人気ブログランキング |

ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

先週末はいつものように稽古に行きました
7段の先生・・・お二人
6段の先生・・・お一人
高校生・・・お一人

合計4本のお稽古を頂戴しました

打ったり、打たれたりと稽古はとにかく攻めて打つ
そんな気持ちで行いました
試合1週間前ですので、怪我のないように無理はせず
疲れがたまらない程度で我慢してやりました

もう2~3本やりたいところでしたが、右のアキレス腱痛が悪化しても仕方がないので
無理なくやる
これも決めていました

この稽古で、無心で打った飛び込み面で一本だけ非常に納得のいく面が打てました

こういう面打ちができたのはいつだったか・・・

やや遠目の間合いから一気に起こりをとらえることができまして
お相手の先生にもお褒めいただきました
年間に何本くらい気持ちよく技が決まるのか数えたことはないですが
何本かは記憶にのこる技があります

9月の試合で決まった面は記憶に残りますが、会心の一打というほどではなく
今回のまさに面打ちは自分のよい部分が出せた満足いく面だったように感じるのです

この違いは勝負と剣道の微妙な差異によるのだとも思います

試合や審査で今回の面が打てたら確実に上に行けそうな気がしますが
そんなに都合よくできないので、謙虚に努力していくしかないんでしょうね・・・
a0265838_13450173.jpg
ある日のお台場です
レインボーブリッジとビル、海と空
狭い東京も広く見える一枚です



剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2015-10-27 13:47 | 剣道の稽古

この土日は連チャンで稽古に行くことが出来ました
子供の運動会など行事も終わり、ひと段落したのと
試合も近くなってきたこともあり、ちょっとマメに稽古です

昨夜は3本、今日は切り返しも何度かやって
息を上げ、3本の稽古に試合稽古と
内容の濃い稽古ができました

今日の試合稽古で久々に決まった技があります
それは面返し胴
高校時代、得意にしていた技の一つだったんですが
4年前、剣道再開からぜんぜん、この技が出せない、出しても
間に合わないという状況が続きました

それでもたまに面抜き胴は打てることもあったんですが
返し胴がうまく打てませんでした

自分のコツとして
胴を前で捉えることが大事
と思っていたのですが、前で胴を捉えることがなかなかできませんでした

面返し胴を打つには、まず、相手に面を打ってもらう必要があります
さらに、ぎりぎりで受けて、次の瞬間には返して打たないといけませんが
相手の体と自分の体にある程度の距離が必要です

同時に、自分も打ち間に入っていることと前か右前に体を捌く必要もあるので
距離感がとても大事です

学生のころは体も動きますし、大人ほど攻めの歩合で打ってくることもないので
比較的”待った”状態でも打てましたが、大人同士ではそうもいきません

面を打ってきたくなる攻めをして、相手の面打ちを引き出しながらも
先をかけて自分が攻めて前に出ている必要があります

この”先をかけた攻め”がこの4年間なかなかうまくいかなったのが
打てない最大の原因だったと思うのです

今年に入り、徐々にこの技が稽古で出せるようになり
昨夜の稽古でもいつもは打たれる場面で返せたので
ちょっと自信もついたのだと思います

試合稽古の立ち上がり
互いに遠間での攻め合いから始まりました
徐々に間を詰めつつ、相手の動きを見る
即座に打ってくる気配はなかったので、詰め切って
分かれて作り直し
今度は打ってくるのは感じていたんですが
絶対に面に来させるため、ちょっと間合いをさきほどより
近くまで入り、こちらから打ち気を見せてみました
このとき、こちらは面も打てる状態で間に入っていきました
ほぼ一足一刀の間合いでしたので、小手を押さえられないよう
気をつけつつ面打ちのつもりで振りかぶったところ面に来てくれたので
瞬時に自分の額の前で竹刀を軽く受けて、瞬時に返し胴に切れました
久々に会心の胴打ちでした

もちろん旗は三本上がりました

その後、時間切れで一本勝ちで終われましたが
相手の方は長身でなかなか面も打ちづらく、小手は摺り上げてくるので
迂闊に小手にいくと面に乗られます
よって、一気に勝負するのはこういった場面を作るしかなかったのです

前で打った胴打ちは打った時に手応えを感じますし
しっかり自分の竹刀を抜ききって、体も捌けます
本戦の試合でもチャンスがあったら使ってみたいと思います

a0265838_20280635.jpg
久々に今日の稽古で使った黒胴です
胸の幅が体に合っていて、竹刀を振りやすく
構えていてもしっくりきます


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2015-10-18 20:30 | 剣道の稽古

先週、子供の運動会で年甲斐もなく頑張ってしまい
疲れが出て稽古を休み、今週は何とか
行ってきました
昨夜は
7段の先生・・・お三方
6段の先生・・・お一人
2段の方・・・お一人

合計5本のお稽古を頂戴しました

前回の稽古をお師匠様にご教示いただいた
間に入ってからの一仕事
これを意識はしてみたものの、一仕事するときに
打って出られてしまい、何もできずに打たれることが
何度もあって、非常に難しいことであると感じました

恐らく、間を詰める段階と一仕事入れる部分で連動性がないことが原因なんだと思います

6段の先生との稽古では、自分なりに攻め込んで
打って出る回数はあったのですが、やはり動かされている感があり
相手を動かすところまでの攻めは出せていません

「攻め」

これを効果的に作用させるにはこちらの攻撃体制がある程度の
恐怖感を持ってもらえるよう相手に伝える必要があります
相手が考えてしまったり、目で見てしまって動けなくなってしまったり
いわゆる「四戒」にとらわれるようにもっていく必要があるということになります
逆に自分が「四戒」に惑わされたら攻めは効かないか、足りない状況になり
打たれることになる・・・

心理的な要素が充実し、且つ身体はいつでも動ける準備ができていること
力まず、しなやかに・・・

こういう自然体を目指して稽古をしていくしかないと
つくづく感じた稽古になりました
a0265838_09513816.jpg
毘沙門亀甲の胸飾り
濃紺と茶色の組み合わせ
光の加減でやや赤みが強いですが
少しずつ色があせてくるとなじみがよいです
審査の時はこの胴なんですが、昨年の試合以来
使っていません
そろそろ使わないと・・・

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2015-10-11 09:55 | 剣道の稽古

剣道時代11月号

剣道時代の11月号を買って読んでいました
剣道家の道具に対するこだわりが特集されており
私自身もお世話になっている
東京正武堂の鉄川社長さんも記事になってまして
興味深く読ませていただきました
a0265838_09515156.jpg
様々な会社や武道具店でいろいろな防具が開発、また製造されていますが
やはり、重要なことは身を守る道具であるということ
それに加え、機能性をどう高めていくかという点を
ユーザーとともに考えていただけることが本当に大切なんだと思います

私は現在、手刺防具が1組、ミシンが3組手元にありますが
3組をメインにローテーションして稽古で使い、試合用は先日のように
ミシンか手刺をそのときの気分で変えながら使用しています

昨今は洗濯も可能になり、私が子供のころや学生のころに比べて
ずいぶん、臭いやカビ、塩などの汗汚れが減ったように思います

さて、そんな中見覚えのあるものが・・・
a0265838_09522118.jpg
なんと、当ブログが紹介されているではありませんか!
これはビックリ!!
4年ほどブログを書いておりましたが、剣道雑誌に紹介されるとは思いませんでした
どうもここ数日アクセス数が多かったのはこの影響だったのかもしれません

出版業界のことはよくわかりませんが、出版社の方からは特にご連絡などなかったので
驚いてはおりますが、ご紹介いただけたこと自体は光栄に思います

拙いブログではありますが、読者の皆様、今後ともよろしくお願いいたします


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

by kendo-ojisan | 2015-10-02 09:58 | 書籍情報