時間が経つにつれて、私の惜しい面が
出始めたタイミングだったからです
最後に一本勝負
開始早々に、突き-面と行きましたが、ちょっと面が深かった
しかし、前に出てくるタイミングでの突きが
良い意味での防御線になり、牽制できるようになりました
そこで、表から面を打つ攻めで打ち間に入り
ふつうならそこで面打ちなんですが、半呼吸遅らせる感じで小さく踏み込んで
完全にのけ反ったところに面を打ちこみました
これはさすがに一本となりました

7段の先生・・・2番目
先日も厳しかったお師匠様
前回の稽古では打った後を狙われたり、竹刀を落されたんで
これには注意して稽古開始
試合のつもりですので、一足一刀の間にこだわらず
遠い間合いから二段技、敢えて混戦になる近めの間合いで
打ち合うなど、状況を変化させて臨みました
小手-面といくなかで小手を払われたところで大きく面にいくと
これは試合なら一本上がったかもという面が出せました
一本技だけではまず打てないのでちょっとした
フェイントや通常なら打つところを外したりと工夫してやってみましたが
防御が固く、崩せません
徐々に攻め負けることが増え始め、面、小手とボコボコ打たれました
早さだけなら何とかなるんですが、攻めの厳しさで持って行かれると
なかなか手出しができません
最後は打ちこみやって終了

7段の先生・・・3番目
中心が固く、大きな技が出る先生
手元を崩す攻めをするのですが、なかなか打ちきれない
そんな稽古になりました
早打ちすると迎え突きもあるので、きちんと出端なり、崩しをいれないと
打ちきれません
面に合わせて小手を打つもこれは拳で不十分
数合して面に対して胴、これはまずまず
やはり出頭狙いで早めに仕掛けて面
これはいい面打ちになりました
攻めのパターンが単調になりがちなので
緩急と遠近をうまく調節しながら攻めを組み立てることで
機会が増やせそうです

6段の先生
技と攻めの百貨店な先生
試合モードでの稽古
かなり狙われていることはわかるのですが
それでも出端で勝負するしかありません
すごい勢いで攻め込まれ、面
これは間を切って外しました
数合して面に来そうな気配を感じ、次の瞬間に
面に飛ぶと、なんと出頭面が買一理決まりました
二本目
今度は下からの攻めが非常にきつく来ます
最初の小手は拳でしたが、明らかに狙われている
攻め込んで、面の軌道で胴に変化すると、向こうも胴
技が互いにつぶれました
面、面と打ってはいくものの避けられました
構えなおし、次の出端を狙うつもりで間を詰めた瞬間攻め返しと
同時に飛び込み小手
バックリといただきました
一本筒になり、勝負をかけて面技中心に打ちを出し
たいみんぐを外すつもりで担ぎ面
しかし、小手を切られ終了・・・
この攻めも狙われてました・・・

5段の先生
先日の団体戦で活躍した先生
攻めの組み立てとして、手元が上がるか
間を斬るほうか、防御パタンを頭に入れつつ
先で仕掛ける技で勝負したいところです
今回は最初攻めて出てきたので、出端に狙いを定めました
攻めて技の出を確認する・・・
どうも、小手を打ちたい様子
なので敢えて面で勝負にいく・・・
攻めは早めにして中心を攻めていくと
一瞬止まる・・・面
小手は遅れてました
見過ぎたのでしょう・・・
次の合は私が面の入りでいくと、出てくる様子があったのですが
面を打つと胴にきました
抜かせず・・・
面は軽かったので一本という感じではありませんでした
しばらく打ち合いが続き、出端に面
これはきれいに決まりました
最後に一本勝負
前半面を中心に攻撃を組み立てましたので
タイミングも読まれている可能性が高いです
そこで、攻めは面で入り、面が来たら小手か胴と思い攻める
チャンスは数合後に来ました
そこまで小手は出していなかったのもよかったのですが
面打ちのそれも早い攻めで入り、相手も面に出てこようと
した瞬間に出小手
パ~ンっといい音がしました
組み立ての妙味を感じた稽古になりました

4段の先生
小柄な女性剣士 近間での応じ技は鋭いです
自分より小柄な方との稽古では間合いの使い方が違うので
違った意味で勉強になります
初太刀、やや遠い間合いでのやりとりで
交刃で打って出ると、逆に面乗られました
要は応じるタイミングで打ってくることがわかりました
逆に攻め方を変えてみると徐々に私のペースに・・・
小柄な女性は普段から大きい相手に慣れていて
その相手のタイミングに合わせたり、応じたりすることに
慣れています
なので、打とうとして無理な仕掛けをすると
たちまち合わされたり、応じられたりします
攻めをきつく、つばぜり合いからも敢えて技を出して
考えたり、見たりする余裕を作らせないように
攻め続けました
徐々に居着くことが多くなってきて
最初に打たれた間合いでも一呼吸置くと打って出てくることが
なくなりました
初太刀は完全に相手の呼吸に合わせてしまったようでした
面、出小手と狙いつつ、前に出て来づらい状況を作り
表から圧力かけて面を打たせつつ、間を見切って空振りさせる
そうなると徐々に手が出てこなくなったので
こちらの攻めと間合いで一気に勝負を仕掛けて
一足一刀の間合いに入るや否や飛び込み面
ばっちり打てました
やはり、相手に合わせてしまったらよろしくないことがよくわかりました

ということで、平日の稽古も充実したものになりました
今夜は最終調整
これから稽古に行ってきます



剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します
a0265838_16354106.jpg
この小手は拳が綿の仕立てです
軽くて使い易いです
明日はこの小手を使う予定です

by kendo-ojisan | 2014-11-15 16:37 | 剣道の稽古

土曜日の晩はいつものように稽古に行きました
今週は通常の稽古で、来週はまた試合ですが、出るかどうかはわかりません
試合に出る準備はしないといけないので、試合を意識した稽古をしました

7段の先生・・・お三方
5段の先生・・・お一人
中学生・・・お一人

合計5本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
厳しい稽古のお師匠様に久しぶりにお稽古をお願いしました
攻めがとにかくきついので、負けないよう、下がらないよう
打てるチャンスはできるだけ打つようにしました
序盤は前で防御することを念頭に入れて、中途半端な間合いで
モタモタしないようにして、打てると思ったところはとにかく手を出しました
一本を取りに行く・・・
難しいものです
出小手で惜しいのが出た時には、残心の前にしないを叩き落とされました
くそ~!!
その後、攻めて手元が動いたところを面の二段打ち
これも惜しい感じでしたが一本とは言えない、当たっただけ
そうこうしてくると逆襲がきました
打って出たところを小手、面を打って返し胴をくらいました
迂闊に打てなくなり、今度は二段技も交えつつ前にでること数合
面に来たところを今度は胴に返しましたが、これままずまずの打ちでした
そうは言っても確実な一本ともいえない感じでした
最後は打ちこみをやって終了

7段の先生・・・2番目
小手打ちの得意な先生
合気で打つ稽古をこのところお互いの課題として
お稽古を頂戴してます
今回も遠間で構え合い、触刃から交刃までの中心の取り合いを厳しくして
互いが打ち気になた瞬間には間合いよりも合気で打ちを出す
そんな稽古なんですが、この合気を意識して互いが打って出る
その瞬間を捕まえるのが非常に難しいです
ただ、この稽古をしていると集中力が上がりますし、左の攻めも
意識できて非常に良い稽古になります
何度も打ち合うなかで、本当の合気が数回
この半分程度は私、半分は先生が有効打突といった印象でした

7段の先生・・・3番目
中心の固い構えから大きな技の来る先生
半身に入ってくる感じの大きな面打ちが特徴的
そうは言いつつ、小手、胴、突きとまんべんなく打突があります
攻めて手元を上がるようにして中心を取り、面、小手と行くのですが
なかなか打ちきれませんでした
間合いを外すことで面の空を切らせることも何度かありました
しかし、このときに抜き技を打てる暇がないのも体ができている
証拠なんだと思います
動きだしに狙いを絞って、出端面を狙うと徐々に決まり始めました
やはり、出端なんです
この瞬間がやはり隙が出るというか、瞬間を見逃さずに
出られるか否かで勝敗が決するのだと再認識できました

5段の先生
先日の大会でも活躍した先生
勢いが出てきているので、ここで叩かなければ!
そんな気分で稽古しました
先で攻めて、相手が苦しくなるったところに打ちを出すように
しました
もともと伸びのある面が持ち味の方ですが
先日の試合から胴も狙ってきました
そこで、技は単純ながらも攻めのパターンを少しずつ変化させてみました
出小手を狙うような下からの攻めでいくと、小手-面と二段打ちが来たので
小手に意識がいったのを確認できたので、同じ攻め方で、やや遠い間合いで
打ち出して面!
バシッと決まりました
中盤、押し込まれて面を2本ほどもらいました
後半、さらに攻めをきつくしていき、面技中心に技を組み立て
面を意識させておいて抜き胴
最後は飛び込み面を決めて終了
お相手は明らかに力みがありました
試合の後の興奮冷めやらぬといったところなのかもしれません
普段はこんなに打てませんから・・・

中学生
このところ腰から打つ面打ちを稽古してます
よって、手打ちになるところは全部打ちかえすか
その先で打つことにしてます
よって彼はよほど捨てた打ちを出さないと
打てなくしてます
今回も相懸りに近い打ち合いを行い、手打ちで届かないことを
十分わかってもらい、その後は胴と胴がぶつかるように
打ちこみ稽古をして終了

こちらも受け手ではありますが、かなり体力を消耗します
しかし、今後を担う若手の育成には仕方がないと
頑張っております

ということで昨夜も充実した稽古ができました


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_18590833.jpg
垂の紐 小垂に巻きつけたり、帯の端に巻きつけたり
仕舞い方はいろいろですが、きちんと広げてしまわないと
よれよれになって縛りにくくなりますね

by kendo-ojisan | 2014-11-09 19:01 | 剣道の稽古

先日の試合では正直なところ、自分らしさを出し切れなくて
消化不良になってました
”気持ち”の部分の稽古が不十分であったように思います

あと、防御に関しても再考する必要がありそうです

最近、あまり避けないように、というか打たれるべきところは
打たれることにしていたので防御がやや甘くなっていた感があります

打たれて技を覚える 打たれて打たれるときの呼吸を知る

無理やり避けることで姿勢が崩れ、足の構えも崩れるのを嫌ってのことでしたが
試合ではこういった動きに慣れていたことが逆によくなかったようにも思います
まだ、三殺法と体の一致が得られていません

反省しつつ、気持ちを前に出す稽古をするため
水曜日の晩は稽古に行ってきました

8段の先生・・・お二方
4段の先生・・・お一人
中学生・・・お一人

4本でしたが、8段先生の稽古で消耗しました

8段の先生・・・1番目
強烈な攻めと気迫、強い打ちでいつもタジタジになる先生
構えた時からの緊張感、恐ろしくなるような圧力を感じつつ
下がらないよう、攻め負けないよう稽古しました
打てる機会は少ないですが、早打ちはしないように我慢
迫られても極力下がらないように気を張る
かなり打たれましたが、小手、面、胴
一本ずつはいい技が出せました
しかし、きつい稽古でした・・・気を張り続けると
すごく消耗します・・・

稽古後、試合も踏まえて、攻めのパターンが単調であること
自分(私)の得意とする場面は自分も打てるだろうけれど
相手も好機になり、一発で仕留めないとかえってRISKが高いので
攻めのパターンに変化うを付けたほうが良いとご指導いただきました

8段の先生・・・2番目
若手の八段先生、早さ強さ、技のキレ、充実した気合い勉強になる先生
前回はとにかく我慢して攻め入ることを軸に稽古しましたが
今回は触刃前から気合いを出して、交刃までの中心の取り合いは
きちんとして、中心が取れたと感じたら一足まで入らなくても
打ちを出したり、打ち気を感じたら打ちを出す
先に先に打ちを出すことと、遅れたと感じた時の対応として
確実に足で間を切る、見切るこれも実践できるよう稽古しました
打ちきれないことが多くなって、ここ一発の勝負どころで打ち負けたり
逆に起こりを打たれたりと打たれることが非常に多かったです
しかし、間の見切りは比較的足もついていた回数が増えて
姿勢があまり崩れなかったのがよかったように思います

4段の先生
小柄な女性剣士で最近、打ちが強くなってきている先生
私より背が低い人との稽古はかえって難しく感じます
そこで、小柄な方との稽古で試していることを実践しました
それは触刃でも打てると感じて中心が取れていれば打つこと
相手はまず打って出てこれませんが、多少、浅目になっても
腰の入った面打ちや小手打ちを出して、しっかり左足をひきつけて
抜けて残心
このながれをきちんとだせるようにやってみました
恐らく、20本以上打ち合って、時々間を近づけて確認したりもしましたが
中心が取れていると浅くても技が届き、中心が取れていないと届かない・・・そんな印象が
ありました
また、何かがつかまり始めた気がしました

中学生
徐々に伸びてきている中学生
どうしても手だけで当てに行ってしまうことも
問題で、腰がの織りやすいようでした
そこで私も打って出て、胴と胴が正面でぶつかり合うように
稽古しました
本人も大変そうでしたが、うけるこちらも楽ではありません
ただ、私も腰で前に出るイメージの打ちを身に着けたいので
出来る範囲でこういった稽古続けようと思います
少しずつ、打ちこみの意味が分かってきてくれるといいのですが・・・


ということで気持ちを前に出し、次の試合にも出られるよう
稽古を続けていきます


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

a0265838_17444742.jpg
黒胴です いろんな色もいいのですが、やはり黒もいいです
そのうち呂色塗りの胴が欲しいですが、かなり先のことになりそうです
腕前を上げなくては・・・

by kendo-ojisan | 2014-11-08 17:46 | 剣道の稽古

いよいよ、試合前日の土曜日
最後の調整第一弾として稽古に行ってきました

6段の先生・・・お三方
4段の先生・・・お一人
中学生・・・お一人

軽めに5本のお稽古を頂戴しました

6段の先生・・・1番目
中心が固く、大きな技で打ってくる先生
試合を前提に、得意技を如何に確実に打ち
防御を確実に行うようにしました
攻め合いはぐずぐずせずに早めに仕掛けられるよう
遠い間合いから強く前に出る
もちろんそこからが難しいのですが、飛び道具的に
一発面打ち
避けられる・・・
次の合では一足一刀まで間を詰めたところで打って出られ、間を切って
面を避ける・・・
さらに次の合でやや遠めでしたが、小手-面と飛び、面が惜しいところで
打つきれず・・・
数合、打ち合って、最後は出小手
展開としてはまずまずの流れでした

6段の先生・・・2番目
ぐんぐん間合いを詰めて、打ちを出す先生
手数のある先生ですので、逆にどうその出端を打つ
または、攻め返しから先で打つことを試してみました
初太刀は面に乗られました
そこで、攻め返して先の面を二本打つ・・・
よけられる・・・
攻め切らせないようにして、面のタイミングであえて担ぎ面として
これはバッチリ一本の面でした
徐々に先をかけた技が惜しいところまで打てていたのですが
最後は攻め込んで、出小手!
これもよい感触で打てました

6段の先生・・・3番目
強気の攻めと面、突きを中心とした攻撃型の先生
何度か稽古はしたことがありましたが、久しぶりに
お願いしました
最近、6段になられたそうです
そこで、面技主体に組み立ててみる稽古にしました
技の起こりをえら捉えれるよう、左足の引き着けは特に注意しました
数合は探り合いで有効打はなし
敢えて、遠間に立ち、一声出して触刃の間へ
さらに交刃の間に入った瞬間大きく面に飛ぶと
これが出端面になりました
起こりを抑えるというより、起こりの直前に打てた感じでした
また、数合あり、面に意識がいっている印象があったので
先ほどの面と同様に遠くから入って、面を打った時の
間合いで小手を打つとポ~ンっといい音がしました
会心の一打になりました
最後は小手に来たところを面に乗り、稽古は終了

4段の先生
最近、稽古に来られるようになった先生
初めてお願いしました
リーチもあり、速さもあるのでなかなか手強そう
攻めを強く意識して、打ちだしを殺しつつ
中心を取るように攻めてみました
私より10歳以上お若いので、打ち合いや遠間で争っても
勝てそうにない感じがしました
攻めて手元を抑えつつ、相手がが我慢しきれずに打ってきたところは
確実に返し技を出して、徐々に追いつめる
構え直した瞬間に面に飛ぶとこれは有効打突とるであろう面が打てました
左足が効いている印象です
一足一刀から中間になるくらいのところで中心を抑えつつ
打つ機会を見出すようにしました
出小手や面を数本取られましたが、合気になる場面での打ちは
ほぼ取れた感じで、最後は面を決めて終了

中学生
先日も稽古した中学生
彼も試合前日でしたので、最近の稽古を復習しながら稽古しました
最初、連打も出せるよう相懸り稽古をしてガンガン一息で打てるところまで
打ち切って、息をあげてから、地稽古
最初の面は逆に危なかった・・・いいところに技が来てました
次の合は攻めて相手を動かし、面
攻めて出てきそうなところは小手
下がれば連打といろいろな場面を作りつつ
試合っぽく稽古しました
技の伸びが徐々に出てきており、体格も徐々によくなってきている
育つ盛りですから、気持ちさえ維持できればきっと結果もでるのではないかと
期待して稽古終了

ということで前日の稽古は体の動き、捨てる心もあり
充実した状態で稽古を終えることができました

a0265838_13265767.jpg
自宅で咲いている「ホトトギス」の花
毎年、秋になると咲きます
もともとは野草らしいです




剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します


翌日の試合結果
by kendo-ojisan | 2014-11-05 14:19 | 剣道の稽古

試合直前のため仕事を早々に切り上げて、稽古に行きました
土曜にアップとなったのは
このところ多忙にて書く時間がなかなか取れませんでした


8段の先生・・・お一人
7段の先生・・・お三方
5段の先生・・・お一人
高校生・・・お一人
中学生・・・お一人

合計7本のお稽古を頂戴しました

8段の先生
かつては実業団で活躍していた先生
60代後半ですが、竹刀の振りは早く、鋭いです
出足もよくて、負けないように出ないと打たれまくります
攻めて、出頭を感じたら打つようにして稽古をしました
先を取れるところもありましたが、有効打となったのは1~2本
やはり容易には打たせていただけません
我慢しながらも、攻める稽古というのが正直一番きついですが
このきつさを乗り越えられるように精進していくしかなさそうです

周りで見ていた先生からは、それなりにいい攻め口もあったと
お言葉をいただきました

技術的には8段先生から、打った後の跳ね上がりの癖を
早く治していかないと、力が前に出てくるような打ち方にならないと
ご指摘いただきました

7段の先生・・・1番目
大きく裏からの面が伸びてくる先生
ご高齢の域には入りますが、身長もあり
手足の長さもある方ですので、虚での打ちが思った以上に伸びてきます
表からの攻めを厳しくして手元を浮かせていくとよいのですが
独特の間で裏からの面が非常に伸びがあります
これを警戒しつつ、できるだけ一足一刀の間合いより遠い間合いで
打ち気を誘うことが重要になります
この攻め方も研究され始めているので容易に打たせてもらえません
そこで、一計を案じ、下攻めで意識を小手に持っていくように
してみました
すると、逆に表から面を打ってくるようになり、意識付けはできたと思いました
そこで、返し胴や面の応じ技を見せて、しばし、思案の時間があり
今度は表から面、浅かったのですがタイミングは悪くなく
面の攻めで浮かせて小手
これはきれいに決まりました
その後も上、下と攻めわけつつ、面を見せ技にして
出小手、出端面と続けて決めることができました
最後は攻めてのけ反らせて面と久々に攻めの組み立てが
うまくいきました

たぶん、次回は打たれますけど・・・

7段の先生・・・2番目
小手の得意な先生
最近、合気での打ちを研究して稽古をさせていただいてます
打ち早ければ、避けられたり、応じられたりするので
ともに合気で面とかこちらが面で先生が小手など
どう合気になって互いに打つ状況になれるかを
研究しています
こちらが打ち急ぐ場面が多くなるのですが、そのたびに
気持ちの作り、間の作りを考え直していく
そういった中、やはり重要なのは遠い間で構え、触刃になるときには
打つ準備ができていること
これがないと対応ができないということを改めて気づきました

7段の先生・・・3番目
若手7段、器用に出る技、抜く技を駆使して攻めてくる先生
試合前ですので、対応力を試してみました
攻めの作りは上記の先生方の稽古を踏まえつつ、早い潰しと
メリハリのある攻撃、防御は確実な間の見切り
そうして稽古していると、いいところ、悪いところが見えてきます
やはり、居着きやすいということ
・攻めを意識しすぎたときに居着きやすい
・応じるか、先で行くかを迷ったときに居着きやすい
足の構えを夏から変更してみて、かなり動きがバラバラになっていた
時期もありましたが、徐々に足幅も落ち着き、安定しつつあります
先生から見ると、悩みながら稽古しているように思われて
いたようですが、これがうまく落ち着くと、非常にいい打ちができることが
わかってきました
ずいぶん打たれもしましたが何本かいい打ちも出せたので
さらに研究して自分として最強の足幅、足の構えを作って行けそうです

5段の先生
身長もあり、その割に小器用に技を繰り出す先生
リストが強く、小さな打ちでも結構厳しげなところに来るので
容易ではありません
何本も打たれはしたのですが、こちらからする攻めが弱い
メリハリがあるともっと強くていい打ちができるように思います
かといってこのような状況でも、打たれることを恐れず
前に出ていきました
徐々に間合いと呼吸がいろいろな影響をしていることを改めて
感じさせられ、適切な場面で打ちを出すことで、当たるかどうかより
体が出せたかどうかをじっくり確認できた稽古になりました
気を合わせてくれない感じがあったからこそ、こういった感覚が得られたのかもしれません

高校生
強豪校の女子選手でスピードありの選手
今回の試合では女性と当たることもあるので
あえてお願いしました
女性剣士は男性と間合いや呼吸が違うので、若い選手と
稽古をし、自分の形で攻めきれるかどうかを確認しました
すると・・・
早さを体感するため、しばし打たずに攻めだけで見ていると
やはり思った以上の早さと勢いで面がきました
とりあえず避けずに打たれてみましたが、これが予想より早い・・・
そこで、ぐいぐい攻め込んでいくと逆に打つ機会も作れるし
実際打てる
しかし、相手は避けるのがとても上手・・・
この対策も必要か・・・
短時間でしたが、試合前に確認しておくことがわかりました

中学生
頑張っている中学生、身体の成長とともに打ちの強さが出てきました
先日も稽古しましたが、ビビらなければいい技が出るように
なってきました
気を抜くと打たれます・・・今のところ完全な一本は
与えたことはないですが、そろそろ、迂闊にうごくと打たれるかも
逆に真剣になってきました
今回も彼の攻めが単調になったり、打突部位に視線が動くことで
先を取りやすい・・・
これは本人にも教えましたが、視線を打突部位に動かすと
結構な頻度でわかってしまうので、先をとられたり、応じられたり
しやすくなります
なので視線を動かしすぎないよう狙いをつけることだけは
話しておきました
次回どう出てくるか?ちょっと楽しみです

ということで平日でしたが、たくさんの稽古を
いただけました

a0265838_01481096.jpg
面につくこの白い汚れはたぶん、竹刀に塗ってあるコーティング剤なんでしょう
昔はこういうものが竹に塗ってなかったので、こういう汚れはなかったんですが・・・
時代の変化をこういうところでも感じます


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2014-11-01 01:52 | 剣道の稽古