ブログトップ

剣道おじさんの備忘録・・・ a datebook of Japanese swordsmanship

土曜日の晩はいつもどおり稽古に行きました
ここのところ、きついのですが攻めて、攻めて打つ稽古を
実践しております

今回は7段の先生 御四方にお稽古をお願いして
非常にきつくも勉強になる稽古を頂戴しました

先日、名古屋の審査で7段を取得された
技のデパートな先生とのお稽古では
攻めて打って、ついつい早打ちになったり
攻め負けると、探して打つような形になってしまい
逆にそこを居着きとされて打たれたりと、なかなか難しい・・・
それでも、面、小手などいい打ちも出せたのですが
がっちりの一本は1度あったか、なかったか・・・
やはり強い・・・

打つところが見つからないお師匠様
攻め自体はあまり、余計な動いを入れずに
表から触刃→交刃へ圧をかける気持ちで間に入り
一足一刀で一気に打ちきるように稽古しました
この稽古で意識していたのは、竹刀1本分の幅で
打ったときは自分が中心を抑えた状態で打つこと
→あくまで主観的なのですが、中心を取った瞬間には打って出る
稽古をしました
これがまさに懸り稽古のような稽古になりました
たぶん、時間的にはいつもより短いと思うのですが
打った本数は普段の2倍近かったのではないかと思います
できるだけ先生に際に技を出させない、出てきそうなら
とにかく打つ、打つ、打つ・・・それでも、できうる限り
中心を取る意識と、大きく竹刀を動かさず、竹刀一本分に幅の動きで
できるだけ直線的に動く・・・

そんな中、何本かは出頭面になっていたと思います
何十本打ったかわかりませんが、攻めて打ち続ける稽古で
とにかくきつかったんですが、この何本かの打ちの中に
自分の手ごたえみたいなものがあり、次回以降も
この稽古をやり続けるようにしたいと思います

小柄で近い間合いの打ち合いになる先生
この先生は、間合いが近いからこそ難しい点が多い稽古になります
中間~近間でのやり取りがある意味非常に巧みなので
中間より前で勝負すると避けられることが多くなります
しかし、この間合いまで入らないと結局、出端の機会を作るのが
難しいのでちょっと手前まで入って仕掛けるような形になってきます
そんななか、なかなか技が互いに決まらず、膠着した場面が続き
最後の合、一足一刀よりちょっと入った間合いで呼吸をせず一気に面に飛ぶと
相手も偶然か必然か面を打ちに来てました
先に動いた私の面がバッチリ1本!!
久々、会心の面打ちでした

小手技の得意な先生
これまでも何度か登場されている、小手打ちの得意な先生と
久しぶりにお稽古しました
最近、やや早い打ちだしで慣れているので、早め早めに
打って出ると、最初はやりにくそうな印象でしたが
徐々に、返されたり、攻められたりと状況が変化し
遠い間合いから一足一刀での打ちでは小手が遅れ気味で
面を上から打って面金のうえをかすめるような打ち合いになりました
逆にこちらが少しでも出遅れれば、そのまま出小手を打ちこまれるので
面打ちの前の作業は剣先を効かせて、上または下のどこかに意識を
持っていかせながら、徐々に面の機会を作る・・・
攻め合いでは攻め切るところまでやって、敢えて手元を上げずに
間詰まりになることも増えていきました
上体を前傾させ過ぎずに、コンパクトな動きで面をとらえる
そんなイメージで稽古する中で、2~3本、自分なりに納得のいく打ちが出せました

ということで、非常にきついのですが
頑張って稽古を続けていきます
a0265838_20551008.jpg
一昨年から我が家のどこかに住み着いている居候のヒキガエルです
たぶん、オタマジャクシから大きくなったやつのように思います
完全に居着いていて、春先は水道蛇口の蓋の下にいました
冬眠してたのか、3月下旬は色艶が悪かったんですが
先日見つけた時は、お腹がさらに大きくなって
飛んでも腹から落ちるまさにガマガエルな動きでした
いつまで我が家にいるのか???


剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2016-05-23 21:00 | 剣道の稽古 | Comments(2)

先週は水曜日に近所の小学校体育館
土曜日はいつものように道場で稽古しました

水曜日は大人の方が多くて、最初基本をやってから
回り稽古で多くの方々と剣を交えました
そして、何人かの方とはさらに地稽古を行いました
特に、女性剣士の方との稽古で気づいたことがあります

女性は筋力で男性に劣る部分があるとはいえ、最近の女性の方々
特に若い方は筋力もスピードもあるので私は男性と同様に稽古するんですが
打ち間から打って出るときの微妙な一呼吸があったり、攻めから打ちへの
タイミングがやはり男性のそれとは違ったむずかしさがあります
うまく表現できないんですが、ちょっとしたズレで返されたり、逆にこちらが居着いてしまったりと
苦労してしまいました

壮年の女性は確かに早さは徐々になくなってきますが、間合の見切りというか
非常に後の先の技に長けているというか、不用意に打つと必ずと言っていいほど
何かしてきますので、攻めから打ちをさらにもう一つ二つ攻め抜いて打つような
工夫も必要になってきます

昇段審査では女性に当たることもあり、実際、四段審査では女性と当たって、私とお相手ともに
合格という幸運に恵まれましたが、女性特有のむずかしさにかき回されないよう、慣れておく必要が
ありそうです

土曜日はいつもの通りでしたが、攻めを意識した剣道でまた、いくつか課題が見つかりました
このところ上の先生に懸るとき、とにかく自分から攻めて打つ、攻めて打たせて応じる
自分から機会を作るよう稽古に励んでいますが、これがまた、かなり疲れます・・・

とはいえ、やり続けていくと何か見えてくるはず・・・っと勝手に思い込み
ひたすら前に出ていく稽古をしてます
かなり返しや出端を食らうことも多いのですが、完全に乗り切った面や注文通りの出小手、抜き銅、返し胴なども
決まるときは見事に決まります

ある先生からは、これを続けることでいずれ、よいことがあるはずだから
きつくてもつづけたほうがよいといわれました

いつも途中で左足が張ってきてきつくなります

土曜日、上段の6段の先生と稽古させていただきました
上段の方はあまりいないので勉強になります
前回はかなり打たれたんですが
今回は上段であっても攻め続けることが大事と思い
平正眼で剣先を左小手、突き、胸、左眼あたりに動かしながら
定石通り、左小手、動いたところを左面、右面
小手におろされたら返し面とこちらから打って出ることで
前回と違った展開へ・・・
左小手をダミーに一度攻めて、手が下がったところに面を打つとこれが
きれいに決まりました
動きは小手-面の動き・・・これって、六三四の剣にも似たようなシーンがありますけどね・・・

見ていた7段の先生から後ほど、やはり攻め続けていたところでは
上段の先生が的を絞れず、迷っていたね
そのときにあの面が出たな~っと話してくれました

辛いですけど、しばらく、身体にムチを打ちながら攻め続ける稽古をしていきます

がんばろ!

a0265838_10502102.jpg

今年1番のスイレンが咲きました
なかなかきれいに咲いてます
この水の中にはメダカが2匹います
越冬した強者です
次回、我が家の居候の写真もアップしますのでお楽しみに



剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2016-05-17 10:53 | 剣道の稽古 | Comments(0)

今年のGWは4日、5日、8日と3回稽古ができました
特に4日の稽古で6段の先生に教えていただいたことを
実践することで、また、攻め方、攻めから打ちへの移行、打ちきりなど
非常に勉強になった3回の稽古になりました

私は攻めて動きを見てから打つ動作に移行する”癖”があります
よくこれを見られて、打たれることも多いのですが、若いころからの癖でして
なかなか簡単に直りませんでした・・・

よって最初はそれなりに打ていても、覚えられると打てなくなります

先生方には攻めてから打つ場所を探しているように見えると指摘されていました

今回、この大問題を解決に向けるための大事なことを教えていただきました

・自分から攻めて間合いを詰めたら、打たれるのは覚悟ですぐに打つ
・相手の攻めがあったら、必ず、攻め返しを入れてすぐに打つ

この2点です

これまでも意識はしていたのですが、すぐに打つ前に見てしまうことで実際には
居着きになっていたのだと思います

瞬時に動く、打つ、ここは考えている時間がないので反射的にやるしかないと
心に決めて、その後の稽古に臨みました

すると・・・

思ったほど打たれませんでしたし、打つチャンスは明らかに増えたように感じました

そうです・・・打つ機会が増えるんです・・・実際に当たらなくても、相手の方が
上ずっていくのがわかることが増えていきました

数日のうちに3回稽古をしたおかげもあり、昨日の稽古で
うちの道場の最高齢先生にも「いい気合の稽古になってきている、思い切って打ちに来てるのがわかる」っと
ほとんど初めてお褒めの言葉を頂戴しました
この先生の面打ちが独特で結果的に打たれた場面もあったのですが、かなり打つ場面、打てる場面が増えました

しばらく、この剣道を続けていき、これまでの自分のパターンとうまく組み合わせていくことで
一皮むけることを期待します

他の7段先生にも「攻めにくくなっているし、逆に押し込まれている感じがする」とのお言葉も頂戴できました

少し、光明が見えてきた気がします



実際の稽古でこれを実践するのって、簡単なようで結構難しいものです


a0265838_15335751.jpg

この消臭剤がお気に入りです たっぷりスプレーしてよく乾かすと
結構、臭いが取れます
お店によって値段はいろいろかもしれませんが、汗の多くなるこれからのシーズン
特に梅雨時は活躍してくれそうです

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2016-05-09 15:36 | 剣道の稽古 | Comments(2)

昨夜はいつもように稽古に行ってきました
7段の先生・・・お二人
4段の先生・・・お二人
初段の中学生・・・お一人

合計5本のお稽古を頂戴しました

7段の先生・・・1番目
小柄で連打の得意な先生
遠い間合いで勝負をすれば若い私の方に分があることが多くなるのですが
敢えて、先生の間合いで勝負していくことにしました
交刃から一足一刀、さらに打ち間への入り際で打って出るそんな
イメージで稽古しました
すると、先で攻めているときはいい形で間合いに入り
一攻め入れてから動いた瞬間を打つと、いいところに当たり
一攻めがないと逆に応じられる・・・
この”一攻め”が効果的なことがわかり、徐々に間を大胆に
詰めて、攻めを効かせることで相手を動かして打つ形ができると
有効打突につながることが自覚として理解できました

7段の先生・・・2番目
若手の7段先生、間合いの操作に妙味があります
ある意味、この先生との稽古は打たれることで学ぶことが多くなります
非常に間合いに明るい剣道をされるので、不用意に打って出ると
出端を打たれたり、間合いを余されて打たれたりと難しいです
今回はできるだけ、相打ちになるタイミングで打たれても打つような
稽古をしてみました
そうする中で、面、小手、胴、それぞれいいところで1本ずつ
有効になるような打ちが出せましたが、かなり面をもらう結果になりました
ただ、ここは稽古なので怯まず、相打ちで出遅れても打って出る場面は
身体を前に出すようにしました

4段の先生
私より少し若い4段の先生
最近、稽古ができているようで、いい打ちが出ている方です
しかし、構えを修正している最中で力みが強いせいか、打ちに伸びがありません
よって、攻めていくとついつい早打ちになることが多いようです
その出端を狙って面、小手と打ちに行く・・・
攻めて下がらせて居着きを打つなど、こちらもどんどん攻めることで
徐々に息が上がってきたところで力みのない面打ちが飛んできました
なかなかいいところでしたが、攻めに対してその流れで打ってきた面でしたので
面金でストップ・・・あぶない、あぶない・・・
力みが抜けてきていい技がでてきたところで相面を何本か打ち合ってみましたが
先ほどの私が打たれた7段の先生と立場が逆になったような感じになりました
しかし、右手や右肩に力が入るか、うまく抜けているかどうかであんなに
打ちが変化するものなんだと、痛感した稽古になりました

4段の学生さん
某、強豪大学の剣道部員の方です
高校生のころから見てますが、速さでいつも負けちゃいます
でも今回は、攻めを厳しく、こちらから前懸りでいくとちょっとだけ
タイミングが遅れはじめました
稽古前半でいいところで面を取られましたが、攻めて我慢して攻め切って
出小手を一本いいところで取れたので概ね、引き分けな稽古で終われました
やはり速さをうまく遣わせないような剣道も必要なんですよね・・・
若いころ、自分がどうだったかもう一度見てみたいものです

中学生
2段の受審が近い中学生
打つタイミングがよいのですが、攻めに対して応じる形が多く
打つ前に避けるような動作があって、思い切りが足りない印象でした
なので、避ける動作をしたところを打つようにしました
攻めて動いたところ出小手、出端面、応じて抜き胴などで
打てるところはかなり打ってみました
本人が気づいていない、逃避動作を教えるとちょっと驚いたような顔をしていました
やはり無意識のうちによけながら打つ癖がついていたようです
受審までに直るとよいのですが・・・
また、チャンスがあったら稽古してみようと思います

こんなわけで、5本、よい稽古ができました

このGWの晴天を利用して
面の洗濯をしました
これは乾燥中の写真です
洗い方は、以前、記事にしておりますので
参考にしていただいてよいですが、色抜けなども発生する可能性がありますので
実施結果についての責任は負いかねます ご了承くださいませ
a0265838_21383658.jpg
タオルまで映っており、生活感ありありです・・・

剣道 ブログランキングへ
励みなります 宜しくお願い致します

[PR]
by kendo-ojisan | 2016-05-06 21:42 | 剣道の稽古 | Comments(2)